ピクシブ百科事典

簡雍

かんよう

簡雍とは、中国の後漢末期の政治家。字は憲和。

概要

幽州涿郡の人。後の蜀漢の初代皇帝・劉備と同郷で旧知の仲。
元の本姓は「」だったが、幽州では「」と発音されていたので、改姓した。
関羽張飛と同じ早い時期から劉備に随伴して共に各地を転々とした最古参。

劉備が荊州に入ると孫乾糜竺と共に従事中郎となり、話し相手になったり使者を務めたりした。益州平定後は昭徳将軍に任命され、糜竺の次で孫乾と並ぶ待遇を受けた。

その後の事績は不明で、いつ死去したかは分かっていない。

大らかで非常に落ち着いた性格であった一方、傲慢な性格でもあり、劉備の前であってもだらしない振る舞いを止めなかった。

関連タグ

三国志 蜀漢 劉備
孫乾 糜竺

関連記事

親記事

蜀漢 しょくかん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「簡雍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1109

コメント