ピクシブ百科事典

川田章吾

かわだしょうご

川田章吾とは、小説『バトル・ロワイアル』の登場人物。
目次[非表示]

概要

城岩中学校3年B組 男子出席番号15番

容姿

ボクサー並みの体格に無精髭、坊主に近いほどめり込んだ髪に、身体中の刀傷とおよそ中学生とは思えないナリをしている。転校前は七原ほどの長い髪をしていた模様。七原秋也いわく「テキ屋の兄ちゃん」。
映画版では周囲より三歳年上の設定で、演じた山本太郎は当時25歳だった。オレンジ色のバンダナが特徴となっている。
漫画版のデザインは小説の描写に忠実ではあるのだが、ボクサーと言うよりレスラーに近い体格で濃い絵柄もあってか好き嫌いが分かれる。

性格

七原たちが三年生になったころに神戸から転校してきた。一見近寄りがたい風体だが、実際は饒舌でユーモアに溢れる懐の深い人物。特に女性には優しい。大きな志を持つ一方でリアリストの一面も垣間見せる。喫煙者であり、ヘビースモーカー。
映画版では関西弁を話していたり、漫画版では理論的な発言が目立っていたりする。
プログラムでは、ゲームから抜け出す方法を教えたり、炊事から武器の取り扱いまであらゆる面で七原秋也中川典子をバックアップするドラえもん的存在であった。

掲示板/川田

バトルロワイアル


「眠ったみたいだ」

「禁煙しなさい!」「………」



関連タグ

バトルロワイアル バトル・ロワイアル


ネタバレ注意

ここから先は、重大なネタバレが記載されています






























実は本編の1年前(映画版は3年前)の『プログラム』の「優勝者」、つまり最後まで生き残った人物であり、登場する生徒の中で唯一の『プログラム』経験者である
今回の『プログラム』に参加した理由は、前回の時の怪我が原因で留年となりまた1年間中学通いとなったためである(映画版では、優勝後に政府に拉致されたのが理由)。
前回での『プログラム』の際は恋人であった大貫慶子を死なせた過去を持ち(死因は漫画、映画版、小説で異なる)、本編では『プログラム』開始前に事前に首輪の解除方法を調べたり、反政府運動に連なる人脈を形成していた(これらが七原達の脱出やその後の国外逃亡の手助けとなった)。
最期は桐山和雄との死闘の際の負傷が原因で、脱出している最中の船の中で七原と典子の2人に激励の言葉を遺した後に2人に看取られながら死亡する。

関係人物

大貫慶子・・・川田章吾の想い人であり、川田が持っているパスケースの写真の女性。神戸市二中で、川田と同じクラス。気の強そうな、笑顔が魅力的な女の子。黒い髪をくくって、右肩の前にたらしている。大人っぽい。山歩きが好きだった。
川田いわく「(中略)一般的にはあまり美人じゃないと想うけど。俺にはとてもきれいに見えたけど」

島崎京香・・・川田の話に出てきた女性。神戸にいるらしい。頭はパーとは川田談。

川田父・・・神戸のスラムにある診療所の医者。専門は、堕胎と外科。川田の前回のプログラムの際に、政府に逆らって殺されている。自分の妻を助けてやれなかったことを悔いている。

川田母・・・川田が七つのときに、病気で死ぬ。どうやら、脳神経系の病気。

pixivに投稿された作品 pixivで「川田章吾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18400

コメント