ピクシブ百科事典

UMA(アンデラ)

ゆーま

戸塚慶文の漫画「アンデッドアンラック」に登場するクリーチャーの総称。
目次[非表示]

概要

アンデッドアンラック世界の理(ルール)そのものであり、またそれを強いる存在。
自己の司る理を他者に押し付ける超常的な力を持つが、そこには一定の理屈(ルール)が存在する。
作中では、〝UMA■■〟と称される。

組織(ユニオン)が挑む黙示録(アポカリプス)の課題(クエスト)と深い関わりを持ち、「捕獲」と「討伐」のどちらかを指定される。
UMAにとっても課題の対象にされるか否かは分からず、スポイルは不本意な態度を示していた。
そして課題の結果次第でUMAは更に追加される

司る理(ルール)に合わせて、その姿は個体やフェーズで大きく異なる。
人を遥かに超える存在であることは確かだが、否定者同様特殊能力の行使には一定の条件がある。
その縛りはフェーズを上げることで緩和され、フェーズ2となったUMAは更に強大な能力を発揮する。

大きく分けて現象(フェノメノン)系と概念(コンセプト)系に分かれているらしく、概念系は神のお気に入りだからと現象系を見下しているらしい。

ジュニア

理を司る大型UMAによって生み出されたUMAを指す。親となったUMAが不明の場合、便宜上UMAと仮称することもある。
スポイル(UMA)によってゾンビにされた人間などもジュニアに分類される。マフィアの黒競売で売り出されているものも全てこれに該当し、鑑賞や賞味といった用途で流通している。上記の通り、ジュニアの中には人間が変化させられた個体も存在するわけで…

UMA一覧

名称備考
ムーブ移動ワープ能力を持ち、組織の移動手段として運用されているUMA。正確にはUMAとは明言されていないが、ダイス型の頭部やコマとマス目などの双六の意匠を持った体から、順位や進捗を司る存在と推測される。組織には何かしらの条件の上で協力しているらしい。
クローゼス組織に収容されていたUMA。不定形の身体を持ち、人に取り憑く(女性を優先する傾向がある)ことでその人物の望む服に化け魅了する能力を持つ。魅了されると身体の主導権を奪われて暴れまわるが、服に対して満足しないアンディに憑いてしまい、「丈夫ですぐに再生する衣服」として彼の露出問題を解決することになってしまった。「クロちゃん」という愛称をつけられ、アンディへの嫌がらせのために風子に協力する事もある。毛糸玉が好物。
スポイル フェーズ1腐敗黙示録の課題で捕獲対象となったUMA。アメリカ•ロンギングの教会の像に化けており、戦闘時にはアンディによって切り裂かれた天使像がそのまま顔面に貼りついた巨大な怪物の姿となった。領域内の人間にカウントを刻み、0になると腐敗状態を付与してゾンビにしてしまう。一度ゾンビ化されるとまず元には戻らないが、稀に自我を僅かに保つ者も存在する。また夢を語り「心を腐らせない」ことでカウントが大幅に長引く弱点を持つ。
スポイル フェーズ2腐敗スポイルがゾンビたちを食べることで移行した姿。ヘドロのような髪と翼を持った単眼の巨人となる。対象が胴体に近づくだけで腐敗させることができるようになり、腐敗のルールの範疇を超える分解ビームを指先から放つ。ヴィクトールに敗北し捕獲されて以降、ジュイスに脅され組織に協力する事になった。
バーン フェーズ2燃焼黙示録の課題で捕獲対象となったUMA。岩のような体表と燃え盛る炎が特徴的な巨人。凶暴そうな外見に反して口調はとても丁寧だが、喋る事が苦手な為唸り声でしか話せない。捕獲後は体の一部を剣などに加工された。後にアンダーによって解放され、円卓を強奪し彼らと共に去っていった。
イート食事黙示録の課題で捕獲対象となったUMA。課題発表時には複数の口が食べ物を食らうイメージが映し出されたが、詳細は不明。
ランゲージ言語黙示録の課題で討伐対象となったUMA。課題発表時には無地のかるたが散らばっているイメージが映し出されたが、詳細は不明。ニコによって討伐され、世界の言語が英語に統一された。
パスト過去黙示録の課題で捕獲対象となった。課題発表時には全ての時計が3時30分45秒を示すイメージが映し出されたが、詳細は不明。
コール黙示録の「不可視の否定者捕獲」の報酬で所在が判明するというUMA。課題に失敗した為登場せず、何を司るUMAかも不明。
ギャラクシー銀河99番目の罰(ペナルティ)として追加されたUMA。宇宙空間とその中に浮かぶ様々な星が、筋肉質な体を模した姿をしている。追加後すぐに宇宙へ飛びだし、銀河を生み出す事で今まさに地球を侵略しようとしている宇宙人の大軍団を発生させた。
スプリング フェーズ2黙示録の課題で討伐対象となった四季のUMAの一体。千両箱を背負い唐傘を持った鬼の姿をしている。東京中を桜で覆い、スカイツリーのてっぺんで花見をしていた。
サマー フェーズ1黙示録の課題で討伐対象となった四季のUMAの一体。人よりも小さく、くす玉のような球体から目玉のある枝が伸びている。虫の様な姿の分体を生み出し、火薬等を捕食することで成長する。
サマー フェーズ2サマーがある程度成長し、脱皮する事で移行した姿。白い龍の様な姿となり、腹の鱗が全てコアになっていて、同時に全てのコアを破壊しなければ再生し続ける為、討伐は非常に困難。
オータム フェーズ1黙示録の課題で捕獲対象となった四季のUMAの一体。カナダにてテリトリーを広げる。虫のような姿をしているが、触れた人間を本に変える力を持ち、読み終わった本人間を喰らう事で蜘蛛の様な姿のジュニアを生み出す。
オータム フェーズ2オータムが子グモのジュニアを取り込むことで移行した姿。外見と口調が女性的なものになり、人間以外の物質も本に変えることができるようになった。
ウィンター黙示録の課題で討伐対象となった四季のUMAの一体。雪山に生息し、氷の結晶の様な体の奥には何かが閉ざされている。
ゴースト幽霊何故かオータム捕獲の報酬として追加されるUMA。詳細不明。
インフォメーション情報数十年前の課題で捕獲されたUMAの一体。球形の身体を交差する二組の円環が取り囲んだ様な姿をしている。捕獲の報酬である「現存する古代遺物のどれかに過去未来に情報を一度だけ付与」により、安野が不明に目覚め長い孤独の中に閉じ込められる遠因となった。
レボリューション公転100番目の罰(ペナルティ)として黙示録が提示したUMA。追加されると地球が太陽の周りを回り始めるが、その軌道は…。



番外枠

  • リプリント


Twitterの作品公式アカウントの単行本重版出来の告知ツイートに名称のみ登場したUMA。討伐の報酬として本作の単行本1巻、2巻の重版が決定したことから、おそらく重版の理を司るUMAだと思われる。



余談

本作「アンデッドアンラック」に登場するUMAの存在は、異常存在を確保・収容・保護する架空の創作群【SCP】を題材にしたと思われる要素が多い。

SCP-8900-EX - 青い、青い空


特にSCP-8900-EXがかなり近い。ざっくり説明すると目から脳に届く光の波長(=色)に干渉して、不可逆的に色の認識を変えてしまうという現象系オブジェクト。該当記事も参照。


また、UMA(アンデラ)の理(ルール)を司る存在は、日本のUMA・妖怪【付喪神】と類似するものがある。

付喪神「瀬戸大将」

付喪神(別名:九十九神)とは、古い器物などに精霊霊魂)が宿って誕生する妖怪。(諸説あるが)“九十九”の文字には「長い時間(九十九年)や経験」「多種多様な万物(九十九種類)」などを象徴する意味合いが込められている。また名称に「神」が付いている事から、妖怪ではなくの類ではないかという説もある。

付喪神の姿は「男女老少の姿」(人間のかたち)「魑魅悪鬼の相」(鬼のかたち)「狐狼野干の形」(動物のかたち)など様々で、触媒となった道具がモチーフともなっていたりと混成している。

付喪神は妖怪漫画の題材にされやすく、器物の他に生物概念霊魂が宿って誕生する作品もある。
メジャーな作品で例えれば、スタジオジブリ千と千尋の神隠し』の(魔法の契約で化けた者もいるが)煤と埃の力持ち達神通力を持った川の化身どこかからやって来た『何か』といった者達だろうか。

因みに、万物に霊が宿るとする信仰・思想を「アニミズム」と呼び、世界各地に存在している。

関連タグ

アンデッドアンラック アンデラ
世界(アンデラ) 組織(ユニオン)

否定者・・・世界の理(ルール)を否定する超能力者
UMA・・・【未確認動物:Unidentified Mysterious Animal】の略称。
SCPオブジェクト

関連記事

親記事

世界(アンデラ) あんでらのせかい

子記事

兄弟記事

コメント