ピクシブ百科事典

燃灰

ねんはい

燃灰とは、漫画及びアニメ『斉木楠雄のΨ難』における燃堂と灰呂の二次創作カップリングである。
目次[非表示]

「燃堂力…君のその生きざまに惚れた!!」
「君が欲しいんだ燃堂君!!!」
「僕みたいなのを特集して一体何になるんだい いったい
       主役にスポットを当てるべきだよ
       そう 永遠のライバルにして
       ”僕の中の主役” 燃堂君にね」 ―灰呂杵志

「わーったよ!…で、何すんだ?」
「いや~昨日はオレらの関係がバレっとこだったな~」 ―燃堂力


概要

燃灰とは、漫画及びアニメ『斉木楠雄のΨ難』の登場人物である、燃堂力灰呂杵志の♂×♂二次創作カップリングである。
ガチムチ体型同士のカップルでもある。
身長差は20cm、体重差は21キロ。

まずは主な燃灰についての事実関係の一部を、単行本収録巻数、χごとに抜粋して記載する。
アニメ未収録χもあるので、アニメ版のみ視聴者にはネタバレになる事を注意したい。


燃堂と灰呂について


1巻

 第6χ、7χ 「熱血!ドッヂボール(前後編)」
灰呂の初登場χである。この時点では、斉木の方が(実際に好感度メーターによって数値化されているのが100なので)好感度が高いと言えるだろう。あの時点で燃堂の好感度は通常より高いとは思われるが、100以上であることは考えにくい。

2巻

 第12χ 「ビーチΨド 夏物語」
二回目の灰呂登場χである。公式において灰呂が燃堂に惚れた事が具体的な彼の心の声と共に明確になったχである。でおぼれかけていた自分含め三人を(斉木の助力はあるが)助けた燃堂に「燃堂力…君のその生きざまに惚れたよ!!」と涙を流しながら惚れた。

4巻

 第34χ「うるΨお正月(前編)」
灰呂が神社での願い事をした際に現れた相手が燃堂であった。これは斉木も関与してないものであり、二人の自然的な引き寄せによって起こったものである。灰呂自身もこの事に対しては、「強敵と書いて友と読む」「男は燃堂君と言う訳か…!!」とはっきりと好敵手である事を自覚している。

5巻

 第42χ「Ψを振れ!波乱の期末テスト」
留年の危機に立たされた燃堂が、期末テストにて万年ビリ(海藤発言)から90位まで順位を上げたことに関して(実際は燃堂の父親の助力があるがそれを認知できたのは斉木のみ)、36ページ4コマ目で頬を赤らめながら「前回からこんなに上がるなんて!」「僕尊敬しちゃうよ!」と素直に称賛している。

9巻

 第86χ 「ランナーズΨ!」
スポーツテストχでは(ずるをして)勝ったと言っていたが、実は負けていたと自認していることが伺える(「スポーツテストの借りは返させてもらう」から)
そして灰呂の全力疾走に自販機で飲み物を買ったり両手をポケットに突っ込みながらだったり、後ろ走りで息を切らさず、汗もかかずに余裕で追い抜く余地のある燃堂に圧倒的な身体能力の差を見せつけられ、「僕の負けだ…」と屈した、と思いきや再び小学生レベルのずるをして勝ちをもぎ取りに行った。

11巻

 第110χ「夏休み真っΨ中!テニス部合宿編」
灰呂は燃堂を斉木より先に『特別招待選手』として招いている。
また、「どうですかコーチ!彼の運動神経は」、「テニスは全くの未経験ながら驚異的な~」、「いやそれ僕も言いましたよ?!何自分が才能見出したみたいに言うんですか!!」等の発言から灰呂が燃堂の事を本人の知らない所(この場合はテニス部のコーチの前)で彼を褒めていたことになる。
灰呂とモブテニス部員VS燃堂と斉木ペアでダブルス対戦を行った際は、それぞれ相方を置いて二人でラリーをしていた。また対戦中に「燃堂君…君はやはり天才だ…」 と心の中で発言している。ちなみに「燃堂君やらないかと言うセリフは後述する166χの柔道のペア決めのセリフが印象的であるが、この110χにおいて初めて発言している。
このχ以降、灰呂は燃堂との勝負においてずるをしなくなった。

13巻

 第134χ 「海藤と窪谷須のΨ疑心」
疑惑のχと呼ばれ、また燃堂と灰呂の相撲勝負によるまわし姿が拝めるマニア垂涎のχである。
全校生徒の前で幾度となく愛の告白とも取れるような発言をしたり、恋人の別れ話のような発言をしたりして、周囲をざわつかせている。また、「燃堂君やっぱりコーチに頼み込むからウチの部に入らないか?」と熱心に燃堂を自分の部活を勧誘している。
「君が欲しいんだ燃堂君」「共に汗を流そう!!歓ゲイするよ!!」等の一直線の好意が向けられている。
更に心の中で灰呂は『良い身体だ燃堂君…やはり君が欲しい…』と斉木も疑いたくなるような事も思っている。
270ページ、271ページはほぼ全てのコマで「裸になって絡み合い、肌と肌をぶつけ合」っている。海藤と窪谷須から見てもそれっぽいらしく「おい何だこれは?!今何の時間なんだ?!」「こんなのジャンプに載せられないぞ」と困惑していた。
最後から二コマ目で灰呂が燃堂の体を触りながら「アゲインだ!」といってまわしが外れるシーンがあるが、それを見た海藤と窪谷須は絶叫し、斉木はグレーソーン認定した。

おまけリサイクル漫画

灰呂の口調が女言葉ではあるものの、この二人は実は付き合っていると言う裏話的なおまけ漫画がこのχの直後に掲載されている。

蛇足だが、アニメ未収録である。二期があるのならば是非やってほしいχである。

14巻

 第145χ「リΨクル!ゴミ拾い大会」
モノローグにて『元々若く体力のある2人』とされている様に、体育会系二人のくくりとして協力してゴミ拾いに貢献する姿が描かれている。

16巻

 第166χ「隠されたΨ能を見出されるな!」
燃堂と灰呂と松崎先生が表立って一堂に会するゴリラ好き歓喜のχである。
科目は柔道柔道と言えば寝技、後はお察しください
二人組に分かれて準備運動をする際も灰呂は燃堂を相手に選んでいる。「燃堂君やらないか」二度目の発言はここである。斉木に対しては慢心とも取れる発言をした後(斉木は本気のほの字すら無いのであるが)燃堂が一コマできれいな一本を取り、その慢心を見事に打ち砕いている。

19巻

『斉木楠雄のΨ難』番外編4コマ「海藤瞬の闇の世Ψ」
普段ゲームをしない灰呂が燃堂がやっているゲームに関心を持ち、同じものを購入し、更にクリアまでやりこんでいる。更に海藤が知らなかったゲームを二人が知っていると言う事は、二人の間に私的な会話が交わされたと言う事の裏付けになる。また遊びに行く約束まで取り付けている。映画、呉服店での灰呂は目下燃堂しか見ていなかった。灰呂が燃堂に運動関連以外で積極的に絡みに行く場面が描写されている。

24巻

第261χ「Ψ虎芽斗吏の勝利の方程式」
体育の授業、バスケットボールの話で、灰呂はの代わりに(除毛済の)を披露しているχである。
 まず、このχで灰呂が選手能力を分析している才虎、窪谷須の評価を挙げる。
窪谷須と才虎には(実力が均等にならないとして灰呂が燃堂と別チームになる口実として)「窪谷須君もいますし…」と言う発言、才虎のバスケのプレイングをみて、「君の実力自体は大した事ない」「窪谷須君も冷静であればあんなに簡単に負けなかったはず」と発言していることから、窪谷須は一定の選手能力を持つとし、その実力は平静下の万全な状態で才虎と戦って同等であると分析している。才虎の実力を「大した事ない」と明言していることから、この二人は灰呂自身より選手能力は低い位置で、なおかつ同程度の能力であると灰呂が認識していることが分かる。
 次に燃堂に対しての評価が分かるこのχのみの発言を取り上げる。
「今日こそは燃堂君に勝つ…!!」、(燃堂と一緒のチームになって対戦できなくなった状況に置かれた灰呂は必死の形相で)「このチーム分けは納得いきません!!僕と燃堂君は分けるべきかと!」これらの発言は、灰呂の最初期から貫かれているライバル心であるが、勝つぞと勇んでいることは現状負け続けていることを認めている発言である。単純な基礎技能の時点で、灰呂は燃堂を自分より上であると評価し他選手と明確に区別している。また、灰呂が才虎と対戦する理由も「早い所大差をつけて組み合わせを考え直して」もらい、燃堂と対戦するためである。それほどまでに灰呂は燃堂しか目に入っていないと言える。
 余談だが、灰呂に「チーム変えてよ変えてよ」だだっこ攻撃されまくった松崎先生が困っているコマがあるが、かわいい。松崎先生が。
 更に(灰呂のチームに欠員が出て、灰呂自身もそう認識する圧倒的不利な状況に追い込まれた直後)「こっちには燃堂君がいる!」「5対4でも負けはしない!!」と発言している。これらには灰呂の分析や推察は含まれていない。これまで幾度となく戦ってきた燃堂を、仲間として共闘する際には無条件に肯定しその能力を頼りにしている。連載当初からライバルと認識し戦ってきた経験と、そこから灰呂が知った燃堂の類まれなる運動センスと実力に裏打ちされた上で積み重なった確かな信頼の表れであると言えるだろう。

しかしその後燃堂の弱点である頭の弱さを狙われ、負けてしまった。

第262χ「イジメ救Ψ!井口先生」
261χで燃堂と勝負が出来なかった灰呂は後日、昼休みに燃堂を誘い体育館でバスケをする。
体育館には4人で入って行くが、灰呂が燃堂にしか話していないこと、バスケを始めようとするコマで灰呂はネクタイを外し、燃堂は上着を脱ぐが、他二人は服装に何らの変化もないこと、その後のバスケ勝負にも燃堂と灰呂以外は描写されていないことから、「邪魔が入らないよう」と言う言葉がかかるものは「燃堂と灰呂の1on1であり、また「邪魔」と言うのは、燃堂を除くすべての人間を指し{海藤と窪谷須はその場にいたが、134χでそうであったように、絶対に入ってこないと分かっていた(実際にその二人は勝負に参加していない)か、バスケ勝負を始める段階では、そもそも視界に入っていない可能性が非常に高い}ており、灰呂は燃堂との勝負を邪魔されたくないが為に体育館の扉に鍵をかけさえする、と言う事実が露呈する。

 また、灰呂が燃堂に本気で迫った際に、汗を掻いて弁解すると言う灰呂によって燃堂の感情に何かしらの影響を与える描写が見受けられた。
更に燃堂が灰呂と勝負できなかった事を残念がっていたと言う文言
も見受けられた。
これらの描写はこれまではほぼ一方的に灰呂から燃堂に向けられていたライバル心、積極性が燃堂の方にも芽生え始めたと捉えることが可能である。
少しずつではあるが、着実に燃堂が灰呂を意識し始めていっていると言えよう。

26巻

第277χ「見どころ満Ψ!忍舞観光!」
二人乗りの手漕ぎボートに燃堂と灰呂が一緒に乗っている。(本誌P.296 5コマ目)
 燃堂と灰呂のボートの右側で海藤のボートが沈み、灰呂が飛び込んでいるコマ。その位置関係から2人用のボートに燃堂と灰呂が一緒に乗っていたと断定できる。斉木と照橋さんも一緒に乗っているので、斉照デートとみなすならば必然的に燃灰もデートになると思われる。

・燃堂に宿泊施設の予約を任せる灰呂
 灰呂個人で誰かを選択する状況になると燃堂を選ぶと言う事が分かる。これは、スポーツ関係のパートナーを選択する時にはたびたび見られる光景である。(110χで『特別選手枠』として燃堂を招待する、166χで柔道のストレッチ相手に燃堂を選ぶ)しかし、この場合はスポーツとは全く関係ないにもかかわらず、燃堂に予約を頼んでいる。261χにおいてスポーツマンとしての信頼についてのべたが、この行動により灰呂は燃堂に対してスポーツ関連以外の場面でも(少なくとも他の主要キャラよりは)信頼を置いているといえるだろう。しかし、燃堂に頼んで失敗することは灰呂も予測の範疇内だと思われることから、厳密にいうと信頼を置いているというよりは信頼を置きたいと望んでいるという表現の方が近い。

 他にも、ゲームセンターで燃堂の取ったぬいぐるみと同じものを必死に負けじと取ろうとする灰呂の姿やスカイダイビングで旅行者全員で輪になる際、燃堂と灰呂は隣であった等の小ネタがある。

第278χ 「Ψ悪の天Ψから世界を救Ψせよ!」
忍舞旅行2日目の日中散策で、窪谷須と海藤が並んで歩く姿と対比して燃堂と灰呂が二人で先に先頭を歩くコマがある。(本誌P.111 3コマ目)

Ψ終χ(279χ)「斉木楠雄のΨ後」
斉木が自身の能力について頑なに黙秘するシーンで、燃堂、灰呂、夢原がそれぞれ自らの思いを述べていく。灰呂は燃堂の後に続いて、燃堂に向かって話すように「隠し事は相手を信頼していないからするだけじゃない」「相手の為…相手の事を思って隠すって事もある」自身の想いを伝えた。

原作その他

初対面の級友に二言目には既に燃堂の話を持ち出してきたり(66χ67ページ5コマ目)、
ハロウィンパーティーでまだ来てない燃堂の事を真っ先に聞いたり(120χ)、
カラオケ会で燃堂が歌う番になって自然と笑顔になっているあたり(96χ94ページ5コマ目)、
作中で一コマも登場していなかったにもかかわらず、翌日(次のχ)には燃堂が野球の試合に出ていたことを知っていたり(202χ)、灰呂の燃堂への熱の入れようが伺える。

超能力エクサΨズ3 5周年記念 第16χ 4コマ漫画
・灰呂が燃堂をランニングに誘う話
燃堂は面倒くさがっていやだと言って走り去ろうとするが、灰呂はあきらめない。
嫌がる人間には強要しない灰呂だが、燃堂だけは別である。無理にでも付き合ってくれと自信のわがままとも取れる行動を燃堂に行う。それほどまでに異様に執着、結局指定した距離より長い距離を二人で走っている。
有無を言わさず既成事実を作るという燃堂に対する押しの強さが表れている。
さらにこの場合は灰呂が情熱を燃やしている”対決”ではない点も注目すべき点である。
11巻110χや、14巻144χ、19巻の4コマ漫画でも見受けられたように、灰呂は一対一の勝負以外に燃堂と一緒に何かをする、と言う事にも大変積極的な姿勢をとっている。
原作の高校生キャラ中でも特に忙しく、また早寝であるため時間的余裕の無い灰呂が自発的に、共に同じ時間を長く過ごしたいと、ここまで強く思う人物は燃堂を置いて他には誰一人としておらず、この事は燃灰にとって、また灰呂自身にとっても重要な構成要素である。

超能力エクサΨズ3 5周年記念 第27χ
灰呂杵志の誕生日特集
灰呂のセリフ「僕みたいなのを特集して一体何になるんだい いったい
       主役にスポットを当てるべきだよ
       そう 永遠のライバルにして
       ”僕の中の主役” 燃堂君にね」(原文ママ)
永遠のライバルにして僕の中の主役と言う様にあえて分けて発言していることから、灰呂は燃堂に対してライバルの意味合いの感情だけでなく、主役と表現するに値するまた別の特筆すべき感情を持ち合わせていると言う事になる。

 第273χ「休み明けのΨ難」
灰呂がボディービルダーを目指しバルク化、燃堂は正月太りで肥満化する超マニアックなχ
体型変化フェチの為の伝説のχである。その節は大変お世話になりました

原作以外の公式メディアによるもの


実写映画『斉木楠雄のΨ難』

原作86χを元ネタにしたマラソン大会のシーンがある。勝負に負けた灰呂は燃堂のモノ挿入された。

携帯ゲームアプリ『斉木楠雄のΨ難 妄想暴走Ψキックバトル!』

恒常☆3 ネバーギブアップ!! 灰呂杵志 青春スパーク 『熱々ライバル!?灰呂VS燃堂』
 原作86χの後日談のような会話で、二人の親密性をあらわす内容である。勝負が終わった後に毎回二人でお汁粉缶コーンポタージュスープ缶の飲みまわしをしている。直接的に言ってしまえば二人は毎回間接キスをしていると言う事になる。

定期期間開催ミニイベント 「猛特訓!!経験値アップクエスト!!」
 各キャラの願望や欲望で構築されている妄想世界の中で灰呂は自分の他にはまわし姿の燃堂しか出てこないステージを作り上げている。
経験値アップクエストや灰呂の妄想世界のボスステージで敵キャラとして出てくる相撲燃堂のキャラ説明欄には「灰呂の妄想の産物」で「灰呂の熱気に煽られて相撲を取りたくなった」とある。
相撲!?暑くなってきたしちょうどいいべ?」

2018/08/31~09/07期間限定配信『海賊シリーズ』
☆4 あてなき大冒険 燃堂力
キャラ詳細より「灰呂にやたら絡まれる」
☆4 キャプテン・ファイア 灰呂杵志
キャラ詳細より「特にケツアゴの海賊には並々ならぬ闘志を燃やしている」

・上記キャラの各シナリオ
『幻のトレジャーハンティング!?』(燃堂シナリオ)
相卜の提案により、燃堂と灰呂が腕相撲勝負をすることに、その名も「力自慢頂上決戦」
斉木も『これは完全に灰呂と燃堂のパートだな 僕はパスするぞ』と言うほどの二人の世界であった。
腕相撲なのに「すべてを脱ぎ捨てて全身全霊で僕にぶつかって来てくれ!!!」と燃堂に脱衣を促している。勝負は灰呂が全身全霊を上腕二頭筋に注いで挑むもその間燃堂はをこく余裕がある。
勝負は燃堂が途中でリタイアし灰呂は「引き分け」と判断した。
その後宝探しの航海にでることになるが、ここでも灰呂は「絶対に宝を見つけるまでは返さないからね!!」と無自覚燃堂束縛宣言をしていた。


『宿敵!?バイキング対決!』(灰呂シナリオ)
燃堂の勘違いをきっかけに灰呂と燃堂は大食い対決をする。大食い対決なのに「さぁ!全てを脱ぎ捨てて意識を胃袋のみに集中させるんだっ!!」と燃堂に脱衣を…以下略。どんだけ裸が見たいんだ。肝心の勝負は出だしから”大喰らいの燃ちゃん”の異名を持つ燃堂が優勢である。
スポーツ関連の勝負じゃないことを斉木に指摘されるとはいろは「違うよ!勝負にジャンルなんて関係ないんだ!!」(その先にすばらしいライバルが居るとなれば余計にねっ!!!)と熱い心中をあらわにする。しかし大差をつけられた灰呂はやはりと言うか案の定と言うかずるをしてしまう。
そして燃堂がそれにひっかかり、ギブアップを宣言すると、周りにいた子供たちに料理(海賊ラーメン)を食べさせてやってくれと言う。燃堂は最初から勝負ではなく、灰呂と一緒にご飯を食べること自体を楽しんでおり、ずるしたことには一切触れず灰呂に「あんがとよ灰呂 めちゃくそ楽しかったぜ」とお礼を言う。
それを聞いた灰呂は改めて感服し「燃堂…君… 君ってやつは……どこまでも僕をにする気だな!」
れ直していた。

☆4 マスカラ・ラーメン 燃堂力

『激闘!ラーメン仮面』
覆面レスラーに扮した燃堂は、顎が丸出しなので他のキャラは一発で燃堂と見抜くが、灰呂はあくまでラーメン仮面として接する。正確に言うと、燃堂だと全く気づかない。
しかし気づかないのにたまたま通りすがっただけで出来る男と判断し勝負を申し込む所は流石の燃堂センサーの持ち主である。また勝負の最中に「圧倒的な強さだ!フィジカルの強さも燃堂君を思い出させる!」、「謎のラーメン仮面…驚くほどのガッツだ 燃堂くんとの勝負を思い出す」等事あるごとに燃堂の事を思い出している。(本人なのだから当たり前ではあるが)別の男とやってる最中にも燃堂を思い出すとは自主規制
しかし勝負は凶器を持ったひったくりの登場で中断(3戦目で中断その前の2戦ともラーメン仮面が勝利している)、マスカラ・ラーメンは迷いもせずプロレス技を駆使してひったくりを見事成敗する。灰呂はその華麗さに圧倒され実況者になった。(このシナリオの灰呂は燃堂の出すプロレス技を見事に実況仕切る程度にはプロレス好きである)
そしてラーメン仮面のひったくり退治を一部始終灰呂見届けた灰呂は「燃堂君に負けて以来だな こんなさわやかな気持ちで敗北を受け入れられるのは」と言い、「僕がさらにガッツを磨いた暁には再戦してくれるかい?」と再度の対戦を約束する。マスカラ・ラーメンも快くそれを受け入れた。

 燃堂以外に器の大きい男の中の男がいることに喜びを隠せない灰呂だったが、その男も正体は燃堂である。正体を知らないまま同じ男にれると言う点が、灰呂がいかに燃堂に対して熱い想いを抱いているかを表している。


まとめ

以上が現時点(2019/03/07/全26巻)における原作、公式メディアの燃堂と灰呂の主な関係点である。
全巻を通して万遍なく絡みがある。また、
普段は平等で博愛精神の持ち主の灰呂が燃堂に対してだけはズルをしたり、本気になったりと普通の高校生らしくなると言うのも特筆すべき点である。
邂逅→①男として惚れる→②ライバルとして認識する→③努力に対して尊敬の念を抱く→④共に過ごす時間が増える→⑤超えたい相手(自分が実力で敵わない)として認識する→⑥燃堂の体を欲する→⑦プライベートな遊びに誘う、燃堂が関心のあるものに興味を抱く
と言う一連の関係の進展を読み取ることが出来る。
更に最近では燃堂からも灰呂を意識する描写も見られるようになった。
また、19巻~終盤にかけてスポーツ関係以外にも一緒にいる場面も少しづつ多くなっている。
特にΨ終χで灰呂が燃堂に言ったセリフは印象的である。

以上の事を踏まえると、二次創作における燃灰の基本的なスタンスは燃←灰で、灰呂の積極的なアプローチに燃堂がさりげなく、しかし確実に灰呂の気持ちに応えると言ったものが多い。一方で予測不能なので応えないこともあり、CPとして見た時の発展速度はかなり遅めであると言える。


表記揺れ

灰燃、灰燃灰

関連記事

斉木楠雄のΨ難 燃堂力 灰呂杵志
斉Ψ【腐】

関連記事

親記事

斉Ψ【腐】 さいさいふむけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「燃灰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132831

コメント