ピクシブ百科事典

山精

さんせい

中国や日本に伝わる妖怪、あるいは山の精霊、山の神。

概要

中国日本の山に棲んでいるとされる妖怪、あるいは山の精霊、または山の神
山魅(さんみ)、山鬼(さんき)ともいわれる。

中国の道家書『抱朴子』や江戸時代の百科事典『和漢三才図会』、鳥山石燕著の妖怪画集『今昔画図続百鬼』などの記述によれば、身長は1尺(約30cm)、あるいは3~4尺(約90~120cm)という人間の子供程の大きさで、腰の真ん中から前後逆となっている足が生えた姿をしているとされる。

見かけによらず足は早く、を主食としており、進んで人を襲うことは無いが山で働く人々から塩を盗んだり、夜に現れて人を驚かす事は有るがの名を呼ぶと襲われる事はなくなるとされている。また、千年の年月を生きた蝦蟇は山精を食べる為、蝦蟇を苦手としているともいわれている。

また、逆に人間が住処である山を穢すような行いをすれば、怒った山精によって病気になったり、家が火事に遭ったりするという。

その他近年の書籍などでは中国の妖怪ではなく日本特有の妖怪として紹介しているものもあり、塩を欲しがって山小屋に現れたり、山の動物たちを支配しているなどの特徴を解説しているものもある。

関連タグ

山の神 精霊 妖怪

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山精」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40

コメント