ピクシブ百科事典

山陰中央新報

さんいんちゅうおうしんぽう

日本の地方紙(新聞)の1つ(メインイラストで蛙が読んでいる新聞)。

概要

島根県をエリアとする新聞だが、鳥取県にも販路をもつ。
編集・発行元の山陰中央新報社は、他にも週刊誌「山陰経済ウイークリー」の編集・発行も行っている。

1901年に創刊された松陽新報を前身とするが、公式には「1882年に創刊された山陰新聞がウチの前身ですが、何か?」としている。
1941年12月に当時の国策に沿う形で松陽新報と山陰新聞が対等合併、1942年1月に島根新聞と改名した。
1952年に山陰新報と改名したものの、約5年後に島根新聞に戻した。そして1973年3月に今の題字となった。実はこの改名、関連会社のテレビ島根(1970年4月に開局)1972年に(現在の)山陰中央テレビ改名したことを受けてのものだった。そしてそのドサクサに紛れて調子に乗って鳥取県に土足で上がり込み、結果鳥取県の県紙だった日本海新聞を日刊から不定期刊に格下げしてしまった(編集・発行元がつぶれてしまい、労働組合の手でどうにかこうにか出そうとした結果。もっとも、地元のアパレルメーカーが救いの手をさしのべたことで受け皿会社が作られ、結果日刊に復帰、現在に至る)。

地方紙のご多分に漏れずあっち寄りの主張だが、日本海に浮かぶ小島・リアンクール岩礁(独島)に関しては「ありゃあ竹島という名前で、れっきとした日本の領土だ!やい南朝鮮!勝手に変な名前付けておかしな建物作るなゴルァ!!」とぬかしている(もっとも、あのあたりは水産資源を巡って日本と韓国が揉めており、あの島に関してもその絡みで揉めている。浜田港などの漁港を抱えている島根県としては切実な問題と言えるのであんな事を言ってしまうのは仕方がない面はありゃするが)。

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「山陰中央新報」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11

コメント