ピクシブ百科事典

河野さん家の日常

かわのさんちのにちじょう

河野さん家の日常とはしかばねみのりのオリジナルWEB漫画である。単行本も発売中。
目次[非表示]

ちょっと変わったふつうの家族の、いつもとおなじ特別な日常。

概要

ちょっと(かなり?)個性的な家族の日常を描いた4コマ。
従来の日常家族4コマのキャラクターを全員非常に個性的にしたような作品で、ほのぼのとした日常4コマの魅力とオチのついたギャグ漫画の魅力を併せ持っている。
KADOKAWAエンターブレインより単行本発売中


登場人物


河野(かわの)さん家

この漫画のメインキャラクター達。(作者曰く特定個人の主人公は存在しないとの事。)
6人家族。名前の由来は淡水の貝から。


河野 仁奈(かわの にな)

43歳。「若く見える」母。
幼児のようにみえる外見をしている。

本人は自分が外見が幼いという自覚はないらしく若く見えると
言われる度によろこんでいる。機械に弱く、中身は普通のお母さん。
においには敏感で鼻が犬並みに利く。この作品の中では比較的常識人。
名前の由来は巻貝であるカワニナ。誕生日は2月7日。

河野 潤志(かわの たにし)

17歳。「ふつう」の長男。
常に冷静沈着で表情もほとんど変わらない。成績優秀で生真面目。

だが重度のシスコン。
本人は自分はふつうだと思っている。
あまり表立った態度はとらないものの弟にも非常に甘い。
(妹に対して素直クールとするなら弟にはクーデレである)
姉には厳しい。

初期はメガネキャラだったが途中で設定変更される。
単行本では最初から裸眼。
名前の由来はタニシ。誕生日は6月15日。

河野 香乃子(かわの かのこ)

10歳。「成長期」の次女。
母とは逆に子供なのに大人な外見をしている。
基本的にすべてひらがなでしゃべり、話す前に「…」がつく。

非常に身長が高く巨乳。中身は年齢相応で幼く純粋で素直ないい子だが、
子供ゆえまったく空気を読まないためトラブルを呼ぶこともある。
実はかなりの大食いでいつもお腹をすかせている。
名前の由来はカノコガイから。誕生日は7月17日。

河野 青海(かわの おうみ)

38歳。「愛妻家」の父。
妻のことを溺愛しており、部屋には彼女のポスターを大量に貼っている。

妻の見た目のせいで犯罪者のように見えるが、彼女より年下である。
外見は怖そうだが実は寂しがり屋で子供達にも甘い。
子供の頃に近所のお姉さんだった仁奈にプロポーズした。
仁奈にとって彼は「かわいい」らしく、現在も子ども扱いされているような節がある。
名前の由来はオウミガイ。誕生日は10月3日。

河野 縬(かわの しじら)

20歳。ニートの長女。2話から登場。ゲームが好き。
一人称は「お姉ちゃん」。口癖は「ね!ね!」「ねぇねぇ」

重度のかまってちゃんでいつも誰かに甘やかしてほしい、かまってほしいとせがんでいる。
10歳の妹にも甘やかしてもらっている駄目人間。
母が天敵であり小言を言われては逃げている。

実は外面がよく、ちゃんとした格好をしていれば美人であり外では礼節もきちんとわきまえている。
(=働けないわけではなく、働かない)

モバマスのキャラではない。
名前の由来はシジラガイ。誕生日は9月21日。

河野 語葉(かわの かたは)

14歳。常に片目が隠れている女装している次男
3話から登場。

基本的にいつも寝ているか眠そうにしている。
マイペースだが不純で打算的であざとく、狡猾。自分のかわいさには自信があるようだ。
おっぱいが大好きで、女装している理由のひとつは女の子に自然にくっつけるから。
(女装する主な理由は「興奮するから」。)
モバマスのキャラではない。
名前の由来はカタハガイから。誕生日は3月10日。



海乃(うみの)さん家

母方(仁奈)の実家。名前の由来は海中・海辺の生物。
この家の人物は現在登場している全員が合法ロリ
合法ショタである。

海乃 勇魚(うみの いさな)

82歳。祖母(仁奈の母)。
重度の方向音痴。初登場は8話。

白髪だが見た目は小学生程度ににみえる、いわゆるロリババア
(仁奈と同じく昔は大きかった。)
夫に対しては非常にわかりやすいツンデレキャラ。
名前の由来は(イサナ)からきていると思われる。

海乃 大世(うみの おおせ)

73歳。祖父(仁奈の父)。
彼もまた年齢不相応に若く見える、広義のショタジジイである。
初登場は8話。

この年齢になってもなお子離れできておらず娘を溺愛しており、
結婚し孫がいる現在でも仁奈に戻ってきてほしいと泣きついている。
そのため当然ながら青海とは犬猿の仲である。
妻には悪態をつくこともあるが、なんだかんだ言って仲がいい。
名前の由来は鮫の一種、オオセから来ていると思われる。

娘たち

海乃 仁奈(うみの にな)
河野 仁奈 参照。
こちらの由来はウミニナからだと思われる

海乃 歩奈(うみの ふな)
この作品では名前のみ登場。
名前の由来は魚のフナではなくフナムシ



音成(おとなり)さん家

河野さん家のお隣さん。名前の由来は鳥。

音成 カラス(おとなり からす)

14歳。メカクレギザ歯三白眼の語葉の幼馴染。
初登場は10話。(8話ですでに登場はしている)

ピアスをしており不良のようないでたちだが中身は非常に真面目。
そのため語葉の世話を焼いたりからかわれたりしている。
学ラン姿で一見少年のようだが実は女の子であり名前を漢字で書くと空子。
スカートが恥ずかしいため、利害が一致する語葉と制服を交換している。
なにげに隠れ巨乳。

名前の由来は鳥のと淡水貝のカラスガイとのダブルミーニングだと推測される。

音成 鈴芽(おとなり すずめ)

12歳。自称オトナのレディーなカラスの妹。
初登場は10話。

自らをオトナのレディーと称し、「さいせんたんのこーで」に身を包む
オシャレな女子小学生。口癖は「おっ子ちゃまねぇ!」
…だが実際は理想と反して中身も見た目も子供であり、ファッションへの知識も少なく最近までおねしょもしている、爪先立ちで背伸びをするお子様。潤志に恋愛感情を抱いている。
単行本にて5年後の姿が描かれているが姉に似て巨乳になる模様。

名前の由来は鳥の、あるいは貝のスズメガイだと思われる。

音成 鳰(おとなり にお)

音成家の母。38歳。
初登場は14話。

おっとりしており、この漫画には珍しく見た目も中身も正統派な人妻キャラ。
どことなく痴女っぽい。

名前の由来はカイツブリの古名(鳰)。

音成 千鳥(おとなり ちどり)

音成家の長男。9歳。
初登場は15話だが名前などが判明したのは18話。

名前の由来はチドリ。


その他のキャラクター


岩下 硲美(いわした はさみ)

10歳。香乃子の友達で同級生。
初登場は10話。

無邪気さゆえにえぐい質問をする子供  …のフリをする正真正銘のドS
ドSで毒舌だが友人たちに対しては優しく、単行本でも香乃子は彼女を優しいと評している。

作者の別の作品(商業誌の漫画賞受賞作)のメインキャラクター。
名前の由来はハサミムシから。



本編

1話

河野さん家の日常 1話



注意

・「かわの」さんである。「こうの」さんだと別の人気WEB漫画になるので注意。
WEB漫画関連スレなどで「河野さん」表記で混乱をよんでいるのをたまにみる。

関連タグ

WEB漫画 4コマ ニコニコ漫画 オリジナル漫画 合法ロリ 男の娘
がしゃこんっ!守備隊長さん 中ボスのお仕事。(背景などにこれらの作品のキャラが登場する)

外部リンク

しかばねおきば(著者の漫画サイト)
WEB発、おかしな家族4コマ「河野さん家の日常」単行本化!描き下ろしも大量 - コミックナタリー
河野さん家の日常(ニコニコ漫画)
河野さん家の日常 -ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「河野さん家の日常」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6465

コメント