ピクシブ百科事典

碧霞元君

へきかげんくん

中国神話に登場する神々の中で最も優しいとされる女神。

概要

中国神話に登場する出世・結婚、豊作、商売繫盛、病気の治癒や夫婦円満等々、幅広く人々の願いをかなえてくれるとされる女神

天仙聖母碧霞玄君(てんせんせいぼへきかげんくん)、泰山老母(たいざんろうぼ)、泰山玉女(たいざんぎょくじょ)、天仙娘々(てんせんにゃんにゃん)、天仙玉女碧霞元君(てんせんぎょくじょへきかげんくん)などといった別名で呼ばれる事もある。

中国では特に華北地方で最も信仰を集めている女神であり、『瑤池記』によれば七天女の1人であるとされる。

そのルーツは観音菩薩の生まれ変わり、泰山三郎(炳霊公)や泰山四郎の姉か妹に当たり、泰山の碧霞宮に奉られているといった様々な説が存在するが、その中でも泰山の守護神である泰山王(太山府君/東嶽大帝)の娘・玉女大仙あるいは後漢の明帝の時代の石守道の娘・玉葉との2つの説が有力とされている。

どんなに信仰心が薄いものの願いでも聞き遂げてくれる神々の中で、もっとも優しい女神であるとされ、王三奶々送子娘々痘神娘々眼光娘々という補佐神がおり、彼女たちの内で眼光娘々と送子娘々の2柱と碧霞元君を合わせて三霄娘々と呼ばれる事もあるという。

また、清の時代の伝説によれば碧霞元君は天下の狐仙をたった1柱だけで統括するとされており、その神通力は九天玄女と比肩する程のものとされているという。

関連項目

中国神話 女神

関連記事

親記事

中国神話 ちゅうごくしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「碧霞元君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2360

コメント