ピクシブ百科事典

否定者

ひていしゃ

戸塚慶文の漫画「アンデッドアンラック」に登場する能力者達の総称。
目次[非表示]

(そうだ… 否定者は苦しんでる 他の皆もそうだった)

(理不尽に襲いかかる否定の力に悩みもがきながらも…)

(神を殺す為に闘った!!)




概要

アンデッドアンラック世界の神に選ばれ、理(ルール)から外された存在。
曰く、『理(ルール)の器』である事を作中で度々言及されるが、詳細は不明。

彼/彼女らは共通して自己か他の理(ルール)を1つ否定する形で能力を発揮する。
その能力はどれも常識から外れているが、そこには一定の理屈(ルール)が存在する。

能力名は日本語だと〝不■■〟英語では〝UN■■(アン■■)〟で統一されており、
例として主人公アンディだと、
〝UNDEAD-不死-〟といった風の表記となる。
(英語としての正しさよりも統一性を重視している模様で、本来であれば接頭辞が「UN■■」ではなく「DIS■■」や「IN■■」となる単語も全て「UN■■」で表記される。)
また、未判明の場合は黒塗りで隠され、組織のメンバーの場合は【機密事項】それ以外の否定者は【調査中】【詳細不明】などと表記される。

否定者同士の戦闘ではいかに相手の否定するルールを暴き、能力の法則性を見つけるかという情報が重要となる。能力の相性が悪く単純なぶつかり合いで勝つ事が出来なくても、相手の否定能力の理屈(ルール)を熟知していれば弱点をつくことも不可能では無いからである。

作劇上の話になるが能力の判明時や一部の発動時には、否定者とその能力名を記した巨大なフォントが決めゴマとなって場面を彩る。(キルラキルを想像すると分かりやすいかもしれない。)
能力の判明はこの作品を盛り上げる欠かせない要素なのである。


否定者の生き方


否定者の力は生まれながらのものではなく、何処かで同じ能力を持つ否定者が死亡した際に後天的に発現することが示唆されている。つまり死ぬと別の人に移る。
その発現タイミングは非常に悪意に満ちており、否定者となった人間の生涯をもれなく狂わせ、自害したり悪事に手を染めるようになるケースも少なくない模様。(例えば風子の場合、能力の発現時両親と接触しており、それによって飛行機事故が引き起こされている。)

更に否定者は世界改変の影響を受けることが出来ない。理(ルール)の追加、削除が発生すると普通の人間はそれに合わせて知識•記憶を改変されるが否定者は対象外となる。
組織(ユニオン)のメンバーはある程度対応することができるが、一般人に紛れた否定者は自分だけが何も知らない状況に戸惑い、その結果目立って否定者だと判別されてしまう。

裏社会の人間からは否定者の存在はある程度周知されているものの、最早人間として扱われておらず捕縛されマフィア主催の闇競売の目玉物品として取り引きされる者さえいる。
そうでなくても組織(ユニオン)否定者狩りという2つの組織にマークされる為、発現したが最後普通の暮らしを望むことはできないと思われる。

否定者の進化

否定能力は肉体的な修行ではなく、能力を持つ人間の精神的な成長によって強化されていく。
基本的にはアンディジーナといった長い年月能力と付き合いのある者ほど否定能力が強大となる傾向を持つ。というのも、「否定者は自分を理解するほど強くなる」という理屈ではない仕組みが存在するらしく、能力者の感情や価値観が長い年月に応じて変化し能力を発展させているのだと考えられる。

そしてヴィクトルに至っては個人でもはや戦略兵器級の技を行使する。
これも長い年月で能力を成長させた結果であるが、記憶の中での修行を経てアンディ自身もヴィクトルの技に近づくようになる。
能力は否定者自身の解釈によって広がっていき、その為に必要なのは自分の価値観や理(ルール)に縛られない自由な発想、そして「それが出来ると心から信じる」肯定の力が重要となる。

一方本人の解釈の変化以外の手段によって力技で能力のデメリットを解決しようとすると悲惨な最期が待っているらしく、どこまでも世界を作った神の玩具にされている感じは否めない。


分類


自己対象と他対象•強制発動型と任意発動型の2つの分類が存在し、あわせて否定者は4種類に区分することができる。

自己対象強制発動型

自身に対して常に能力が付与されるタイプ。
主人公アンディは自己対象強制発動型に属する。
特別な発動条件がない限り自分自身に常時能力が付加されており、否定する理(ルール)次第では強烈なハンデとなってその人を苦しめる事もある。

自己対象任意発動型

2021年7月現在未登場の為、詳細不明。
描写的にトップの能力がこれにあたる可能性がある。(ただしトップの場合発動が任意だった場合でも能力の解除の方に条件がある)。

他対象強制発動型

発動条件を満たすことで、自分以外に能力を適用し対象の理(ルール)を否定するタイプ。
風子シェンはこれに該当し、それぞれ「地肌同士を接触させる」、「相手を視認する」という発動条件が存在する。
こちらも一つ間違えれば親しい人間に命の危険が及ぶものの、能力者の装備や習慣などである程度発動を抑えることが出来る。

他対象任意発動型

自分以外に能力を適応し対象の理(ルール)を否定するタイプ。
区分が判明している登場人物で現在該当するのはジーナのみ。
作中の描写が少なく不明な点も多いが、強制発動型と比べると条件が緩く制御しやすい様子。



番外編


UNDONUT-あんドーナツ-

???「まーたパクっとるーーー!!」
中央に穴が空いたお菓子を否定するとあんドーナツの否定者になるらしい。
そもそも人間じゃない気がするが。
リンク先ではその他「だって」の否定者も登場した。
Twitterのおまけ漫画にて両名とも組織に確保されているが、危険性が無いと判断されたのか(わざわざワープで)帰されている。



関連タグ

アンデッドアンラック アンデラ
超能力

世界(アンデラ) 組織(ユニオン) 否定者狩り

悪魔の実九つの巨人…能力保持者が死ぬ事で他人に移る能力つながり。ただし、前者は「能力付与のためのアイテム」に戻るのに対して、後者は否定者の能力同様(特定の人種限定とは言え)ランダムに発現する。

関連記事

親記事

世界(アンデラ) あんでらのせかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「否定者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5100

コメント