ピクシブ百科事典

烏イリ

からすいり

『暗殺教室』の烏間惟臣×イリーナ・イェラビッチのNLCP・コンビタグ。
目次[非表示]

概要

週刊少年ジャンプにて連載中の漫画暗殺教室」に登場する烏間惟臣イリーナ・イェラビッチによるノーマルカップリングを表すタグである。

共に椚ヶ丘中学校3年E組の教師であり、一緒に登場するシーンが多い。
教師同士ではあるが、8歳の年齢差がある。

公式カップリングである。

妄想の時間



74話では殺せんせーと、それに触発されたE組の下世話な生徒諸君によって「このままくっつけちゃおうぜ」というお節介が焼かれることとなる。
続く75話では一条楽幸平創真も顔負けの鈍感な烏間はさておき、イリーナは彼のことを少なからず思っている事実が判明した。


死神の時間にて

イリーナの誕生日に烏間が、生徒達の計らいにより花束を渡すシーンが見られる。
その際烏間が、イリーナが自分に想いを寄せているのに気付いていた事が発覚。鈍感で通ってたのに…

アジト突入後、死神に裏切られ瓦礫の下敷きになったイリーナを救出した烏間の一言…
「重いもんは背負ってやる」
それがイリーナの重い過去の事を指しているのなら重大事件である。
真面目で厳格な烏間が、軽い気持ちでそんな事を口にするとは思えない。
つまり本気だ。
背負ってやるって…プロポーズか。


その後も自分のYシャツを当て布にして介抱したり、あげくに「生徒からの借り物ではなく俺の意思」と明言して薔薇を渡したりと…烏間が見事に男前を発揮した。
それに対するイリーナの「…はい」の可愛さも相まって、烏イリ好きは歓喜に乱舞した。
ラスト、二人並んで歩く姿も美しい。
この件で、二人は大きく前進したであろう…今後への期待が高まる一方である。


160話「バレンタインの時間」にて


ネタバレ注意














バレンタインに、烏間を高級ディナーに誘ったイリーナ。その帰りに、暗殺における生徒たちの未来の話に触れた。
「殺せなかった時、それか恩師が他勢力に殺されるのを見た時。そこで味わった挫折感で、子供達が歪んだ大人になるのを見たくない」と言うイリーナに、烏間は
「お前は情が深くなりすぎた。この任務が終わったら殺し屋を辞めて防衛省諜報部へ来い」と衝撃のスカウト。
それだけでも驚きなのに、更に烏間は爆弾級の誘いを仕掛ける。

「殺した人には、毎日神社で祈れ。それでいい」
「私一応クリスチャンなんだけど」
「わからないか?俺の家の近所に教会は無いぞ」

エンダアアアアアアアイヤアアアアアアア
何ということでしょう。
なんと公式で同棲が実現するという、同人も真っ青な超展開に読者が震えた。
男女ひとつ屋根の下、所々で事実婚という声も上がり、祝儀の準備を始める烏イリクラスタも。
時間差で気付いた瞬間のイリーナの、ビッチらしからぬ全力赤面は必見である。

考えてみれば、烏間はとうにイリーナの気持ちには気付いており、その気も無いのに一緒に住もうなどとは言わないであろう。彼の性格では、同情だけで軽々と女との同棲を決める筈が無い。
烏間のほうに恋愛感情があると明記されてはいないが、限りなくそれに近い想いを隠し決断したと思われる。

「私は陽の当たる場所へ戻ることを許されない」と、暗闇で生きる覚悟をしていたイリーナ。
だが死神編の際放った「重いものは背負ってやる」という烏間の名言が本物となった瞬間であった。

最終的に(179話・卒業アルバムの時間ネタバレ注意)
















七年後の時点で既に結婚していることが判明。「何年経っても変わらない」関係であるらしい。
なお「卒業アルバムの時間」によると、保育園児の娘が一人いる。容姿は後ろ姿のみの登場で黒髪ロングであること以外不明だが、保育園で逆ハーレムを築き上げてしまうなど悪いところが母親に似てしまっている。

末永くお幸せに。

関連画像

白いカラスと不浄の花嫁
烏イリ
【暗殺教室】烏間先生×ビッチ先生
Twitter烏イリろぐ



関連タグ

暗殺教室 NL 暗殺教室男女

pixivに投稿された作品 pixivで「烏イリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6516625

コメント