ピクシブ百科事典

完売

かんばい

全て売り切ってしまうこと

概要

用意された商品が(在庫分も含めて)完全売り切れること。
チケットなどの場合は予約契約が完全に埋まった段階で「完売」となる。
品薄な商品や人気の高い商品で発生しやすい。

基本的には「売り切れ」と同義だが、基本的に買う側の視点である「売り切れ」に対し、「完売」は売る側の視点で用いられることも割とある。
そのため、

喜びの舞(?)


割と肯定的な扱いをされる事が多い。

完売


買う側からすればショックである事に代わりはないが。


コミックマーケットに代表される同人誌即売会では、主に「新刊同人誌や新作グッズが売り切れた」状態を「完売」と呼称することが一般的であり、こうした場で「完売」というと、だいたい「新刊(新作)売り切れ」のことを指すと思って差し支えない。
逆に言えば、「完売」という情報が流れても既刊はまだ在庫が残っていたりすることもままあるため、新刊以外の既刊にも興味があるのであれば諦めずにサークルスペースに向かってみるのも手ではある。
ただし、サークルもサークルで、目玉商品である新刊が完売した以上、既刊のみだとどうしても売上は落ちるため、新刊完売と同時に早々と撤収してしまったり、そもそも新刊以外の既刊を全く置かない方針のサークルもあるため、このあたりはサークルのさじ加減次第である。

また、買う側も買う側で、新刊が完売して自分が買えなかったからと言って怒りと悔しさのあまりブチキレて発狂したりしないよう、常に「完売で買えなかった時の覚悟」は心の中に用意しておきたい。
過去に実際あった酷い例として「サークル側に理不尽なイチャモンをつけたり、増刷するよう脅迫する」「買えなかった腹いせに、完売したサークルや買えた人をディスる(=すっぱい葡萄)」「会場や即売会の運営にまで文句をつける」などなど、醜い限りである。
むろん「〇時間並んだのに完売した」とか「自分の前の人が買った瞬間に完売」など、同情せざるを得ない悲しい事情を持つ人も中にはいるだろうが、だからと言ってサークルや周囲に迷惑をかけていい免罪符にはならない。人として最低限のマナーは守りましょう。

理想論かもしれないが、もしも目の前でお目当てのものが完売したならば、サークルの人に「完売、おめでとうございます」と笑顔で祝福できるようになれば一流の紳士淑女であろう。
同人誌は一期一会。潔く諦める覚悟も必要である。





…とはいえ、「完売するほど人気が出た」と作り手であるサークル側が判断すれば次回以降も再販される可能性は低くないし、同様にサークル側がとらのあなメロンブックスといった同人誌を扱う書店への委託販売やネット通販も平行して行っていて、これを狙うという手もある。
完売に思考停止して暴れた挙句警備員警察官のお世話になるのと、完売直後に「俺たちの戦いはこれからだ!」とばかりに次の一手を考えるのと、どちらが前向きかつ健全な行動なのかはここに書くまでもないだろう。

諦めるのは最後までいっぱい頑張ってからにしてください!!

関連タグ

商売 売買
なのは完売 ごちうさ完売

pixivに投稿された作品 pixivで「完売」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 255779

コメント