ピクシブ百科事典

臼負い婆

うすおいばばあ

新潟県佐渡島の怪談集『佐渡怪談藻汐草』に記載される“あやかし”の一種。

概要

新潟県佐渡島の怪談集『佐渡怪談藻汐草』に記載される妖怪

あやかしの一種で、髪は乱れ、目は鋭く、口に牙の様な物が生えた色の白い老婆の姿をしており、両腕を背中に回して何かを背負っている(一説には臼)様にも見えるとされる。

新潟県佐渡郡小木町(現在の佐渡市)宿根木の「あかえの京」という場所の海の底から、2、3年または4、5年に一度現れて海を泳ぎまわり、暫く経つと海の底へと帰っていくが、ただそれだけで特に悪さをするという訳でもない。

なお、臼負い婆が出現する前兆として、周囲が薄暗くなるという現象が起こる模様。

また、昔から「あかえの京」ではよく見かけられていたという。

一説によればその正体は磯女濡女の仲間ではないかと言われている。

関連項目

あやかし 女妖怪 妖怪

関連記事

親記事

女妖怪 おんなようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「臼負い婆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10

コメント