ピクシブ百科事典

盾親子

たておやこ

この記事は『Fate/Grand Order』第六章のネタバレを含みます。
目次[非表示]

※この記事は第六章「神聖円卓領域キャメロット」のネタバレを含みます。
















概要

剣スロと愉快なカルデア


Fate/Grand Order』におけるランスロットと、マシュ・キリエライトのコンビ。

バーサーカー時の彼は人語を介せない状態にも関わらず何故かマシュ・キリエライトと意思疎通が出来ていた。これについてはマイルームでの台詞もあり、マシュが宿したサーヴァントの正体と関係があると目されていた。

そしてメインストーリー第六章「第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット」にて、セイバークラスでの彼が登場し、マシュに宿っている英霊の正体が判明したことで「息子が能力を譲渡したデミ・サーヴァントである」という関係が正式に明らかになった。

しかし元々親子仲は決して良好とは言えない。
元の英霊であるギャラハッドの生前は、ごく幼少の頃を除いてランスロットをまるで父と思っておらず、会話が発生しても「親を親とも思わない口調」で毎回トゲトゲの対応をされていたらしい。
マシュもその影響を大きく受けてしまっている事に加え、第六章で出会ったランスロットが残念なプレイボーイの側面を何度かさらした事もあって、普段のマシュ彼女から想像つかない程に辛辣な対応をする。三蔵ちゃんに「チャーミング」と言っただけで頭の病気ですかと言葉の槍をぶっ刺してくるほど(これは大事な決戦の直前にナンパしてたタイミングの悪さもあったが)。
生前「父」と呼ぶことが無かったギャラハッドと違い、マシュは「お父さん」とランスロットに呼びかける事があるが、ランスロット曰く「心の準備ができていないとショック死しかねない」との事なので、皮肉をたっぷり込めてあえてのお父さん呼びである事は想像に難くない。

最もマシュはその特殊な出自上親と呼べる存在がいないため、ランスロットは彼女にとって唯一「父」と呼べる存在でもある。一方のランスロットもどう接すれば良いかわからないものの、「娘」のマシュの事を何かと気にかけている。見方によっては「反抗期の娘と、不器用ながらも寄り添いたい父親」という関係性に見えないこともない、ようは不器用な親子である。

ちなみにバーサーカー版の彼に対してはマシュの対応が柔らかく、上述の意思疎通のほか、彼の人物像について「バーサーカーでありながら比較的温和」と評したり、キャラクエにおいても見事な連携(?)を披露している。
あくまでこれも六章以前に描かれた2人の関係性を仄めかす伏線であり、また六章後の設定での絡みが描かれていないため現在はどういう関係になっているのかは不明だが、理性を持つセイバーのランスロットのマイルーム会話の台詞はほぼ騎士王やギネヴィアの話題、主人公への忠義で占められ、ギャラハッドについては一切触れていないのに対し、バーサーカーの彼は『聖杯について』の会話で「Gala……had……」と息子の名前を出しており、狂化していながらもギャラハッドへの思いが残っていることが窺える(ちなみにセイバー版は聖杯への願いについては、ZERO時と同じく「王からの裁き」だけを願っている)。もしかしたらこの辺りの差が対応の違いとして表れているのかもしれない。

作中での二人のやりとり


第二回のネロ祭でランスロットがマシュからの評価を気にしていたり、メイヴの幕間ではメイヴの宝具に興味を示すマシュに対し、ロマンが自分がランスロットに叱られると叫んでいるなど、ランスロットがマシュのことを気にかけているのが伺える。

ハロウィン・カムバック!_超極☆大かぼちゃ村』では、女王の配下のランスロットがエリちゃんたちカルデア組の迎撃するためにトリスタンと共に現れたが、マシュを見た瞬間に即逃亡。直後に変装能力でバーサーカーの鎧姿になって戻り、自分の名前を言おうとしたトリスタンを羽交い締めにし、そのままシラを切り通した。ちなみにマシュは謎の狂戦士の姿に何故か苛立ちを抱き、隙あらば兜を外そうとしていた。

後に追加されたイベントやキャラクエなどでは、マシュがランスロットを軽蔑する際には「冷たい眼で無視」している(そしてランスロット自身も相当堪えている)ことや、密かにマシュがランスロットの異名を『湖の騎士』から『ミミズの騎士』に変えたがっていることが明かされるなど、カルデアでもかなり手厳しく接していることが描かれている。

さらに2018年5月に行われたイベント『虚月館殺人事件』では、あくまでも便宜的にランスロットの姿が当て嵌められているだけの別人である「アダムスカ・ヴァイオレット」について、主人公からの伝聞で表面的な人物像を知っただけであるにもかかわらず「確信も確証もないが、ろくでもない家長であることがにじみ出ている」と断言するなど、ある意味病的ともいえるほどの拒否反応を示している。一応弁護しておくと、アダムスカは性格的な情けなさはあるものの誠実さと家族への愛情に満ちた善人であり、むしろ致命的(文字通り)なろくでなしは「もう1人の家長」の方であった。
ただし同イベントの終盤で、教授からランスロットのイメージについて問われた際には真っ先に「ギャラハッドさんのお父さん」と答えており、曲がりなりにもマシュが彼に対して抱いている一番大きな認識は『裏切りの騎士』などの汚名ではなく『父親』であることが窺える。この辺りを見ても、やはり不器用ながらもたしかな親子関係であるといえるだろう。

2018年の水着イベント』では、ランスロットが持ち前の変装スキルでかなり様変わりしており、マシュも正体に気付いていなかった。それを良いことにマシュに対して他人のふりしてお茶に誘っていたり(タイミングが悪すぎた為相手にされていなかったが)、ガウェインやトリスタンと共に様々な女性を助けるという名目のナンパをしていたりと、マシュが冷めた視線を送るのも無理もないような残念ぶりを発揮している。
ちなみに主人公たちが円卓メンバーをモチーフにしたカオスな同人誌を売り出した時は、ランスロットは真っ先に見つけながらもマシュがいてなかなか近付けず、トリスタンに呆れられていた。

二人の関係は6章に判明するマシュの真名のネタバレに直結するため、6章クリアしてなくても参加可能なイベントでは、二人の関係はぼかした表現になっている。最も何か関係があるんだろうな程度にはわかってしまうが。


関連イラスト

あるいはこんな幸せな親子
「せんぱーい!」


親子
親子



関連タグ

Fate/GrandOrder Fateシリーズのコンビ・グループ・カップリング一覧
マシュ・キリエライト/シールダー(Fate/GrandOrder) 
バーサーカー(Fate/Zero)/ランスロット(Fate)

pixivに投稿された作品 pixivで「盾親子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8317647

コメント