ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

お前の代わりはいくらでもいる 勘違いするな

俺の相手はテメエらじゃねぇ 俺が戦うのは…世界だ

俺は倒れても歌う ひとりでも歌う この俺が生きている限り



プロフィール編集

学年大学一年生→大学二年生
誕生日9月12日
星座乙女座
身長175cm
体重56kg
好き強さ/夜明けのコーヒー(レモンコーヒー)
嫌い父親/虫
CV小笠原仁/遠野ひかる(幼少期)
担当ボーカル
イメージカラーレッド
所属バンドGYROAXIA


概要編集

法学部の一年生。北海道の大学に通っていたが、LRフェス参加のために東京にある鴨川大学へ編入する。

圧倒的な歌唱力とカリスマ性によってGYROAXIAを支配している。作詞作曲も全て自身で行なっている。

しかし素の性格は、非常にプライドが高く利己主義なところがあり、バンドメンバーには演奏技術以外を求めておらず、彼の求めるレベルに達していなければ容赦無く切り捨てる冷酷な一面を見せる。

自分にもメンバーにも一切の妥協を許さず、メンバー間の衝突(特に礼音)が日々絶えない。

他人に指示されるのを嫌い、関係者へ挨拶をせずに一人で先に帰ったり、何かと傍若無人な場面も多い。


猫耳のように髪が跳ねている特徴的な髪型をしているらしいが癖っ毛とのこと。

服装にこだわりはないようだが黒い服が多い。一方で指輪は似合うと思って自ら好んでつけている。


作曲時に賢汰とギターを弾いて合わせたり、ピアノを使っていると分かる描写があるため楽器も演奏できる様子。


札幌に居た時から『にゃんこたろう』という名前の白い雌猫を飼っており、西新宿にあるシェアハウスにも連れてきている。(飼うまでの経緯や名付け親は不明)

作中ではよく野良猫に好かれるが邪険にせずに撫でてあげたり、飼い猫のにゃんこたろうを気に留めたりと猫には優しい。


頭が良く、常に学業では良い成績をおさめていたため、高校・大学ともに給付型の奨学金を受けている。また自由になる時間が多くとれるからという理由で法学部を選んだ。


基本他人に興味を持たないが、唯一Argonavis七星蓮の歌には興味を示しており、アニメでは飛び入りで彼とデュエットしたり、結果としてArgonavisに加担している言動がいくつか見られる。



家族編集


ゲーム・小説・コミカライズ版のネタバレ含むので注意



























父親は世界で活躍するカリスマボーカリスト

その影響もあって3歳の頃から音楽に関心を持つようになった。

しかし、那由多が5歳の時に気管支喘息の診断を受け、父親同様にボーカルを目指していた那由多だったが父親から「お前には歌は無理だ」と見放された。

その後、那由多が小学校5年生の時に両親は離婚し、母親の出身地である札幌へと引っ越した。

経済的に苦労していたのを知っても父親からの援助はなかった。

自分と母親を見捨てた父親を恨んでおり、父親への怒りと父親を超えたい(世界を獲る)という思いが彼の原動力になっている。


少年ジャンプ+で連載されていたコミカライズ版では、七星蓮がボーカルになりたいという夢を持つきっかけとなった幼い頃にフェスで見た伊龍恒河というボーカルが那由多の父親であることが明かされた。


関連イラスト編集

突き刺さる声


おめでと~~~!!!!


関連タグ編集

GYROAXIA 伊龍那由多

里塚賢汰 美園礼音 曙涼 界川深幸

SYANA 伊龍恒河

Argonavis

白髪 赤眼 暴君 天才 唯我独尊 毒親の被害者 レッドヒーロー


爆豪勝己主人公のライバル。プライドが高く唯我独尊な性格繋がり。だが、那由多とは違い父親との関係は良好である。


キリル・フォスター…:[野球ゲーム>パワプロアプリ]]の登場人物。白髪赤眼・文武両道・チームの中心人物・プライドが高く融通が利かない性格・力に固執している・完璧主義・父親が毒親…と色々と共通点が多い。だが、父親から出来損ないと言われ完全に見放された那由多とは違い、キリルは父親から実力は認められていたなど対比している点もある。


碧棺左馬刻大神晃牙皮下真カップやきそば現象。だが、後者の性格と思考はどちらかといえばに近い。

関連記事

親記事

GYROAXIA じゃいろあくしあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 403338

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました