ピクシブ百科事典

老友才

ゆうさいさん

戸塚慶文の漫画「アンデッドアンラック」に登場する老女(ネタバレ)。
目次[非表示]

【機密事項】
※以下、漫画『アンデッドアンラック』の重大なネタバレを含みます。本誌派以外の者(コミックでこれからを楽しみにしている人達)は閲覧注意。


































概要

戸塚慶文の漫画アンデッドアンラックに登場する集団・UNDER(アンダー)のメンバーで、否定者(ひていしゃ:世界の理(ルール)から否定された超能力者)の老女
若い頃は月光流居合の師範を務めていた女剣士

老友才の(セリフ付きの)初登場は、君に伝われの原作者(そして真の漫画家)・■■■の回想で、彼女が若い頃に男主人公・アンディへ月光流居合を伝授している場面だった。しかし実はこれより前に画(一コマ)の小さい描写で、エジプトにてクリードと共に若い頃の友才と似た容姿の顔が隠れた人物が初登場しており、後に老齢ながらUNDER(アンダー)へ所属していた事が判明する経緯を辿った。

容姿

和装姿で高齢の女性だが、背筋などはとしており殆ど若かりし頃と変わらず、まだまだ健在である事が窺える。

が目立つ顔立ちだが、どこか柔和な雰囲気を感じさせる。
長髪をうなじ当たりで一つ結びにしており、室内でも藁傘を被っている。

白鞘を常に携えている他、扇子型の古代遺物(アーティファクト)を所持していると推測される。

人物

登場・会話場面が少ないため詳細不明

若い頃は月光流居合の師範を務めていたが、現在の状態は不明。だが彼女の佇まいは、まるで現代のを感じさせ、まだ達人の腕前は衰えていない気配を感じさせる。

アンダーへ協力している目的はまだ不明。また自分が知っている古代遺物(アーティファクト)について仲間と自然に情報共有したり、アンダーの通信兵・テラーからは「友才さん」と呼ばれたりする事から、人間関係は良好な模様。
その時の対話から温厚な女性だと窺える。

アンディとの関係

彼女が若かりし頃に、男主人公・アンディへ月光流居合を伝授した。また当時は、日本のどこかにある山奥へ居を構えていた。

アンディにとっては「元カノみたいなもん」と通信越しで、現在交際中(この時は遠距離恋愛中のような状態)の風子(ヒロイン)へ伝えた・・・そうしたかったが、電波が不安定の緊急通信だったため元カノ…」と話した不幸(さいあく)なタイミングで通話が途切れるという不穏な会話になってしまった。というか、周囲の乙女たちからはわざわざ「元カノ」という表現を使う感性(センス)に、女心が分かってない発言に「アンタは何て事を言ってんだと全否定され、反論だけでなく物理的にもボコボコにされたアンディ…。

またこの時に交わした内容から、アンディと出会った頃から既に友才否定者(ひていしゃ:世界の理(ルール)から否定された超能力者)だった可能性が高い。

能力

UN【調査中】 -不【調査中】-

アンディ曰く、UMAスプリングとの闘いに有効な実力を持っているらしい。

まだ戦闘描写が無い為に不確定だが、月光流居合の師範だった経歴から、所持している白鞘を用いた抜刀術を使う事が予想される。

関連項目

アンデッドアンラック アンデラ
世界(アンデラ) UNDER(否定者狩り) 否定者

女剣士 / 女侍 抜刀術 / 居合い
アンディ(アンデラ) 元カノ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「老友才」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77

コメント