ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ココロはマーメイドのように
声も出せない 届けられない

楽曲情報

作詞KOH
作曲KOH
編曲KOH
馬場このみ(CV:高橋未奈美)


概要

 『アイドルマスターミリオンライブ!』に登場する、馬場このみの2曲目のソロ曲。
 2015年1月28日発売の「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 08」に収録されている。

 童話『人魚姫』をモチーフとした曲。足を得る為に声を失った人魚姫と、夢を叶えるためこの世界に飛び込んだが24歳という年齢故にもう後戻りはできない自分の姿を重ね合わせ、「やると決めたの 最後のチャンスね」と、過去は振り返らない決意を歌った曲である。

ライブなど

 初披露は2015年のリリースイベント。
 周年ライブでは3rd名古屋公演で初披露となり、その後2019年の6thライブでも披露されている。
 珍しいところではミリラジのイベントである「THE IDOLM@STER MILLION RADIO! SPECIAL PARTY 03 ~Dreaming! for the NEXT!~ NIGHT PARTY」でも披露されている。

曲名カード

 GREE版では、2017年11月1日から同月13日まで開催されていた「世界を旅して♪ ワールドワイドガシャ」で登場した期間限定カード「水の都でひと休み 馬場このみ」を覚醒させることで入手できた。イラストでは魚が泳ぐ美しい水中の描写によって曲の世界観が表現され、カード台詞からはこのみの覚悟の強さが窺える。

 『シアターデイズ』では、2021年7月4日に「ミリシタ4周年!!! Anniversary4you! 生配信イベント!」の中で実装が告知された。同月13日に「SONG FOR YOU!ガシャ VOL.18」で「スポーツ!スポーツ!スポーツ! 高坂海美」と共に恒常SSRとして登場。
 付属する衣装は「ディフロスト・マーメイド」。
 大きく目を惹くのは何といっても覚醒前の場面で、描かれているのはなんと事務員になった世界線のこのみ小鳥美咲と同じ事務服を着て、3人で舞台袖から仲間たちをステージに送り出している。元々、彼女は事務員志望だったつもりが、手違いでアイドルになったという経歴を持つ。当然、アイドルになった今は二人と同じ事務服を着る機会はほぼない(一応この4コマ漫画で着せられたことはあったが)。もしそのような手違いがなく、本当に事務員に就任していたらどうなっていたのかが、このカードによって示されたことになった。なお、この「あり得たかもしれない世界線」、すなわちIFの世界線が描かれるのは『ミリオンライブ!』全体を通して見ても史上初めてのことである。
 覚醒後は現在の世界線のこのみが描かれている。曲名通り水中にいるのはGREE版と同じだが、水中の描写はより美しくなっており、さらに今回はキャンディもちゃんと水中に沈んでいる。

シアターデイズ

 2020年9月28日、メインコミュ第72話の楽曲として実装。タイプはAngel。
 LTH08からの実装は「アニマル☆ステイション!」以来実に約1年半ぶり。

 先だって実装されたDeep, Deep Blueの水中ステージが使われると予想されていた(あるいは、この曲を実装する為に水中ステージを作ったと言われていた)が、実際に使われたのは「Birth of Color」等で使用されているステージである。

難易度

2M2M+4M6MMM
41071116

ミリシタメインコミュの楽曲の系譜

追憶のサンドグラス(第71話「君だけを見ているから」/星井美希(2回目))

水中キャンディ(第72話「大人だから、こそ」/馬場このみ(2回目))

マイペース☆マイウェイ(第73話「問題! 自分らしさとは?」/福田のり子(2回目))

余談

 後に徳川まつりとデュエットで歌唱する「Decided」には、「君がくれたキャンディ」「街はイルミネーション」と、お互いのソロ曲のタイトルを想起させる歌詞が入っている。

試聴動画



関連タグ

アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ
THEiDOLM@STERのオリジナル曲一覧
LIVE_THE@TER_HARMONY

馬場このみ(CV.高橋未奈美髙橋ミナミ)
dear...水中キャンディTo...

TOUR_BELIEVE_MY_DRE@M!!:2016年の3rdライブ。
UNI-ON@IR!!!!:2019年の6thライブ。

人魚姫
深層マーメイド:同じく人魚姫をモチーフとした曲。

関連記事

親記事

馬場このみ ばばこのみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「水中キャンディ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13338

コメント