ピクシブ百科事典

王子(千年戦争アイギス)

せんねんせんそうあいぎすのしゅじんこう

DMMのブラウザゲーム、「千年戦争アイギス」及び「千年戦争アイギスR」に登場するキャラクター 同ゲームの主人公。 また同ゲームをプレイしている人の通称でもある。
目次[非表示]

概要

千年戦争アイギスにおいて、プレイヤーの分身となるキャラクター。
とある王国の王子であり、彼の王国が魔物に襲われ仲間と共に逃げ延びたところから物語は始まる。

その後、女神アイギスの神殿にてアイギスの力添えと、女神の力で召喚された仲間たちと共に王国の奪還を目指すのが大まかなストーリー。

その後は新たな魔物の驚異に対抗するためや、助けを求めに来た人々を救うために、仲間たちと各地へ遠征を繰り返す日々を送っている。(この辺は期間限定イベントのストーリー)

人物像

容姿

イラストでは目が髪で隠れており、王子らしい風貌をしているものの、豪華に飾り立てるような装飾は身につけていない。まさに亡国の王子といったところか。

目が隠れたビジュアルと相まって、その様は古いギャルゲの主人公のよう。
(メイン画像のような立ち絵)

あまり意識されることはないが、イラストでは左手で剣を持っている。覚醒しても左手に剣、右手に盾のスタイルをとっている。

一部キャラクターのイベントでは「体に戦いでついた傷がたくさんある」ということが言及されている。

性格

寡黙な性格で、彼が話す時はほぼ一言だけか「……」で表記されるだけ。ステータス画面のセリフもこれである。

好感度や信頼度のイベントシーンは彼の目線で語られ、鍵括弧のついたセリフこそないものの地の文としては意外と喋る男だったりする。

戦場では自分から喋ることは滅多にないが、彼の側近であるアンナとは意思疎通ができているようで、イベントではだいたい彼女やほかのキャラクターが説明してくれることが多い。
全く無反応というわけではなく、一応首を振る等のある程度のジェスチャーで意思疎通を図ることはあるようで、時折彼のアイコンの顔グラとメッセージ(「・・・・・。」だけだが)が出ることも。
が、人の頼みを断らない性分なのか、他人からのお願いをいつも首振り1つで了承している様子。(ゲームの都合もあるが)イベントなどではステージ開始時の会話で部下や仲間達からの模擬戦の相手をお願いされるというものが多い。

性格は上記のとおり寡黙だが、人を思いやる優しい心を持ち、人々を傷つけ虐げる者をよしとしない。
激しい怒りを覚えたときは敵と見なしたものに自ら宣戦布告をする(自分から喋る)一面も持つ。

基本的に来るもの拒まずの姿勢なので、協力を申し出たり改心した人たちを快く受け入れており、他国からの協力要請にも応じている。そのため種族国籍関係なく多くの人が協力者となってくれている。
時には魔物や妖怪達にすら手を差し伸べ、それゆえにあらゆる人々から厚い人望を寄せられている。

彼はかつて存在した英雄の末裔であり、それも彼のカリスマを強くするのに一役かっている。

しかし人間達に敵対する存在には強く意識されており、王子、ひいては王国の存在は「野望達成のための最大の障害」と認識されている。
勢力によっては王子並びに王国の壊滅を目的とする勢力もいる。

そういった様々な敵を相手に、今日も王子は仲間たちとともに剣を取り、世界の平和のために戦場へ赴くのだ。

期間限定イベントの緊急ミッション「時をかける魔女」では、まだ王国が滅びる前の幼い王子が登場する。小さな王冠をかぶったそれらしい容姿で、どうやらこの頃から髪で目は隠れ、無口で反応の薄い子だったようだ。
しかし城に遊びに来ていた幼いアンナを逃がしてあげたり、襲ってきたデーモンに対して木製の剣で立ち向かおうとしたり、きちんと頭を下げてお礼をするところなど、この頃から今の王子らしい勇敢で正義感のある子供だったようだ。

緊急ミッションでは初期配置としてこの子供王子が配置されているミッションがあり、貧弱なステータスを持つ(レベル1で超低ステータス、スキル無し)彼を守りつつ、防衛、殲滅しなければならない。

寝室(R18版)では

基本的にはそんなお人好しの彼だが、R18版では寝室という要素があり、主に自分の寝室を舞台に積極的に部下や協力者の女性達と仲を深めていたりする。
好意を寄せられた女性からであったり、自分からアプローチして好関係になったり様々。

時々理性のブレーキが効かなくなる悪い癖があるようで、寝室に呼びつける以外に会話や訓練の最中にふたりっきりなのをいいことに、その場でちょっかいをかけだしたり、時に強引なやり方やSM紛いの行為、意地悪なお願いをするときもある。
が、行為中に靡かせてしまったり、本人が本当に嫌という意思表示をすると素直に手を引いてフォローしたり、終わったあとには最低限のアフターケアをするほどの心得は持っている。そのためか問題は起きていないようである。
また、彼自身女の子に強引にされるときもあるが、本人はそれについては特に気にしていない様子。
実績と王子たる身分故か多数の女性と関係を持つことは極一部にしか咎められたことがない。(というかゲーム中で言及そのものがない。おそらく一般版との兼ね合いか)
これもカリスマの成せる技か。

この寝室シーンの際、3D系エロゲーではよく見られる竿役の表現なのだが半透明だったり半透明じゃなかったりする青い男として描かれることが多く、それに伴うネタも存在する。(もちろん王子の顔が描かれることはない。青くないときもある)

王子のこのドSっぽい性格は寝室でしか見ることがなく、普段は温厚な良心ある王子である。
また、SMといってもムチ打ちや拷問のような行いをすることはなく、焦らしたり軽く縛ったり大人のおもちゃで弄ぶ程度。
ハードな流血表現や陵辱等はない。
一応キャラによっては破瓜による軽い流血表現があるので注意。

一般版では女性と甘いひとときを楽しんだり、訓練に付き合ったりしている様子が描かれている。
男性相手の場合は、酒場で呑み相手の過去の話を聞いたり、これからの決意を語り合ったりしている様子。

女性の場合、花束や宝石をプレゼントし、男性の場合はお酒(ビールやワイン)で乾杯している。
ちなみにお酒が飲めない人も居るが、信頼度はちゃんと上昇する。

現在の一部女性ユニットは覚醒後に専用の「交流クエスト」が解放されるようになり、これをクリアすることで、新たなイベントを見ることができる。

戦闘能力

一般交流などにおいてはなんとレアリティブラックのキャラをも打ち負かす剣の腕前を持つ。
実戦においては、軍の指揮や後述の「士気高揚」にリソースを割いていると思われる。

通常の戦闘ユニットとしての王子

ユニットとしてのキャラクター名はそのままプレイヤーの名前が使われる。
王子という専用の近接クラスで、ブロック数1、基本出撃コストは10。
王子は編成から外すことができず、合成や引退もできない。(キャラクター保護がかかっていて外せない)信頼度ボーナスや合成によるレベルアップもない。
その代わり、ステータス(攻撃、防御、HP)はプレイヤーのレベルに応じて上がっていく。
初期は頼りないステータスだが、固有のスキル「士気高揚」によって戦場にいる間は出撃中の味方の能力(HP、攻撃、防御)が上昇する
戦場にいる間なので、自分から撤退させたり敵にやられたりするとその時点で効果が消失する。
その代わりに効果時間がほぼ無限で効果は場にいる味方キャラクター全員(一部除く)に適用される。
また、レベルアップで称号が手に入り、それを設定することでHPを上昇させたり、味方能力上昇の効果を底上げしたりできる。
ステータスはプレイヤーレベル99で限界を迎える。
プレイヤーレベル自体は100以上あげることができ、以降ランク125・150・175・200到達時にステータスが補強される。
ユニットとしてはレベルを上げていくと最終的にはレアリティプラチナに匹敵するほどの能力を獲得する。
また、編成に政務官アンナが居ると王子のコストが下がり、彼女を王子のそばに配置すると王子の能力が上昇する。詳しくは政務官アンナの記事を参照。
種族は「人間」で男性なので「女性限定」などの制限がつくミッションでは出撃することができない。(編成には入っている)
また、出撃数制限には引っかからないので、5人以下でクリア等の条件の場合王子を除いた5人編成でOK。
逆に他のキャラクターの「男性」「近接クラス」「王子」といったものを対象とするバフは、条件を満たせば恩恵を受けることができる。

覚醒『神器の継承者』

特定のストーリーミッションをクリアすることで手に入る称号「神器の継承者」により覚醒が可能になった。
称号を付け替えた段階でユニットが覚醒仕様に変化し、他の称号に付け替えることで元に戻すこともできる。
コストが倍以上になるが、各種性能が劇的に向上し、魔法耐性の獲得、ブロック数の増加、新たなスキルの獲得など、レアリティブラックに匹敵する高性能ユニットと化す。
士気高揚もアビリティ「戦意高揚」として依然効果を発揮し、通常の王子とは他キャラのバフとの競合に細かいところで影響を及ぼしたりする。

更に魔界ステージではこの状態の王子を配置した場合王子を配置中は配置している全てのユニットが魔界の影響を受けなくなる。
魔界ステージでは魔界に適応している一部ユニットを除いて全ての味方ユニットの攻撃力&防御力半減という厳しいペナルティがあり、そんな状態では雑魚敵ですら苦戦を強いられ、強敵相手では成す術もなく蹴散らされるだけなのでそれを解消する為には欠かせない。

新たに獲得したスキル、「アイギスの神器」は30秒間攻撃と防御を3倍に、更に50%の確率で自分への攻撃を無効化するという強力なスキル。
ゲームデータ上はレアリティブラック扱い(ユニット確認画面でレアリティ順に並べると解る)なので配置後1秒でこのスキルを使うこともできる。
デメリットとして、使用後は麻痺して一定時間動けなくなってしまう。攻撃はおろか、ブロックもできなくなるので注意しなければならない。
逆に言えば、この強力なスキルを使ってもなお倒しきれないような強敵から一旦逃れられる。そういう意味においては一概にデメリットと言えない部分もある。

容姿も変化し、金色と水晶の装飾が施された白銀の鎧を身に纏って新たな剣と盾を携える。作中ではこれが女神アイギスの神器だと言われている。
相変わらず目は隠れて見えないが、目が見えなくともイケメンとわかるような格好良い姿になった。
ちなみに水晶の装飾は赤いものと青いものがあるが、これがゲーム中に登場するアイテムに似ており、これを使ったものではないかと一部で噂されている。

女神の神器を身に纏い、仲間達の力を借りて、戦友と共に強敵と対峙するその姿はまさに英雄と呼ぶに相応しい姿である。

覚醒『神殺しの英雄』

緊急ミッション「神殺しの聖槍」クリアで手に入る称号「神殺しの英雄」を装備することで変化。
無数の神器を周囲に漂わせた、まるで超能力者のようなスタイルになり、武器は剣から三鈷杵のような道具になる。

コストは「神器の継承者」からさらに4重くなっており、HPや防御力もやや低下しているが、その代わりに攻撃力はさらに上昇、その上プリンセスと同じ「敵の防御力を無視する(攻撃の魔法化)」能力を持っており、物理に堅い相手に刺さる。
ブロック数は通常王子と同じ1だが、逆に言えば過剰な敵を抱え込むことがないため生存力は高い。

スキルは「ケラウノスの神器」。
15秒間攻撃力が2倍になり、さらに長射程化、雷を落として射程内の敵5体までを同時攻撃可能になる。
もちろんこれも防御力を無視する魔法攻撃であり、やはり配置後1秒で即発動することができ、瞬く間に敵の軍勢を瓦解させる。
殲滅力が高く非常に強力だが、やはり使用後は麻痺してしまうため、使いどころはよく考えよう。
アビリティは神器の継承者と同じく「戦意高揚」。

「神器の継承者」がバランス型王子ならこちらはさしずめ攻撃特化王子と言ったところ。
なお、魔界耐性は同様に持っている。

ちなみに該当クエストは「クリアするだけなら」比較的難易度は低く設定されており、称号ゲットはそこまで難しくない。
また当クエストはイベントクエストであるが、定期的に復刻開催されるようであり、どうやら「神器の継承者」を獲得できず時々ある魔界を舞台にしたイベントクエストに苦戦している王子への救済措置という側面もあるようである。

覚醒『英雄王を継ぐ者』

緊急ミッション『英雄王を継ぐ者』の特定のMAPクリアで称号を獲得することができ、『英雄王を継ぐ者』に変更することで使用可能。
きらびやかな鎧を身に纏い、豪奢な椅子に腰をかけ、周囲には花をあしらったマントを無遠慮に広げている。
その輝かしさと神々しさとは別に何処か儚げな雰囲気を感じさせ、まさに芸術的な美しさを醸し出す。

使用感はエンジェルに近いといったところ。
スキル未使用時は0ブロックのユニットであり、椅子に座りっぱなしで何もしてくれない。
しかし、その分味方全体に与えるバフ効果は凄まじく、アビリティの配置バフは攻防20%、さらに編成バフでHP20%を増加させる。

スキルは『救世の剣』。
30秒間攻撃と防御が2倍になり、ブロック1で周囲の敵に遠距離物理攻撃を行う。
その圧倒的な殲滅力で敵の軍勢を消し飛ばし、味方の活路を切り開いてくれる。
さらにクラス特性の『配置している味方1体につき自身の攻撃防御+5%(最大10体)』も加えれば、まさに殲滅兵器と化す。
そんな破格の性能とは裏腹に、味方全員もスキルを使ってしまうという最大のデメリットがあり、意図せず暴発させるリスクを背負っている。
戦略を綿密に構築することで、一斉攻撃のトリガーとして活用できなくもないが、初見MAPではまず使えないだろう。

また、魔界の影響に対する耐性を持っている。
ただし、神器持ちとは違って全ユニットに効果が適用されないため注意。

覚醒『神を討つ意志』

緊急ミッション『新たなる千年戦争』の前半特定MAPをクリアすることで開放される。
王子が手にする神槍グングニルは、かつてケラウノスを滅ぼすために一役買ったものであり、ちょっとした建造物サイズの代物だったが、紆余曲折を経て人の手で扱えるサイズにまで調整したものである。
服装も全体的に刺々しくなり、所々に神槍のデザインを受け継いだ装飾が施され、まさに全身を刃と成した印象を帯びる。

文字通り『神を討つ』ことに特化した性能であり、クラス特性の神特効1.5倍ダメージや、スキル中範囲内の神弱体化のアビリティを持つ。
反面、全体単体ともに魔界耐性を持っていない。

pixivでの王子

pixivでは他のキャラクターとともに描かれているイラストがいくつかあるが、大抵はそのキャラクターのタグがつけられており、このタグが使われることは少ない。
王子=プレイヤーなので、他のDMMゲーのプレイヤー的存在と同じく容姿や性格等はある程度書き手が補完することも多く、目が見えるように描かれていたり、優しい性格の時もあれば寝室の時のような若干サディスティックな性格の時もある。
概ね容姿については覚醒前の容姿を基準に描かれることが多い。

小説版王子

小説「千年戦争アイギス 月下の花嫁」に登場する王子。基本的な設定はゲームと同じである。
本名はアーサー・ペンドラゴン21世。婚約者は東の国のプリンセス月姫カグヤ
正義感と優しさに溢れる少年だがお人好しで世間知らずな面もある。
女性にはモテるが本人はヘタレ童貞もとい貞操観念が強く奥手。そのためゲーム版王子とは受ける印象がかなり異なる。

関連記事

親記事

千年戦争アイギス せんねんせんそうあいぎす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「王子(千年戦争アイギス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 203354

コメント