ピクシブ百科事典

安藤くんの過去編

にせんにじゅうねんじゅうにがついつか

戸塚慶文の漫画「アンデッドアンラック」に登場する人気漫画「君に伝われ」没エピソードのひとつ。
目次[非表示]

概要

戸塚慶文の漫画アンデッドアンラックに登場する人気漫画「君に伝われ」全101巻の没エピソードのひとつ。

作者の安野雲(あんの うん)は、編集者側も出会ったことも声すらも知らない詳細不明という人物。没エピソード「安藤くんの過去編」の内容も、なぜストーリーに組み込まなかったのかも詳細不明

漫画「君に伝われ」では、幾つかの特徴に「何か抜けてるような話」がある。それでも「面白い」「読みたい」創作がされている(らしい)。
その為、没エピソード「安藤くんの過去編」は、この「何か抜けてるような話」に該当するエピソードなのだろう。


だが、その詳細を知るのは詳細不明の作者・安野雲(あんの うん)のみという、不明確な状態にある…。

関連項目

アンデッドアンラック アンデラ
作中作 ボツ案

君に伝われ 安野雲

































漫画「君に伝われ」没エピソードとは


後に漫画「君に伝われ」とは、ある古代遺物(アーティファクト)で描かれた現行の世界で起きる過去と未来を記した預言書と判明。更に作品の構成では、3つの没エピソードがあるとも判明し、それらには組織(ユニオン)がこれから対峙する「未来の情報」が載っていると推察された。

その中で「安藤くんの過去編」は、名称から主人公・アンディの過去に纏わる事が記されていると推測される。


いったい作者・安野雲しか知らない物語とは…。
そして当人はどういった意図で漫画「君に伝われ」のストーリーから外したのか…。




没理由の真実

漫画「君に伝われ」の作者・安野雲より、自身が知る未来の情報はバッドエンドの結末しかないのだという。また作中の当事者たちは「漫画に自分たちの情報を記した理由」が明らかになったかは不明瞭だが、これはある理由で作者・安野雲が唯一、世界の事象へ介入できる手段が「漫画」だったため。不便な手段でも真面目に、世界の情報を不特定多数組織関係者に伝わればの考えで制作されていた作品だった(因みに、物語が面白いのは作者の実力による効果(もの)で、これに古代遺物(アーティファクト)などの超常現象は関与していない)。

だが同時に作者の脳裏には「これから成長する可能性を変えてしまうのではないか」などの不安もあった。それでも「不遇な未来を変えれるかもしれない助力(マンガ)」で、そんな希望(ピース)への願望と覚悟で約20年も独り不撓不屈(ふとうふくつ)で漫画制作をしてきたのだった。

その中で、特に世界バッドエンドを左右する事柄が、注目される「君に伝われ」没エピソードの3編だったと思われる。だからこそ慎重に情報操作するため、敢えて作品の構成から外す制作をする事で、重要な情報がある事実を読者に伝われてほしい意図があったと窺い知れる。

そうして案の定、漫画「君に伝われ」の作者・安野雲へ導かれるように2人の読者が辿り着く状況へ繋がった。


没理由の考察

漫画「君に伝われ」没エピソード「安藤くんの過去編」では、主人公・アンディの過去に纏わる事が記されていると推測される。

だが、それは建前で真の狙いは未来の世界で要になるアンディと風子(ヒロイン)成長(パワーアップ)が目的だったと思われる。作中で起きた流れをざっくり表現すれば「(実際に没エピソード「安藤くんの過去編」を制作したのかは不明瞭だが)情報を知りたいのなら自分(さっか)の指示に従ってほしい」だろうか。
「君に伝われ」の作者・安野雲が知った未来では、風子(ヒロイン)に起きた不幸を起点に世界はバッドエンドへ至ってしまったと考えていた。これを回避できるかもしれない事柄(ピース)は―

  1. 風子(ヒロイン)に起きる不幸を回避
  2. 未来の世界で起きる困難に立ち向かえるだけの戦力を揃える

必要不可欠だと判断したと思われる。ここでの戦力とは―

  1. 出雲風子の能力:彼女の否定能力「不運(アンラック)」は、相手への思いやりが効果の要となる。→UMA古代遺物(アーティファクト)を駆使して、特に思いの強い相手・アンディと長い時間を過ごさせることで互いの『思い出』を増やし、より風子の好感(アンラック)を強くさせる。
  2. アンディの能力:彼の否定能力「不死(アンデッド)」は、創意工夫で自身の不死体質を活かした戦闘能力へ昇華させていた。→UMA古代遺物(アーティファクト)を駆使して、風子(ヒロイン)の介入により史実よりも早くに不死を理解させ、能力(アンデッド)を研鑽する期間・練度の上昇を図る。
  3. アンディの別人格・ヴィクトルの協力:アンディに潜む別人格・ヴィクトルがなぜ敵対するのかを、特に関りが多くなるであろうアンディと風子(ヒロイン)へ知る機会(ラック)を作り、これを乗り越えてくれる事に賭ける。


安野雲(=■■■)が画策した中には、言葉通り不確定事項への賭けが垣間見える。もし失敗すれば、相応の不祥事が起きかねない作戦だが、成功すれば安野雲が望む「最高のエンド」に至る道筋へ繋がるかもしれない希望(ピース)なのだろう。


それでも不安要素が多い作戦に変わりなく、一人の漫画家は作戦名の意味も帯びる漫画タイトルへ相手(キミ)に伝われの願いを込めたのかもしれない…。

関連記事

親記事

君に伝われ きみにつたわれ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「安藤くんの過去編」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「安藤くんの過去編」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37965

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました