ピクシブ百科事典

山階宮武彦王

やましなのみやたけひこおう

山階宮武彦王とは明治時代から昭和時代までの旧皇族。
目次[非表示]

概要

父は山階宮菊麿王、母は九条範子公爵九条道孝の娘)、海軍の階級は少佐。昭和天皇の従兄弟。

プロフィール

続柄山階宮菊麿王の第一王子
身位→皇籍離脱
敬称殿下→皇籍離脱
出生1898年(明治31年)2月13日
死去1987年(昭和62年)8月10日
配偶者佐紀子女王賀陽宮邦憲王の第二王女)
父親山階宮菊麿王
母親九条範子


経歴

明治31年(1898年)に誕生、明治41年(1908年)に父菊麿王の薨去し宮家を相続、武彦王は海軍兵学校に入学。大正9年(1920年)に海軍航空隊に所属、大正11年(1922年)に武彦王は賀陽宮邦憲王の王女、佐紀子女王と結婚、大正12年(1923年)の関東大震災で佐紀子女王が薨去。その後の昭和22年(1947年)に皇籍離脱。離脱後の昭和58年(1983年)に山階野生鳥獣保護研究振興財団を設立した。昭和62年(1987年)に死去。

関連タグ

旧皇族 山階宮 大日本帝国海軍

関連記事

親記事

山階宮 やましなのみや

兄弟記事

コメント