ピクシブ百科事典

武居俊樹

でかばなたけい

日本の編集者。小学館で多くの雑誌の編集長を務めた。

1941年生まれ、長野県出身。
1966年、小学館に入社。
少年サンデー編集者として赤塚不二夫古谷三敏石井いさみあだち充などを担当。
その後、少女漫画部門に異動しちゃお別冊少女コミックプチコミックなどの編集長を歴任。

赤塚不二夫とは名コンビで、『もーれつア太郎』『おそ松くん』『天才バカボン』などを担当。
レッツラゴン』ではネタ出しを行うほか、武井氏本人をネタにした「バカ武井」(デカバナ武井)がレギュラー出演。
「エレベーターで小便をした」「ビールを勝手に飲んだ」「カミソリでソファーを切った」「勝手にフジオプロの社員旅行に割り込んだ」など、真偽不明の伝説が残っている。
「映画・これでいいのだ!」では彼をモデルにした役を堀北真希が演じたが、ミスキャストじゃないか、と首を捻った人間は多い。

2002年、小学館を定年退職
2005年、処女作『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』を発表した。

関連記事

親記事

編集長 へんしゅうちょう

兄弟記事

コメント