ピクシブ百科事典

朽ち果てたダグラム

くちはてただぐらむ

朽ち果てたダグラムとは「太陽の牙ダグラム」第一話冒頭と最終回ラストシーンで使われた場面である。
目次[非表示]

燃え尽きたあとに

概要

朽ち果てたダグラムとは、太陽の牙ダグラム第一話冒頭と最終回ラストシーンの用いられた場面である。第一話冒頭でいきなり年月を経て風化し朽ち果てた主役メカの残骸が登場したのは当時の視聴者の度肝を抜き、元太陽の牙のメンバー・キャナリーダグラムの残骸を観て、デロイア革命の日々を振り返る体裁を取っており、最終回ラストシーンは再びキャナリーが去り、ダグラムの残骸だけが残され完結する。
この事から、実はダグラム本編はキャナリーの回顧録ではと指摘する視聴者も居る。
余りのビジュアルショックから本放送当時発売されたパズルや、映画ドキュメント・ダグラムのポスターにも採用される程であった。

パロディー

  • ケロロ軍曹原作漫画でケロン星の兵器が粗大ゴミで捨てられ、ゴミ置き場で朽ち果てたダグラムのポーズで発見される。
  • TNGパトレイバーのある短編エピソードでは、イングラムのリボルバーカノンが暴発し、イングラムが破壊され、1号機はラストシューティングのポーズで、2号機は朽ち果てたダグラムのポーズとなり、当該年代の視聴者をニャッとさせた。


余談

ダグラムのデザインを見ればわかるのだが実際にダグラムにこのポーズをさせようとするとどうやっても二次元の嘘は避けられないデザインとなっている。
その為、当時このシーンを再現しようとしたモデラー達の頭を悩ませることとなった。
この問題は製作側にも届いており、次番組に出てくる主力メカは股関節のデザインに二次元の嘘を無くすために、可動式スカートアーマーがデザインされた。
この可動式スカートアーマーは後のロボットアニメに多大な影響を与えており、この原点がこのシーンなのである。

関連タグ

太陽の牙ダグラム ダグラム
朽ちダグラム クラッシュシーン

鉄の竜騎兵ザ・コクピット):元ネタ。

満身創痍のマジンガー:マジンガーZ対暗黒大将軍とマジンガーZ最終回で、今まで無敵だったマジンガーが戦闘獣にズタボロにされるのは今も語り草
ラストシューティング:ファーストガンダムの最終決戦で顔と左腕を失ったガンダムがジオングの首を撃つ有名なクラッシュシーン

関連記事

親記事

ダグラム だぐらむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「朽ち果てたダグラム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 733

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました