ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

市の中心部は旧町名である長野」と呼ばれている。滝畑四十八滝や岩湧山などの自然に溢れ、南北朝時代の英雄楠木正成公ゆかりの寺である観心寺や高野山までの参詣道である高野街道など古くから史跡や歴史的建造物などが残る。

国宝・重要文化財が数多くあることから「文化財のまち」とも称される。

豊かな森林資源に溢れ、林業が盛んであるが河内長野市は「爪楊枝の産地」として知られ、日本全国の爪楊枝の生産は大半がここで行われている。

なお大阪府内の中でも比較的に治安が良い。

主な出身人物


観光名所

  • 観心寺(楠木正成公ゆかりの寺で、彼の学問所があった。本堂などが国宝に指定されており、建造物や仏像も文化財として保存されている。晩秋になると3日間に渡ってライトアップされるイベントが催される。)
  • 天野山金剛寺(弘法大師こと空海が密教の修行をしていたという言い伝えのあるお寺。)
  • 延命寺(紅葉の名所。「夕照もみじ」は大阪府の天然記念物に指定されている。)
  • 高野街道(和歌山高野山まで続く街道。かつての名残として古民家や建造物が残る。)
  • 寺ヶ池(市内にある江戸時代から作られた溜め池。)
  • 滝畑四十八滝(河内長野市滝畑周辺には数多くの滝が点在しており、中でも「光滝」が最も大きく、近くに建てられている「光滝寺」の名前はそこから由来している。)
  • 滝畑ダム(大阪府内で最大のダム。湖には渡り鳥が毎年見られる。)
  • 河合寺(桜やアジサイの名所として知られる。)
  • 烏帽子形公園(鎌倉時代に幕府へ対抗するため後醍醐天皇に従った楠木正成が「烏帽子形城」を築いた。戦国時代にはキリシタンの布教活動が城下で行われていた。今もその城跡が残されている。)
  • 岩湧山(標高は約897m。河内長野市を代表する山で、秋にはススキの穂が広がる風景が美しく、大阪府の文化財に登録されている。)


関連タグ

大阪府 南河内

関連記事

親記事

南河内 みなみかわち

兄弟記事

コメント