ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

細胞の話

さいぼうのはなし

「細胞の話」とは、漫画「はたらく細胞」の元となった読み切り漫画である。
目次 [非表示]

概要編集

2014年に行われた第27回少年シリウス新人賞において、大賞を受賞した作品。作者は清水茜

漫画『はたらく細胞』の元ともいえる作品である。現在は公式ガイドブックに収録。

こちらで読むことができる


設定について編集

連載版と比べるとかなり内容が異なっており、


・性格、容姿、服装などの変化。(帽子が無い、口が悪いなど。全体的にトーンの使用も少ない)

・自身がとある体の中に存在する細胞ということを自覚している。

・『はたらく細胞』に未登場の細胞たちがいる。(ネフロン、抗体生産細胞など)

・また『はたらく細胞』には登場するが、こちらでは描かれない細胞もいる。(好酸球、好塩基球など)

・全体的にみな仕事意識が低く、仲も悪い。

・白血球に寿命が存在する。ただし、実際の細胞の働きとはやや異なり、一定の仕事をこなすと単球によって脾臓へと連れて行かれる仕組みになっている。なおスタンプカード式。

・神経として公衆電話やスマホがあり、連絡手段として使われている。


などの差異がある。


細胞たち編集

こちらは読み切り時のものになるため、連載版のものとは一部異なります。



赤血球(Ae3803)(メイン画像の向かって右側)編集

識別番号は現在と同じAe3803。ただし、連載版の赤血球の識別番号が「AE3803」であるのに対して、読み切り版の赤血球の識別番号は「Ae3803」である(「e」が小文字)。

ジャケットと短いズボンは変わっていないが、帽子をかぶっておらず、腕に十字マークと赤血球の文字がある腕章をつけている。また特徴的なアホ毛もなく、髪は後ろでひとつに縛っている。

配達先にガン細胞がいると知った際は公衆電話(神経)でチーフに仕事を代わってもらえないか交渉するなど仕事意識は低いが、ヘルパーT細胞達を縛り上げて台車に積み無理やり連れてくるなどアグレッシブな面も。こちらは方向音痴ではないと思われる。

なお彼女以外の赤血球は明確には登場しない。


白血球(Uc-16609-1116)(メイン画像の向かって左側)編集

全体的にやや幼い印象を受ける。また、連載版とは異なり好中球ではなくマクロファージとされている。帽子には「1116」と記してあるが、正式な番号はだいぶ長い。服は現在のものよりもだいぶシンプルになっていて、腕章は赤血球同様十字に白血球の文字が付いたもの。またレセプターもない。

武器は現在と同じくナイフを使用する。

物語冒頭で赤血球にペンを貸して欲しいと頼み、行き先が同じだった赤血球に同行する。

ガン細胞を倒した後寿命を迎え、単球に連れられて脾臓へと向かった。


白血球(1117)編集

物語終了後、赤血球にペンを貸してほしいと頼んだ白血球。1116の面影があるが、生まれ変わりかどうかは不明。赤血球からは行き先が同じだと言うことで、一緒に行くことを提案された。


血小板編集

幼女の姿は変わらずだが、マスコットキャラクターのような風貌となっている。なお自身のスマホを持っている。


キラーT細胞編集

長袖のジャケットを着ており、前を空けている(黒ではなく白で描かれているが実際の色は不明)帽子ではなくTシャツに「KILL」と書かれている。

記憶細胞、抗体生産細胞とは仲が悪く、ヘルパーT細胞からガン細胞を倒すように言われても「一緒に仕事をしたくない」という理由で突っぱねた。

また素手ではなくサバイバルナイフらしきものを武器にしている。


ヘルパーT細胞編集

現在とそれほど容姿は変わっていないが、デスク周りの描写や赤血球への投げやりな対応もあって、冴えない中間管理職のような感じのキャラ。3人の仲が悪いことを知っており、赤血球に相談された際も無理だろうと否定的な考えだった。


NK細胞編集

見た目の変化は特になく、キラーT細胞との不仲やガン細胞を見つけた際も真っ先に攻撃したりと、キャラ面でもほぼそのまま。

キラーT共々、同じ免疫細胞からもその過激ぶりを嫌悪されていた。


記憶細胞編集

容姿は現在とそれほど変わっていない。また本ではなく単語帳のようなものを持っている。

だいぶ口が悪く、キラーT細胞が苦戦してると知った際に「ザマァっていっといて」と辛らつなコメントを残したが、赤血球に諭され謝罪とガン細胞を倒すよう促した。


抗体生産細胞編集

役職や容姿から、現在のB細胞と思われる(公式ガイドブックでは別名B細胞と明記)。NK細胞のことを「ニート細胞」といって笑っていた。

記憶細胞同様、ニート細胞といったことを謝罪した。

連載版と異なり記憶細胞との報連相は出鱈目で、互いに全然信頼関係を構築できていない。


マスト細胞編集

記憶細胞のせいでアレルギーになったらしく、マスクをつけて常に咳をしているが、それ以外容姿に変化は見られない。感情的になりやすい上に仕事に対してはかなり雑で、「話を聞いてくれない」という理由で八つ当たり気味にヒスタミンを放出していた。


ネフロン(腎小体)編集

ややクセのついた黒髪の女性。連載版未登場のキャラクターで、腎臓の管理者と思われる。細胞たちをガン細胞の元へと送り届けた。


ガン細胞編集

本作のラスボス。容姿にそれほど変化はないが、Tシャツに「細胞」の文字が無い。こちらでも「バグり野郎」などと呼ばれている。

腕を自在に変化させ、核を貫かれても死なない。意識はあまり無いようで、「敵」「殺す」など簡単な言葉を喋る。

ガン細胞となる前の元の細胞は未登場。


単球編集

容姿自体に差異はないが、会話が可能。白血球が寿命を迎えたため、彼を脾臓へと連れて行く。


その他編集

赤血球から酸素を受け取った細胞がいる。ガン細胞が暴れていた為かヘルメットを被っている。一般細胞かどうかは不明。

関連記事

親記事

はたらく細胞の派生作品一覧 はたらくさいぼうのはせいさくひんいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1253357

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました