ピクシブ百科事典

概要

鎌倉時代の初期、古青江派の刀工・為次によって作られた太刀である。
刃渡り78.8cmで強い反りを特徴とする、鎌倉時代初期の刀剣の特徴をよく残している。
所用者は岩国吉川家の祖・吉香小次郎こと吉川友兼である。
彼が駿河国狐ヶ崎(現在の静岡県静岡市清水区)で、梶原景時一族を討伐したことから、この太刀は「狐ヶ崎」と名付けられたと伝わっている。
その後は吉川家の家宝として代々受け継がれ、現在は岩国市にある吉川史料館に所蔵され、国宝にも指定されている。

関連タグ

太刀
狐ヶ崎為次(天華百剣)天華百剣に登場する巫剣

関連記事

親記事

太刀 たち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「狐ヶ崎為次」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23803

コメント