ピクシブ百科事典

神を殺すのは俺だ

れゔぉりゅーしょん

戸塚慶文の漫画「アンデッドアンラック」31話にて、ある人物が発した台詞。本記事では同話の内容にも触れる。
目次[非表示]

【機密事項】
※以下、漫画『アンデッドアンラック31話(4巻以降収録)の内容を含みます。本誌未読の方は閲覧注意。




























































概要

2020年12月1日。11人の否定者を集め、組織(ユニオン)の本部•円卓の間にて100個目の罰(ペナルティ)が課せられた課題(クエスト)を黙示録に発表される。
四季のUMA、新たな不変の存在、UMA銀河を更に凌ぐ滅びの危機を示唆した罰の内容。そしてエンブレムも否定能力の有無も問わない全人類への課題参加資格
そうした情報を踏まえ組織(ユニオン)の円卓Ⅰ席・ジュイスが円卓内外の戦力結集を呼びかけようとした時、隣の男が話を遮る。

全人類参加になるほど過酷が予想される戦闘。円卓メンバーの犠牲を抑える必要があると。
そしてこう言った。
























でも撃ち込めばすむんじゃないかい?



男の発言に困惑する一同。冷やかな目で見るアンディニコ。明らかな不快感を示すシェン。相方の言葉の意味が分からないタチアナ。それはまさに非情な撃鉄を起こす一発(ひと言)だった。
タチアナは返す。


『それじゃあ罪のない人々まで犠牲に』

何万、何億という一般人が巻き添えを受けるのではと。発言した当人もそれは尤もだと共感し―



それだけじゃないか



男は続けて語る。ジュイスの甘さ、まるで世界が終わっても次善策があるかのようなやり口、そんな戦い方では何度挑んでも神は殺せないと。



「お前では お前達では••• 神は殺せない
         間髪入れず、彼は銃を乱射した。



円卓メンバーに襲いかかる9発の跳弾。各々が攻撃を凌ぐ中、フィルを庇った一心だけは、鎧の隙間をすり抜け、首に被弾してしまう。

不壊を殺れたか 上等だな

その言葉に激昂し、アンディの静止よりも早く明確な殺意で彼の首元を蹴りつけるトップ。悲鳴をあげるタチアナ。
だが信じられない事に、確かに折れていた首が再生して、彼は何事も無かったかのように、目にも止まらぬ身のこなしで円卓の上へ降り立つ。

「何故能無し共の生を憂う 奴らの命も使え 俺達はそうする」

「そうでなければ••• 不公平(アンフェア)だろう?

床下から組織が捕獲していたはずのUMA・バーンが乱入。
彼が直立不動でいる円卓をその巨躯で持ち去っていこうとする。







その風貌も一人称もかつての面影は無い。
UNION(ユニオン)Ⅲ席の否定者、いや•••



UNDER(アンダー)の内通者•ビリーは宣戦布告した。

円卓は アンダー(俺)がいただく

神を殺すのは 俺だ

アンデッドアンラック







解説•考察•余談

•まず本騒動前までのビリー登場回数自体はそう多くない。主人公達の旅に同行した円卓メンバーではないし最も喋った回でもタチアナの回想シーン数ページが天井である。
それでもこのエピソード公開直後アンデラが2度目のTwitterトレンド入りを果たし最高6位という数字を叩き出したのは、気さくなガンマン・ビリーの人物像(キャラ付け)が短い出番でいかに立てられていたかを証明していると言える。

•なぜこのような行動に至ったのか…。当然ネット上でも様々な想像・考察が乱発(羅列)されている。トップは裏切りと断定したが、能力者による洗脳•偽物との入れ替わりなども勿論可能性として存在する。
また、リップが語るアンダーのスタンスとして、神の撃破はほぼ諦めていると見られる節があった。
一方本騒動でビリーが宣言した内容は真逆であり、アンダーも一枚岩では無いのではという考察がされている。

•知る人ぞ知るが、否定者のキャラクター名は当人の能力名のもじりだと推察されている。
だがビリーはそれに加え、ビリー・ザ・キッド、そして嘘つき、裏切りを意味する「Be lie」トリプルミーニングだと予想される。
否定者でない一般人に対し嫌悪に近い感情を持っていること等がタチアナの回想で示唆されており、こうなる事も必然だったのかもしれない。(相手相手なので、悪趣味な闇競売への嫌悪かと思われていたが•••)

•核爆弾という単語はそのままの意味だけでなく、シェンへの挑発を兼ねている。
否定者でないムイも課題(クエスト)に参加できると喜んでいた彼にこの言葉を突きつけることで、不真実の発動条件を無効化し、その後の行動を妨害されないよう立ち回っていた。
同じように、ジュイス力(チカラ)といった妨害•拘束系の否定者への対策は既にしてあったと考えられる。

•円卓に乱射した弾丸は9発。よく見るとタチアナだけは攻撃されていない
装甲+UTエリアで守られた彼女に銃は無意味と判断したのか、それとも•••



関連タグ

アンデッドアンラック アンデラ 組織(ユニオン)
世界(アンデラ) UMA 否定者
UNDER(否定者狩り)  革命
UNDERのボス

私が天に立つ・・・この衝撃展開と似た状況・構図の出来事。内容は逆に近い意味合いで、殺すのではなく「私」が神と同等の存在になるといったもの。

何も見たくねえ…・・・今までのユーモラスな彼とはあまりにも違う姿、そして彼が引き起こした事態を見た読者達の一言。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神を殺すのは俺だ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2914

コメント