ピクシブ百科事典

暦物語

こよみものがたり

『暦物語』とは西尾維新による怪奇小説。及びそれを映像化した短編アニメーションシリーズ、そしてそのアニメーションを配信するスマートフォンアプリ。
目次[非表示]

概要

「青春に、予定調和はおこらない。」

物語シリーズファイナルシーズン第2弾。通算14作目。
当初は予定になかった作品で、キャッチコピーは「100パーセント突然書かれた小説です。

解説

阿良々木暦が過ごした3年生になったばかりの4月から大学受験当日の3月までの一年をひと月ずつ振り返る、十二話の短篇集。
過去を振り返るだけではなく、2月、3月、の物語は憑物語の続編、そして終物語へと続く物となっている。物語シリーズにしては珍しく本文中に挿絵がある。

最終話最終ページのオチで、とある登場人物が帰ってくる。

収録話

話数サブタイトルあらすじ
第一話こよみストーン4月12日。放課後、暦はから、直江津高校で噂される「石の怪談」という話を聞き、それが何なのか突き止めるため忍野に話をしに行く。
第二話こよみフラワー5月9日。学習塾跡からの帰り道、暦とひたぎは道端に供えられた真新しい花束を見つけ、ひたぎは学校での不思議な出来事を思い出す。
第三話こよみサンド6月中旬。暦は真宵から、鬼のような模様を浮かび上がらせる砂場があると聞き、真夜中その公園を訪れる。
第四話こよみウォーター7月某日。駿河の部屋を掃除しに来た暦はお礼に夕食と風呂をもてなされ、神原家の風呂で起きたとある現象の話を聞く。
第五話こよみウインド8月初旬。暦は撫子を家に招き、貝木がどうやって事件の元となった「おまじない」を中学生たちの間に広めたのか考える。
第六話こよみツリー9月下旬。暦は火憐が通う町道場の裏庭に生えた、とある不思議な木の存在を確かめに行く。
第七話こよみティー10月某日。暦は月火から学校の茶道部にあらわれた「八人目」のことで相談を受ける。
第八話こよみマウンテン11月1日。暦は忍野扇とともに北白蛇神社の参道を登っていた。
第九話こよみトーラス12月。受験勉強の追い込みをしていた暦は、ひたぎ手製のドーナツをと取り合うはめになった。
第十話こよみシード1月中旬。暦はセンター試験からの帰り道に、探しものをしている余接に出会った。
第十一話こよみナッシング2月下旬。暦は余弦に余接との過去について尋ねた。
第十二話こよみデッド3月13日。大学受験当日の朝、暦は北白蛇神社の境内で臥煙伊豆湖に再会した。


公式スマートフォンアプリ

2015年12月19日より配信開始。日ごとに『物語シリーズ』のアニメのキャラクターたちの台詞を聴くことが出来る。アニメに無いアプリ録り下ろしの原作台詞も収録。一度聴いた台詞は何度でも再生可能。
聴いた日はアプリ内カレンダーに、その日のキャラクターに対応したハンコを押すことが出来る。

TVアニメ

上述のスマートフォンアプリ内にて、2016年1月9日より短編アニメーションが土曜深夜に無料配信されている。

関連タグ

西尾維新
物語シリーズ 化物語
阿良々木暦
羽川翼 戦場ヶ原ひたぎ 八九寺真宵 神原駿河 千石撫子
阿良々木火憐 阿良々木月火 忍野扇 忍野忍 斧乃木余接 影縫余弦 臥煙伊豆湖
忍野メメ 貝木泥舟 手折正弦

外部リンク

暦物語公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「暦物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229628

コメント