ピクシブ百科事典

李相日

りさんいる

李相日は、日本出身の映画監督。
目次[非表示]

概要

若くしてその才能を見出され、日本映画の第一線で活動する在日朝鮮人三世の監督。『フラガール』でブレイクした。
演技指導がとても厳しい鬼監督として知られ、リハーサルだけで一日費やすことすらある。しかしその甲斐あって出演者の演技は高く評価され、いくつもの映画賞をもたらしている。

来歴

1974年1月6日生まれ、新潟県出身。
1999年、日本映画学校の卒業制作『青~chong~』が、ぴあフィルムフェスティバルで4部門を受賞。
2002年、『BORDER LINE』で新藤兼人賞金賞を受賞。
2004年、村上龍(原作)・宮藤官九郎(脚本)とのタッグ『69 sixty nine』で商業デビューする。
2006年、常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)の誕生秘話を描いた『フラガール』が批評的にも興行的にも成功を収め、名の知れた存在になる。

作品

映画

『青~chong~』1999年
『BORDER LINE』2002年
『69 sixty nine』2004年
『スクラップ・ヘブン』2005年
フラガール』2006年
『みんな、はじめはコドモだった』「タガタメ」2008年
悪人』2010年
許されざる者』2013年
怒り』2016年
『ブルーハーツが聴こえる』「1001のバイオリン」2017年

その他

『妖しき文豪怪談シリーズ』「鼻」2010年
ドラゴンクエストⅩ 冒険者のきせき』「どの職業で戦うか迷う話」2017年

関連映像



関連タグ

映画監督

外部リンク

李相日 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「李相日」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 0

コメント