ピクシブ百科事典

概要

熊谷駅と妻沼駅を結んでいた。
戦時中熊谷と中島飛行機の工場があった小泉(東小泉駅)をつなぐために建設された。1943年開業。
このため、ほぼ一直線に熊谷駅から妻沼駅まで人がほとんど住んでいない田畑を買収して敷設されている。また完成を急ぐため熊谷駅から上熊谷駅付近は秩父鉄道の用地を借用した。
線路は東武日光線の合戦場-東武日光間を単線にして浮いたものを利用、更に省線の橋を腹いせげてもらい資材として荒川に架橋し東小泉へ到達する予定だったが架橋は果たせなかった。
戦後食料の買い出しで一時的に満員になったが結局ローカル線になってしまい、大赤字だったため1983年に廃止。
今も復活案などが出ているが実現には程遠い状態である。
東武最後の非電化路線でディーゼルカーが走っていた。

関連項目

東武鉄道

関連記事

親記事

東武鉄道 とうぶてつどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東武熊谷線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11

コメント