ピクシブ百科事典

疫痢

えきり

2歳から6歳くらいまでの幼児で稀にみられる、細菌性赤痢の劇症型。
目次[非表示]

概要

2歳から6歳くらいまでの幼児で稀にみられる、細菌性赤痢の劇症型。
日本でも高度経済成長期前までは時々発生しており、疾風(はやて)と呼ばれ恐れられていた。

なぜ幼児赤痢菌に感染すると疫痢になることがあるのかは、未だに原因不明である。現在、日本では疫痢の発生は報告されていない。

症状

初期には、水のような下痢激しい腹痛嘔吐といった、通常の赤痢でも見られる典型的な胃腸炎症状で始まる。
下痢血便になることもあり、しばしば38度以上の高熱を伴う。

疫痢は胃腸炎にとどまらず、急激に進行し、心臓神経などにもダメージを与える
血圧低下が冷たくなる顔面蒼白けいれん昏睡などがあらわれ、やがて多臓器不全を起こす。
早急に治療しなければ、短期間のうちに死亡することが多い。

余談

現在、日本では疫痢は発生していないとされているが、腸管出血性大腸菌O157が引き起こす溶血性尿毒症症候群HUSが「疫痢の再来ではないか」という説もある。
実際、赤痢菌大腸菌生物学的には近縁種であり、また、O157が産生するベロ毒素赤痢菌が産生する志賀毒素と類似の猛毒である

関連タグ

赤痢 細菌性赤痢 赤痢菌 感染症
食中毒 経口感染症 伝染病
腸管出血性大腸菌 O157 志賀毒素
ベロ毒素 溶血性尿毒症症候群

コメント