ピクシブ百科事典

世界(アンデラ)

あんでらのせかい

戸塚慶文の漫画「アンデッドアンラック」の世界観。一見すると現代社会のようだが…。
目次[非表示]

「えっと•••この月の周りのキラキラは?」
「えっあっ これはその、えっと宇宙って月と太陽以外何もないじゃないですか
「•••そうだね 何もない
「だからお月様が寂しそうなので•••友達です!」

《第5話【No.005 あなたはどっち?】より》


※以下、漫画『アンデッドアンラック』のネタバレも含みます。コミック2巻以降未読の方は閲覧注意。



概要 / 表社会

2020年代が舞台で現実世界とほぼ同一の地球であるアンデッドアンラックの世界。
日本ロシアなど現実とほぼ同じ地理に同じ国々があり、

UU

技術水準•教育機関

アンデッドアンラックまとめ⑬

食文化•各国の言語文化
なども同じと思われる。

裏社会

しかしその一方でUMAと呼ばれる怪物や否定者という能力者、古代遺物(アーティファクト)という超技術物体が潜んでおり、それらの異常な存在を調査•捕獲•処分する組織(ユニオン)が隠密で活動している。

アンデッドアンラックまとめ⑧


こうした任務は未確認現象と対峙するため大変危険であり、大規模災害へ発展する場合もある。
しかし目撃者・周辺住民の当現象に関する記憶情報組織(ユニオン)抹消されるため、人知れず活動する組織(ユニオン)やそれに関わる事柄が「表の世界」に出ることはなく、万が一何かの情報を一般人が得ても都市伝説の類に捉えられる。

オレ達から貴方への鎮魂曲です

また「裏の世界」ではマフィアのような組織が、決して「表の世界」に出てはいけない闇競売を開催することがある。闇競売では組織(ユニオン)が把握していない否定者•UMA•古代遺物が集められ、高額で取引される。

更に組織(ユニオン)とは関係を持たず、独自の道を進む不道徳謎の集団も存在する。























〝98回〟
" この地球が「理(ルール)」を足された回数 "

性別(セックス)
Undead Unluck Dump
言語(ランゲージ)
Undead Unluck · Akira's present
人種(レイス)
アンデラ
死(デス)
不死
病気(シック)
まとめ2

これらはほんの一部 3ヶ月に一度、挑まずとも罰は増える。

《第9話【No.009 我々は否定する】より》

理(ルール)

作中で度々出てくる「理(ルール)」とは、第9話にて「概念そのものの存在」である事が明かされた。
アンデッドアンラックの世界において―

  • 触れる•食べるといった動作
  • 燃焼や腐敗といった現象
果ては言語に至るまですべてが対応するUMAを通じて確たる存在を持っているらしい。


この原則(ルール)により、私たちの世界に存在する「常識」だからといって、アンデラ世界に同じ「理」が存在するとは限らない。
そう―


風子(ヒロイン)や彼女が通っていた学校や組織の少女・ジーナの誰もが「星」を知らなかったように…。


このため「」や「銀河」といった用語も、この世界(アンデラ)の住人には不可解・不知な言葉として認識される。

どのような理(ルール)があるかはUMA(アンデラ)も参照。


課題(クエスト)

組織(ユニオン)本部にある円卓の全ての席に否定者が座ると、本の姿をした古代遺物「アポカリプス」が喋り始め「課題(クエスト)」と呼ばれる無理難題を強いてくる。
課題(クエスト)は3ヶ月に一度発生する。その際に定められている参加条件を守りながら課題を達成すると、提示されていた「報酬」を得る事が出来る。
一方期限内に1つでも達成出来なかった課題があると「罰(ペナルティ)」が与えられる。

この罰(ペナルティ)は、円卓に否定者を集め課題を全てこなすことでしか回避出来ない。
その為この世界の在り方を否定し、対抗することが出来るのは組織(ユニオン)のみなのである。



関連項目

アンデッドアンラック アンデラ
否定者 UMA(アンデラ) 古代遺物(アンデラ) 組織(ユニオン)

世界観 SCP財団

チェンソーマン…同時期に週刊少年ジャンプで連載していた作品。この世界も現実世界と似て非なるルールを持ち、さらにそのルールはある存在によって度々変化する。登場人物達は一部を除いて世界が変化している事を認識していない。






















世界改変
世界に新たな理(ルール)が追加された時、または既存の理(ルール)を削除した時、世界改変が発生する。

第19話【No.019 Result(リザルト)】にて、後者はUMAランゲージ討伐が成功(サクセス)した報酬として、前者は全課題が未達成だった罰(ペナルティ)として、どちらも尋常ではない影響を世界に与えている。
また改変の際、否定者以外に大規模な記憶改竄が起こる。普通の人間は世界が書き換わったことに気付くことも出来ず、逆に否定者は書き換わった「普通」に取り残されるのである。



報酬
報酬には、前述にあったUMA否定者古代遺物(アーティファクト)の所在が開示され、新たな戦力や超技術の入手・UMA対策の立案をする機会(チャンス)が得られる。

この他の報酬が掲示される事もあり、第19話の課題結果(クエストリザルト)では―

  • 組織内の否定者が集う円卓に11番目の席が追加。次回の課題(クエスト)へ参加する戦力を増強することが出来た。
  • 全世界言語統一この世界にもともとは無かった「理(ルール)・言語(ランゲージ)」が廃止され、否定者以外の記憶と文明が改変し「英語」へ統一された。その際の描写では、日本の都会にある看板や服にプリントされた日本語が一瞬に英語へ改変される現象が起きた。その不可思議現象に人々は微塵も違和感を感じずに…。


罰(ペナルティ)
課題(クエスト)を全て達成出来なかった際に起こる理不尽な現象(イベント)。
内容は全て理(ルール)=UMAの追加であり、改変の際、必ず人類滅亡の危機を引き起こす。

更に第20話【No.020 この地球(ほし)に手を出すな】では、UMA「銀河(ギャラクシー)」の追加によって星空が生まれ、その星空から宇宙人が侵略してくるという危機が発生している。
また罰は全部で101回とされており、全ての罰を受けた場合、最後に『ラグナロク』という名の罰(ペナルティ)が待っていることが判明している。

はたしてアンデラ世界の行く末は•••。


UNDL4


〝ならば挑む〟

報酬を手に入れ力を上げる いつかこの地球に理(ルール)を強いる

本の向こうにいる創造主(神)を殺す為に


世界の理を、否定せよ!(YouTube)

関連記事

親記事

アンデッドアンラック あんでっどあんらっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「世界(アンデラ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 754

コメント