ピクシブ百科事典

結城スペシャル

ゆうきすぺしゃる

結城スペシャルとはゴジラVSスペースゴジラで登場した血液凝固剤入りの弾丸である。
目次[非表示]

概要

結城晃があの権藤一佐の妹でG研究所生物工学教授の権藤千夏に支給させた薬品で作り上げた特殊弾丸。
貴重な薬品を使用しているらしく、施設面の問題もあったため数発のみしか作成できていなかった。

劇中では小銃用の銃弾と砲弾の2種類が作られている。

ゴジラに対し選択毒性(特定種類の生物にとってのみ致命的な毒性を発揮する性質)を有する血液凝固剤が混入されており、ゴジラの脇の下に撃ち込むことで効果を発揮する。

結城スペシャルはわきの下に打つ


※注射ではありません


……のだが、バース島での狙撃は失敗(肝心の脇の下には命中しなかった)。
福岡戦で最後の1発を再び使用しようとするも、ゴジラがスペースゴジラとの交戦を再開したため撃ち損じ、こちらも失敗する。

最終的にゴジラ打倒を断念した結城が千夏に残った弾丸をケースごと返却し、結城スペシャルの出番は終わる。

「やっぱり、薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん!


余談

本編では強敵スペースゴジラMOGERAなどの登場もあり、正直に言えばこの薬品自体は効果を発揮できなかったこともあり地味な扱いだった。
しかし、22年後…結城晃を演じた柄本明氏が出演するあの映画にて、あのセリフとともに再び注目を集めることになった。

関連タグ

ゴジラ  ゴジラVSスペースゴジラ

ヤシオリ作戦:結城スペシャルと権藤一佐の夢の競演(ある意味)

pixivに投稿された作品 pixivで「結城スペシャル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1420

コメント