ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

安野雲

あんのうん

安野雲とは、漫画『アンデッドアンラック』の登場人物。作中の人気漫画「君に伝われ」を描いてきた漫画家。
目次 [非表示]

概要

戸塚慶文の漫画アンデッドアンラックに登場する漫画家。

作中世界の人気作「君に伝われ」(全101巻)の原作者。

物語冒頭から20年前、後に大人気作となる『君伝(きみつた)』の1話目を投稿し、少女漫画界最長刊行記録を達成した。


だが「安野雲(あんの うん)」という名前以外は、情報が不足している人物のようで…。


謎多き漫画家

後に明らかとなった人物像だが、名は体を表す通り全てが詳細不明。


安野の担当編集者曰く、年齢、性別、容姿、住所、本名の全てが不明

打ち合わせは電話と手紙のやり取りのみであり、その電話すら担当編集が一方的に連絡事項を伝えるだけの無言電話。

20年も大人気作の連載を続けながら、関係者は誰一人その姿を見た事の無い、謎の人物であった。


当然「君に伝われ」の愛読者・風子も、作者・安野雲については何も知らなかったが、ジュイスから、彼の作品についてのある事実を伝えられると、安野雲の正体を探るための調査に乗り出すのだった。


【機密事項】

⚠以下、漫画『アンデッドアンラック』の重大なネタバレを含みます⚠

⚠これから原作・アニメを楽しみにしてる人達は閲覧注意⚠











安野雲の代表作『君に伝われ』には、世界へ深く関わる秘密が隠されていた。


それは、現行の世界線(ループ)における「過去・現在・未来」が描かれている書物ということ。


作中の「宇宙サッカー部襲来編」はUMAギャラクシー追加による宇宙人襲来を、「ド腐れ高校乱闘編」はスポイル戦を予知しているなど、漫画の内容と現実の出来事がリンクしていた。


しかし作者・安野雲は、組織でさえその情報網をもってしても探れない【謎の人物】だった。

安野作品の愛読者・風子を筆頭に、編集部への潜入といった形で手掛かりを探り、『君に伝われ』の生原稿が言語統一の影響を受けていなかったことから【君に伝われ=古代遺物で記された予言書】という確証を得る。


第38話より、ついに安野雲本人がアンディ・風子と接触(コンタクト)する。


プロフィール

誕生日11月3日(📅)
年齢不明
身長170〜180(170くらい)
性別不明(でも実は…ネタバレ注意)
体重不明
趣味漫画描いたり読んだり
特技早描き
好物アンディと風子ちゃんのやりとり
能力不■ -UN■■■■■-
CV内山夕実

📅出典:2023年8月~9月 アンデラ記念月間【否定者たちの誕生日発表】&アイコン配布 - 公式Ⅹ(前代・Twitter)


人物

一人称は「オレ」。名前の「安野雲」はP.N(ペンネーム)であり、本名不明

単行本を101巻も制作するだけあって、好奇心が強く創作意欲旺盛。

初対面のはずのアンディや風子を前にしても怯むことなく、世界の事情UMAの存在どころか、主人公勢力が直面している事態対峙する相手の事など、始めから終わりの事を何でも知ってるかのような物言いをする。


良く言えばユーモラスな人柄に思えるが、背後からとはいえ手練れのアンディが顔のすぐ近くまで接近しても気付けない隠密さ、通話越しだが初対面である組織(ユニオン)の女ボス・ジュイスを手玉に取る狡猾さなど掴みどころがない所もある。


安野雲先生

また、初登場して間もなく後述の具現化能力で創った大鎌で自分の左腕を根元からぶった切る異常行動をしても平然としている。それで「腕を切断して漫画を描けなくなるのでは?」と心配されても、本人はケロッとして「片腕あれば大丈夫」と左肩から出血しながら愉快そうに語るなど、そもそも人間なのかも怪しい雰囲気を醸し出している。


容姿

安野雲

細身の背格好で運動着(ジャージ)にクロックスを履いた大雑把(ラフ)な恰好。左胸に漢字で「安野雲」の名札が刺繡されている。無造作に伸ばした長髪で、一部をアホ毛のように結んだ変わった髪型。金髪の碧眼で、どこかのロシア乙女と似た配色。


容姿は美形寄りで年齢不詳の若々しい人物。第39話の煽り文や作中で素肌をみせた時の様子から男性であるのが窺える。


能力

「オレが知らない 最高のエンドを見せてくれ‼」


UN■■■■■ -不■-


アンディや風子が彼の背後からの接近に声を発するまで気づかなかったことから、【相手の認識から外れる現象(ルール)】を起こす否定者だと考えられる。


所持品

Gライナー

センシティブな作品

安野雲が所持している古代遺物(アーティファクト)の一つ。Gペン(付けペンの一種で、漫画やイラストをアナログで描く際の代表的な道具)の形をしている。

何もない虚空に描いた絵を具現化する能力を持つ。作画の速さは文字通り一瞬で、本物と遜色ない再現度で対象を創造する。

具現化するモノは、首切断台や大鎌などの物体、戦闘機・組織の通信機でもある証(エンブレム)といった機械、更にはアンディの片腕(しかも彼の不死能力が付与されている)、UMAオータムの爪など非生物・生物を問わず具現化できる。

一度に創造できるのは一つまでであり、また創造物の外観・性質などは、使用者(描き手)の技量に左右されていると窺える。


魂の口径(ソウルキャリバー)

安野雲が所持している古代遺物(アーティファクト)の一つ。形状は片手で持てる大きさの水晶玉で、自身の左胸に埋め込んでいる。魂に干渉して物質に閉じ込める効果を持つ。


余談

Fuuko Izumo - Undead Unluck

名前だけなら第1話冒頭で登場している。風子が漫画「君に伝われ」を読んでいる場面で、その背表紙に作者名「安野雲」の表記がある。


関連イラスト

アンドロまとめ No.51〜60君に伝われ

センシティブな作品ここからはボクの知らない物語


Ⅹ(Twitter)の安野先生

公式Ⅹ(前代・Twitter)では本誌連載・関連情報の他、登場人物たちが低頭身(ミニキャラ)になったおまけ漫画『ラフイラスト』などの配信(ポスト、前代・ツイート)がある。


自分で左腕を切った後の姿-しかも出血したまま平然としている-で初登場。恒例の海苔ノルマについて「もしかしたら露出を防げてたかもしれない」と、正座する主人公達を前に突っ込みをしている構図だったが…

その翌週には、↑とは逆に自分が海苔ノルマを継続させてしまったと反省する正座姿で登場した。その後は、お詫びというか本作の宣伝告知をするサービス精神を発揮した。


参考

wikipedia

ニフティニュース


関連項目

アンデッドアンラック アンデラ 漫画家

正体不明 アンノウン 謎の男 / ミスターX


世界(アンデラ) UMA(アンデラ) 否定者 古代遺物(アンデラ)

組織(ユニオン) UNDER(否定者狩り)


謎の存在感 変人 トリックスター


君に伝われ

公平くん裏切り編 四季四天王編 安藤くんの過去編


■■■■■エンド・・・安野雲が見たいであろう最高のエンド


似た者達(安野雲)

渚カヲルGAINAX原作:新世紀エヴァンゲリオンより)・・・不思議系(ミステリアス)な雰囲気の美少年。初登場時から何かを知ってるような言動、つかみどころのない性格、実は超能力者などといった所が安野雲と似通う。一見は人間のようだが、その正体は案の定な存在だった。


臥煙伊豆湖(西尾作品:物語シリーズより)・・・自称「何でも知っている」と公言する妙齢のお姉さん。その情報網は常軌を逸したレベルで、ありとあらゆる事象・情報を認知している。一応は主人公たちの味方側であるような立ち位置だが、油断は禁物(実際、主人公の少年を刀でぶった切って即死させる予測不能の強行をした事がある)。


岸辺露伴(漫画:JO☆JO_ダイヤモンドは砕けないより)・・・某奇妙な冒険譚の世界で売れっ子の男性漫画家。(アシスタントを雇わず彼一人で)漫画原稿を下書きなしに制作でき、世界の理が崩れる不可思議状況の中でもインクが乾く前に絵が描けるほどの速筆。漫画にリアリティを求めており、新しい事や物珍しい事は自ら体当たりで実行する自己中心的な変人。だが律義である。超能力者でもあり、漫画ペンか能力発現した分身で「人の記憶や能力を本(辞書)にして読んだり、その本へ言葉(エピソード)を書き加え実現させる事が出来る」能力を持ち、安野雲と似た所が多い。

















































































アンデラまとめ4

「彼らがいるから...オレは生きてる‼」

「だから今度は――ボクが助けるんだ‼」


謎多き漫画家・安野雲。

その正体とは、否定能力によって運命を狂わされた一人の少年だった。

関連記事

親記事

アンデッドアンラックの登場キャラクター一覧 あんでっどあんらっくのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143546

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました