ピクシブ百科事典

UNLUCK-不運-

あんらっく

戸塚慶文の漫画「アンデッドアンラック」に登場する超能力の一つ。 UNLUCK-不運-は、他の「運」を否定する。
目次[非表示]

概要

戸塚慶文の漫画アンデッドアンラックに登場する否定者(否定能力が移行した人間)、および否定能力(超能力)の一つ。

UNLUCK-不運-(アンラック)は、自己が触れた・触れられた相手の「」を否定する。

「不運」の理(ルール)


他対象 強制発動型

「運」の器(否定者:否定能力が移行した人間)に触れた・触れられた相手の「」を否定し「何か」の不運を与える能力。

到来する不運は『外部からのダメージ』という形で発生する。
不運の内容は『接触面積』『接触時間』『好感度』『接触の価値』によって強度が決定される。接触の価値とは【「運」の器がどれだけその接触に心を揺らしたか】であり、その好感触が大きいほど不運は強くなる。

「心」を揺らす度合いに関しては、対象への理解度が要となる。
相手の理解が浅い場合は軽傷のダメージ(天井の一部がその人の頭部に落下など)、理解が深い場合は重傷~死傷のダメージ(親族だけど苦手だった祖父(おじい)が捻挫する、好感を持った町人が爆発事故に巻き込まれるなど)が発生する。因みに、内部からのダメージ(心臓麻痺や病気など)やダメージ以外の不運(財布を無くすなど)は発生しない模様。

到来する不運は基本的に周囲の物を利用して発生する。だが強度に見合った不運の種が近くになければ、遠くの物を強引に引き寄せてでも不運が発生する。これを利用し、近くに大きな不運の種がある時に強度の高い接触を行えば、その不運を意図的に選択して発生させる事が可能となる。

不運で引き寄せられる実例

また強度の高い不運は対象の周囲を巻き込む。好感度と接触の価値次第では、一瞬の接触で町ひとつを消し飛ばすレベルの災害を起こせる(つまり条件を満たすと、一個人で大災害を発生させる『人災』を引き起こせてしまう…)。
そして不運は連鎖する場合がある。作中初めて発動した不運も、足場が崩れて落下→電車に激突、と言う二段階の連鎖であった。



発動条件


「運」の器が好感を抱いて直接的な接触があること

具体的には「運」の器の素肌や頭髪に触れた・触れられた相手に不運をもたらす。そして他対象のため自分には発動せず他人が対象であり、強制発動型のため不意に触れられてしまった場合でも能力が発動してしまう。よって他者が「運」の器による不運を望んでいたとしても(つまり、それが当人にとって不運ではなく幸運であっても)、能力は不都合なく発動する。

だが布越しに触れるなど、直接でない接触だと不運は発動しない。そして好感度が低い相手に対しては全くの無力。その場合だと「運」の器が自ら触れても不運は発動しない。


不運の世界

非常に強力な否定能力で、他者を傷付ける・殺害する事に関しては〝接触〟という安易な方法で、いともたやすく殺傷せしめる行為ができる力。だがUNLUCK-不運-は、一個人が背負うに大きすぎる力は、普通の一般社会では不便きわまり、かつ一人だけでは充分な理解も制御も不可能である力に翻弄される不幸な生活が訪れる…。
作中では主に「他者との壁」「親愛なる者と死別」「生きづらい世界」三つの不遇な人生があったと描写されている。

他者との壁

否定者など超常現象は知る由もない一般社会であり、だがそれらは人知れず横行している世界観。そんな日常の世界へ突然に発現するUNLUCK-不運-という不都合な力。しかも「運」という不確定な性質を持つ超能力。それは「運」の器と関係なく、どの世界でも起きうる理(ルール)であり、そんなまさかと思うのは当然な心理もある性質。だが直感で理解してしまう。きっと「自分が原因で〝不運〟起きている」と、とても他者の理解は得られないであろう心理的問題(ストレス)を抱える生活へ一変してしまう。
作中では、いたって普通の日常から突然に「運」の器となってしまった少女(8才)は、自身が超能力者になったと自覚はなく生活を続けていた。

だが不可解(おかしい)。
いつの間にか自分の周りにいる人、自分と関わった人が不運にも大小様々な怪我が訪れている。そして、特に子どもの親たちから確証のない、容赦ない言葉を受ける。そうして自覚していく。よく分からないが、きっと自分が原因で周囲の人たちへ不運が来ているのだと。それならば「私が極力関わりを持たなければ」と、そんな消極的な思考や心理に陥りやすくなっていた。
そして不運は更に畳み掛ける…。

親愛なる者と死別

「きっと私が原因で不運な事が起きている」と、自己理解を進めた先にある不幸な現実。それは「私のせいで亡くなった人がいる…。」という認知である。
作中で「運」の器となってしまった少女が、そんな考えの自己認識を深めた時に辿り着いてしまった真実。それは彼女が8才の頃、両親の海外出張を空港で見送った時のこと。一週間も留守にしてしまう話で、愛しさから家族は沢山の抱擁を交わした…

その数十分後…

光に照らされて呆然とあっけにとられるような表情の少女(8才)。幼子の目の前で豪炎に巻き込まれる飛行機。それは普通の人間は生き残れないと思えるような凄まじい光景だった…。

原因不明のエンジントラブル。機体は爆発炎上し両親含め二百七十人が死んだ。

これが自身の不運で引き起こされた事だと、今までの生活で起きた「不運」の理(ルール)と照らし合わせる事で理解してしまった不条理が極まる真実。

私が愛した人は、私と関わる(接触する)と不運が訪れて、きっと死んでしまう……!!

その不条理な現実を否定しようと、他者との接触から更に遠ざかる不便引きこもり生活を送ってしまうのも致し方無い真実があった…。

生きづらい世界


他者が私に関わる(接触する)と不運が訪れてしまう。

私が好感を抱いた人は、不運が訪れて、きっと死んでしまう……!!

そんな「不運体質」を自覚して一般社会を無事に過ごせるのか。

答え(Answer / アンサーは―
否(No / ノー


他者と不意にでも接触すれば不運が来てしまう。年齢を重ねていく毎に増えて複雑になる人との関わりは、どんなに気を付けていても必ず起こりえる〝他者との触れ合い(コミュニケーション)〟は避けられない運命がある。

「不運体質」を抱いたままで、思いのままに気のままに誰かと触れ合う事など出来るわけがない。

作中で「運」の器となってしまった少女は、まともに学校生活を続けることが出来ず中退。そして10代の殆どを引きこもりするインドアな生活が余儀なくされた。一般的な少女時代を送る乙女なら抱くであろう「女の子らしいオシャレや恋」が「不運体質」で叶わない事を考えれば、当時の心情や生活模様は容易に想像つくだろう…。

だが生きたい。
どんなに生きづらい生活だろうと。やがて唯一の肉親だった祖父(おじい)が亡くなろうと。不運の少女は生きることを諦めなかった。他者からみれば他愛のない事でも、彼女には強く〝死ねない〟と思える微かな希望があった。

第14話の扉画は、この時期の彼女が年相応に〝生き甲斐〟を楽しむ乙女な様子で描かれており、当時の数少ない幸福の一時があったと窺える。


「運」の器

途轍もない悪質(ジレンマ)を宿す「不運」の能力で、本作「アンデッドアンラック」の第一話冒頭は「不運」に選ばれてしまった少女が電車に向かって投身自殺する不景気(アンハッピー)な登場場面だった。だが〝ある不良(ヤンキー)のと出会った事で死と運が飛び交う運命へ進んでいく。


風子

アイコン@アンデラ×3


本作「アンデッドアンラック」に登場する主人公の一人。8才で「不運」となってから10年、不便で不遇な少女時代・青春時代を過ごした。
もう一人の主人公である男と出会うまで引きこもりな生活や自分を押し殺し、世界へ背を向けて否定するように生きてきた。そして彼を通して世界にある真実を目の当たりにしていき、男はこれまで彼女が悩んでいた事を否定するかのように非日常の世界へ風子を連れまわすのだった。
現在は紆余曲折を経て風子は彼と共に組織(ユニオン)へ所属し、世界の命運を左右する闘いに身を投じている。
その他、詳細は【出雲風子】を参照。

関連項目

アンデッドアンラック アンデラ
否定者 超能力

不運 不幸 不幸体質

ミスフォーチュン(misfortune)・・・英語で不幸を意味する単語

関連記事

親記事

否定者 ひていしゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「UNLUCK-不運-」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1778

コメント