ピクシブ百科事典

概要

鎌倉時代中期に、備前一文字派を代表する刀工のひとりの助真によって作られた太刀である。
刀としての特徴は広い身幅や力強い刀姿が存在感を放っているため、日本一豪壮な太刀といっても差し支えない。

この日光助真は加藤清正が所持し、後に徳川家康に献上された。
家康没後は日光東照宮の内陣に納められた。
このことから「日光助真」と名付けられたとされている。
今日でも東照宮が所持し、国宝にも指定されている。

関連タグ

太刀 日光東照宮
加藤清正 徳川家康
日光助真(天華百剣)天華百剣に登場する巫剣

関連記事

親記事

太刀 たち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日光助真」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 901

コメント