2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

《対未確認現象統制組織》否定者のみで構成された円卓のメンバー、円卓での席はⅧ。
組織の研究所(ラボ)で所長も務め、科学技術の専門家・データベースを担う。更に医療面も兼任していると推定できる。

容姿

組織の共通装備である(彼の発明品)赤いネクタイを髪バンドのように巻いて銀髪をまとめ上げた老爺。こめかみに左右2か所ずつのプラグ挿入口がある。目の下に濃い隈があり、度々入れ歯を気にする様子など不健康な印象を受ける。

スーツは手足共に捲り上げ、素肌に上着の前を全開にして着用する。証(エンブレム)は胸の中央と右手の甲に直接埋め込まれている様子。3つの黒い浮遊球体を常備し、このうちサイズの大きい一つに胡坐蹲踞で座り移動する。

仮眠時には閉じた目のイラストが描かれたアイマスクを使用する。

ログ



人物

独特なビジュアルから受ける印象に違わず、頭に直接プラグをぶっ挿して白目を剥くなどの奇怪な行動が見られる。一部メンバーから「イカレジジイ」と称されているが、彼の科学技術力は組織に大いに貢献している。現在判明している限りでは―

  • 組織の否定者・フィルが装備している古代遺物(アーティファクト)の点検。
  • 組織の共通装備である赤ネクタイ(全世界の公共交通機関の無制限利用や多国籍言語の翻訳・判読などの機能をもつ)を開発。これは宇宙人との会話も可能にする性能がある。
  • 円卓メンバーの特注スーツを開発。例:ダイナマイトによる高層ビルの崩壊に耐えるロボットスーツ高性能な球体型装甲スーツ
  • 組織が保管している膨大な情報(データベース)の検索(先述のプラグ直挿しはこのときのもの)。
  • 罰(ペナルティ)の世界改変による変更点(パッチ)の確認。
  • 負傷者の治療。
  • タチアナ以上アンディ未満程度に戦闘慣れしている。

組織の少女・ジーナと同じく、50年前に男主人公・アンディが組織に捕獲されていた頃から在籍している古参。その際アンディの拷問を担当し、得られたデータから彼の不死の特性や弱点を把握している。

理系らしく的確な現象の解析や現状の解説・指揮など(荒っぽい口調で)行う。これは頭脳面だけでなく戦闘面でも活き、固有武器の浮遊球体を駆使して縦横無尽な立ち回りをみせる。

部下

ニコが「ボケ共」と称する科学者チーム。通称「ニコラボメンバーズ」全員がニコに及ばぬものの優秀な頭脳の持ち主で、主格の6人は彼からも「そこそこ使える阿呆」とのお墨付きを得ている。ラボメンは否定者でないため、UMAによる「理(ルール)」追加時の変更点(パッチ)を確認する際に知識の習得源となる。その様子は躊躇なく頭部へプラグを挿しているため、ラボメンもまた負けず劣らずの変人たちである気配を覗かせている。メンバー自体は他にもいるらしいが、ニコに次ぐ能力の持ち主として名前が挙がっている6名の特徴は以下のとおりである。

※アンデラ20話に出てきた女子キャラ


一人称「あてぃし」の舌を出しっぱなしにしたバンダナの女。ニコの実の娘であり、ファザコン。ニコに次ぐ科学者で「ニコラボメンバーズ」のトップ。公式Twitterのおまけ漫画では自前の発明品をお披露目している。好きなタイプはパピィ(ニコ)より賢い人。
  • ボウ
メガネをかけ、オールバックの髪ともみあげが特徴の男。ミコに次ぐ科学者。彼女のことが若干気になっている。だが大して努力を見せないながらも、ミコが組織のラボで常にNo.2であることの嫉妬でムカつく感情が勝っている。
  • ザック
フルフェイスメットの人物。呼吸器系の難病を抱えていたがニコに助けられた。症状の快復後もニコ製のメットを着用し続けている。
  • バウ
右目にモノクルを付けた老人。ボウの父で、ニコとは同級生。
  • ラング
バンダナを巻いたドレッドヘアの男。大抵二日酔いの遅刻魔。仕事は早い。
  • ポッチョ
肥満気味のスキンヘッドの男。ラングの舎弟で飲み仲間の二日酔い常習犯。

固有武器

ニコが常備する黒い浮遊球体・**サイコポット**からレーザービームのような熱線を出す。2つの球体を熱線で結ぶことで相手を焼き切るビームカッターにすることも可能。この浮遊球体は武器に限らず様々な用途が存在する。現時点では―

  • 先述の通り移動に用いて、空中戦にも応対できる。
  • 球体からプラグを伸ばしてニコの頭に繋ぎ、組織の保管する情報を検索。
  • 応急手当時には球体からアームを出して医療装置にする。

また遠隔通信の機能も備えているらしく、上述の「ニコラボメンバーズ」と知識共有もこれを通じて行われる。

能力

UN■■■■■■■■■■ -不■-

今のところ詳細は不明。情報の検索において球体の為す役割が情報の蓄積ではなく演算処理の幇助だとすれば、頭脳に関わる能力と考えられる。

pixivでは

ニコだけならば他作品に登場するキャラも指す。
そのためpixivにイラストを投稿・タグ付けするならば、フルネームのニコ=フォーゲイルを使用したり、関連タグとしてアンデッドアンラックアンデラなど合わせて使うことが絞り込み検索を助ける。


関連タグ

アンデッドアンラック アンデラ
世界(アンデラ) 否定者 組織(ユニオン)
科学者 ミコ=フォーゲイル

















※以下、能力に関する重大なネタバレを含みます。閲覧注意。



















































『会いたいんだよ』

『またアイツに』
『かすかに残るこの気持ちを』
『忘れる前に』

UNFORGETTABLE -不忘-

自己対象 強制発動型
自身が忘れることを否定し、認識した物事を無差別に記憶し続けることができる能力。
その性質から1度見た技や構えをコピーして繰り出す事が出来る。 また鮮明な記憶を応用してか、否定者を能力そのままに再現する人形『アストラルドール』を作り出すこともできる。
ただし発現前の記憶は不忘の対象にならず不忘の記憶にかき消されていくため、彼が愛した女性に関する記憶はほぼ発現直後に見た死に顔のみとなっている
また、通常3基運用する固有武器のサイコポットは本気を出せば11基同時に操作可能であり、これらを総じてベリーズと呼ぶ。



過去

科学で神の理を攻略しようとしており、作中で実際にUMA雷の追加によって誕生したと思われる電流を科学で攻略したものの、すぐにUMAブラックホールが追加され怒り狂っていた。
その時不眠の否定者で未来の妻であるイチコ=ネムリと初遭遇した。この時ニコは否定者のことを知識遅れのサイキックもどきと揶揄している。

最初こそ険悪なムードだったが1ヶ月後には共同研究を行うほどの中になり、その共同研究中に知らないものを理解するのが科学とイチコに諭された。その時に倒れたイチコを支え素顔を把握、デリカシーのない発言をしてぶたれた。
その仲直りのバースデーパーティにて脳を誤認識させイチコのクマをアイシャドウのような形で発現するように変えたことがきっかけで恋仲となったと思われる。

その後アストラルドールズの研究に着手し生み出すことには成功したが単調な動きしかせずイチコの死も近いことで焦り魂を研究していた。




決着

イチコに諭されたことを曲解する形でUMA魂を受け入れたことにより死亡した否定者のアストラルドールズが強化されたが、イチコとの思い出が沢山あるであろう発明品が戦闘によって破壊されたことにより苦しんでいた。
その後完全にアンディを確保したはずだったが、アンディが魂で動いたことにより敗北。しかしイチコと共に作った発明に囲まれることで保っていた自我がアンディに発明を壊されたことによって消失し、そこをつかれてUMA魂に取り込まれるも、理を守らねぇならお前は科学の敵だと吐き捨て、アンディに風子を返しUMA魂と共に散っていった。

関連記事

親記事

組織(ユニオン) ゆにおん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ニコ=フォーゲイル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ニコ=フォーゲイル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22258

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました