ピクシブ百科事典

月島翔太

つきじましょうた

月島翔太とは、ウルトラマン妹の(一応)主人公の名称である。

概要

ウルトラマン妹』の主人公の1人にして、もう一人の主人公兼メインヒロインである二十歳間近の月島あかり実兄
パッとしない冴えない青年であるが、実は物語の重要なキーパーソン(後述)。

物語の狂言回し的な役割も担っており、彼の目線で物語が進んで行く構成となっている。

幼い頃に両親飛行機事故で無くして以来、父親代わりになるべく必死になっているが、高校卒業後に就職活動を継続しているものの、30社連続で落ち続け、破天荒な妹に振る舞わされるなど、なかなか結果が伴わない意外と苦労人(あかり曰く“にたとえるなら、七等星みたいな”)。

また、如月ユキことアムールと同じく物語の登場人物の中では数少ない比較的良識人に1人で、あかりや彼女と一体化した超ドジっ子娘のジャンヌに突っ込みを入れることが出来る数少ない人物であるが、あかりがジャンヌと一体化した事で家計のエンゲル数が飛躍的に上昇した事や、上述した諸事情からBURKの経費を家計に当てようとするなど、苦労人故にか金銭面に関してはちゃっかりしている一面を持っている。

ちなみにとある人物曰はく妹に対して危ない願望を抱いているらしいが、流石に一線を越えるような展開にはなっていない。

就職活動の一環として(半ば強引について来た)妹同伴で天文台の臨時職員の面接を受けた帰り道に突如として出現した怪獣グランボンに襲われて以来、何故か彼の周りだけに怪獣や侵略者たちが現れ始めるようになり、それ故にBURKから要注意人物としてマークされる羽目になってしまうが…。

            以下物語の重要な得たばれに付き閲覧注意‼


























実は幼少期の体験や両人の事故死をきっかけに、心の奥底に社会に対する強い不平不満や破壊願望を抱いており、両親が死んだを眺めていた際に途轍もないヤン…侵略者に見初められてしまい、彼の持つ類稀なる創造力を使って侵略兵器を生み出す生産工場として利用される一方で、侵略者の俺の嫁とする為の数々の謀略にあっていたことが物語の終盤にて発覚する(つまり、今まで登場した怪獣や宇宙人は、ウルトラ戦士や黒幕以外は全て彼の妄想から生まれた存在ということになる)。

それ故にその事に気が付いたBURKに抹殺対象として命を狙われる羽目となってしまうが、彼を護るべく遂に表舞台へと姿を現した侵略者によって無理やり進化を促進されると怪獣へと変貌。
侵略者に操られるまま破壊活動を行うが、あかりの決死の説得を受け何とか自我を取りもどすし、黒幕の侵略者も斃され、万事目出度く収まるかと思われた…。のだが、侵略者が倒された後も怪獣の姿のままであり、ウルトラの星の技術力でもどうにもならなかった為、途方に暮れる羽目となってしまうが、その後、紆余曲折を得て何とか元の姿に戻ることが出来た。

その後、色々あって故郷へと帰っていったジャンヌの事を妹と共に今頃どうしているのだろうと思い出にふけっていたのだが…。

関連項目

ウルトラマン妹 月島あかり ジャンヌ(ウルトラマン妹) イーハトン星人
ジャミラ ツチケラ ラブラス⇒同じく人間が怪獣化した姿関連で

コメント