ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:愛美


相棒学園初等部六年生。主人公・未門牙王の友人。


やや控えめな性格の少年で、片目が隠れるほどの長さの水色のおかっぱ髪が特徴。

その中性的で愛らしい外見・声色や、牙王に対する過剰とも言えるスキンシップ(出会い頭に後ろから抱きつくなど)のせいか、一部のファンの間ではよくヒロイン扱いされる。


作中での活躍

第1話で不良中学生の雑魚山たちに絡まれていたところを偶然通りかかった牙王に助けられる。その後、第4話で牙王のクラスに転入してきた。以降は牙王と親交を深め、彼と同じくバディファイトを始める。


気弱な性格で、強い牙王に憧れているが「ずっとこのままは嫌だ」という現状に対する不満もあり、デッキはデンジャーワールドを選択した。牙王のデッキビルダーである大盛爆宇木くぐるとも交流が生まれ、後に大会に先駆けて彼らが結成したチーム「バルソレイユ」の一員となり、記録係を担当する。


ファイターとしては、デンジャーワールドの特性を理解しそれなりに高い実力を持つが、いつしかファイトの勝ち負けに強くこだわるようになり、ファイト自体を楽しもうとする牙王や風音たちの考えに内心苛立ちを覚え、強者は敬われ弱者は蔑まれるという荒神ロウガの考え方に同調するようになる。


アスモダイの助言と究極レアカード「魔狼フェンリル」を牙王のサポートで引き入れたことをきっかけにデッキを「レジェンドワールド」に移行。

その後、父の転勤により再び転校することになる。かつて転校した際に、昔の同級生から忘れられたというトラウマが蘇り、牙王たちも同じく自分のことを忘れるのではないかという不安に駆られ、彼らに別れを告げること無く相棒学園を去ることになる。


転入先の普宮第二小学校では、再びいじめグループの格好の的となってしまいファイトの強要の末に手持ちのカードを奪われるなどして失意の中にあったが、そこに付け入った山崎ダビデの誘いに乗りダークコアデッキケースとバディモンスター「アイスブレイド・ジョーカー」を得て変貌。

❅

その圧倒的な力に陶酔し、いじめっ子たちに仕返しを果たすもまだ足りず、牙王に手紙を送り付け、強くなった自分を見せようとファイトを要求。結果、牙王に今一歩及ばず敗北し、さらにダークコアを手にした後の悪行を咎められるが、そこへ割って入った恩人のダビデの意見に同調し、牙王たちと決別する。

(なお、このいじめグループには元々ダビデの息がかかっており、キリをディザスターに取り入れるための演技であったことが後に明かされる)


以降は通り魔のごとくファイターを襲撃しては彼らにファイトを強要し、勝利の証としてバディモンスターを奪っていく神出鬼没の「死神」として怖れられる存在となる。性格も、これまでの純真な少年からクールな言動を用いる冷徹な性格となっている。バディのジョーカーからは強く信頼されているが、彼の言う寒いダジャレに関しては頑としてスルーし続けている。


コアガジェットは空中に浮かぶ雪の結晶型で、バディスキルは背中に三日月型のオーラが現れるというもの。


その後、ディザスターの一員としてダビデにディザスターパレスへと招かれるが、そこへ乗り込んだ牙王との再戦の末、彼の熱い言葉に触れて正しい心を取り戻す。ファイト直後に意識を失い、首謀者である臥炎キョウヤからも「見込み違い」だと切り捨てられる。


牙王によって病院に運びこまれ、長らく意識不明の状態が続いたが、臥炎カップ一回戦が行われている最中に目を覚ます。再び牙王たちの前から姿を消すが、実際は死神としての行いを償うため、花薔薇エルフの研究所に仲間を偽り潜入し、自身が奪ったバディモンスターたちを解放。その中にいた、煉獄騎士となった龍炎寺タスクに捨てられたジャックを牙王に託した。


その後はバディポリスと協力しキョウヤの陰謀を阻止するため暗躍。

牙王とキョウヤがファイトしている間にディザスターのアジトに向かい、門を守る祠堂孫六・山崎ダビデと対峙。同じく正しい心を取り戻したタスクや、乱入した荒神ロウガと協力して二人を撃退し、内部の花薔薇を拘束するものの、今一歩のところでソフィア・サハロフにより拘束が解かれ、そのまま逃亡されてしまう。


第二期『フューチャーカードバディファイト100(ハンドレッド)』

長らく出番に恵まれずにいたが、28話にて再登場を果たす。

あれ以来、父の転勤によりまた引っ越しをしており、現在は超長野の超穂高という地で、父の会社が運営するペンションの管理人を勤めている。


前期でのディザスターの一件以来、なぜかダークコア無しでもカードの力を具現化できるようになってしまい、それで人を傷つけてしまう事を恐れた彼は一時的にバディファイトから遠ざかってしまっていた。性格も、登場初期の気弱な少年の頃に戻っている。


角王の目撃情報を受け超穂高を訪れた牙王・ドラムと偶然再会。

久々の再会を喜んだキリは、牙王たちに自身のペンションに泊まっていくように勧めるが…


使用デッキ

いずれのデッキも特定のカードや設置カードによるコンボデッキとなっている。

不完全なパズル

君という敗北者を得て完全な物となる。ルミナイズ、不完全なパズル!


レジェンドワールドのデッキ。ダークコアデッキを手に入れて以降使用している。

大魔法ラグナロクとフィンブルの冬のコンボで互いの盤面と手札を破壊するが自身は手札から捨てられた時に発動するバディのアイス・ブレイドジョーカーラグナロクで破壊されたグレイプニルから出てくる魔狼フェンリルで無防備状態の相手ファイターを攻撃するというコンボを取っている。


デッドエンドワールド

始めよう、僕の前に立つ者の終焉を。ルミナイズ、デッドエンドワールド!


ダンジョンワールドのデッキ。『100』31話から使用している。

切札である闇のファイナルミッションカードワールドエンドは相手の盤面を崩壊させながら相手のライフを強制的に1にすると言う効果を持っており発動条件がソウル5枚という物ワールドエンドは設置されてる時魔王モンスターが攻撃する度にソウルを溜める効果も持っておりそれを生かすため魔王属性のモンスターを主体にしている。


ラストアポカリプス

今ここに最後の審判が下される。ルミナイズ、ラスト・アポカリプス!


『DDD』42話で使用したデッキ

切札は審判の冷王 ミセリアサイズ3攻撃力防御力共に20000打撃力5でコストを支払えば再攻撃する事が出来るという破格の性能をしてるがそのデメリットとしてライフリンク10で敗北という代償があるため普通に出すことは出来ないが敵味方問わず破壊される度にソウルが剥がれていく裁きのミッションカードアポカリプスとアポカリプスのソウルがない時に使えるミッションコンプリートアポカリプス・デイでデッキから呼び出す事に特化したデッキになっている。


輪廻創世

森羅万象を天へと還し、新たな世界を創造しよう。ルミナイズ、輪廻創世!


『バッツ』39話で使用したデッキ。雷帝軍に強化されたミセリアの逆天で擬似的な盤面リセットして序盤減らした手札を回復して畳み掛けるデッキとなっている。

関連タグ

バディファイト 未門牙王

アイスブレイド・ジョーカー 死神 闇堕ち







































ネタバレ

ここから先は本編の重大なネタバレを含みます!スクロールは自己責任で。













































神話、ひとつ

その正体は、多くの異世界を滅ぼした謎のモンスター・大魍魎ヤミゲドウを封印した八人の角王の一人にしてダンジョンワールドの角王三角水王(さんかくすいおう)ミセリアであることが判明。ダークコアデッキを手放して以降もカードの力を現実化できたのも、彼の本来持つ角王としての力によるものであった。


ヤミゲドウの封印後、彼の復活を危惧した角王たちはこの世界に留まる事を決意。

その際ミセリアはヤミゲドウが復活するまでの間、もうすぐ地球に誕生する予定だった知的生命体・“人間”として生きることを望む。その後は数百万年もの長い年月を角王としての記憶を封印し、現在まで「氷竜キリという人間」として生きてきた。


この際、前述のアイスブレイド・ジョーカーを影の従者とする。

悠久の寿命を持つため、人間として大切な人が出来てもすぐ死に別れてしまう運命にあり、その悲しみのあまり、自分の正体から目を背け角王としての記憶をも封印していた。人間の自分や周囲が自身の存在に疑念を持つことがないように、ジョーカーに記憶の操作や新たな生活環境へ移行する手助けをする役目を任せていた。

ジョーカーは前述通り「臥炎キョウヤから与えられたバディ」とされているが、実際はジョーカーがキリの手に収まるように裏工作を行っていたという。


上記の「父親」というのも実際はミセリアとしての自分自身であり、頻繁にしていた「父の転勤による転校」もその正体を周囲に不審がられる前に住む場所を変えるための口実であった。




ヤミゲドウの復活と、自身が「八角神王(はっかくしんおう)グランガデス」の眠る超穂高に移住した頃から本来の姿と記憶を取り戻す兆候が表れ始める。そして、牙王がバディポリスとしての任務でキリが働いているペンションを訪れた際、角王を捕らえるためやって来た百鬼の襲撃から牙王やロウガを身を挺して庇った事で角王として覚醒。水を自在に操る能力を有し、砂と化した森を復活させ、一撃で百鬼のモンスターをカードに戻すなど、角王としての圧倒的な力を見せつけた。


角王として覚醒しその記憶を取り戻したものの、人間として生きてきた期間が長すぎたため角王として戦う覚悟をつける時間が欲しいとして、牙王たちに同行はしなかった。

別れ際、牙王から「角王だろうが何だろうが俺の大切なダチだ、ヤミゲドウとの戦いが終わったらまたバディファイトしようぜ」と言葉をかけられる。

自身の正体に関係なく友人として接してくれる牙王の言葉に感激し「人間になってよかった」と涙を流して喜んだ。




31話では、角王として完全覚醒するべく、人間として生きてきた長い年月の間に経験した“離別の悲しみ”を封じた「記憶の結晶」を己の身に受け入れることを決意する。

再び超穂高を訪れた牙王が見守る中、精神への負担を考え結晶の断片を少しずつ削り取り、時間を掛けてその記憶を取り込んでいたが、その最中に彼らの動向を探っていた山崎ダビデが乱入。祠堂孫六からキリの正体が角王である事を知らされていたダビデは、覚醒を妨害すべく結晶を破壊した上、それらを一気に体に埋め込ませる。


心身に深いダメージを負わされながらも、キリは敢えてダビデに自身の身柄を条件にファイトを申し込む。ミセリアとしての本来のクランであるダンジョンワールドのデッキでファイトに挑むが、記憶の結晶を一度に取り込んだ影響に加え、ダビデから「人間との寿命の差から必ず訪れる別れ」を指摘する形で揺さぶりを掛けられ、精神的に追い詰められる。


その時、キリが全ての記憶を取り戻した事で真の姿に覚醒したシュタインブレイド・ジョーカーから「封じていた何千何万の記憶の中に答えがある」と助言され、戦国時代と思しき頃に牙王・ダビデ・祠堂の祖先と関わりを持ち、牙王の祖先がキリを身を挺して庇い致命傷を負い、彼の最期を看取った事を思い出す。キリは「いつの時代も出会うべき人とは必ず出会う」と悟り、角王として完全覚醒。ファイトの場に三角水王ミセリアとして現れる。


自身の水・氷の力とジョーカーのスキル、そして闇のファイナルミッションカード・終焉計画(ワールドエンド)で形勢を逆転しダビデを圧倒。さらにイカサマに気づきながら敢えて言わなかった事をダビデに告げ、トドメを刺した。


戦いが終わった後は、改めて牙王と出会えたことを感謝し「皆と生き、たとえ別れが待っていてもその先に脈々と続く未来と共に在る」事を心に誓う。そして、既に居場所を突き止めた最後の角王・グランガデスを必ず連れて来ることを約束した。

余談であるがミセリアをコールした時キリ自身が変身し召喚している

関連記事

親記事

バディファイト ばでぃふぁいと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 718626

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました