ピクシブ百科事典

磯女

いそおんな

九州地方に伝わる海に出現したとされる女性の妖怪。
目次[非表示]

概要

磯女子、磯姫ともいわれる九州各地の伝承で伝えられる海岸に出没するとされる女性妖怪
また、ものによっては牛鬼と関係性を持っているとされる事もある。

その姿は上半身が美女だが、下半身幽霊のようにぼやけているとか、のようになっている、普通の粋な人間と変わらない等々、伝えられている地域で微妙に異なっており、背後から見るとただの岩にしか見えないとする所もあるらしい。また、髪は地面に触れるほどに長く垂れているとされる。

長崎県の南高来郡西郷(現在の南島原市)の伝承では、砂浜に現れて沖合をじっと見つめており、もしも気になって声を掛けようものなら鼓膜を突き刺すような鋭い叫び声をあげて襲いかかり、長い髪の毛を使って生血を吸い取ってしまうとか、お盆の時期や大晦日の夜の海岸の石の上に座って現れ、近くを通るものに声を掛けて呼び止め、近づいて来た者に掛かるともいわれている。それ故にこの途方では海岸を歩くときはどんなに美人がいても決して近付いてはならないと戒められていたという。

また、熊本県の天草市での伝承では船が港に泊まっている夜中に艫綱を伝って船へと忍び込み、船内で眠っている船員に髪の毛を被せて血を吸い取り殺してしまうとされ、それを防ぐために見知らぬ土地などに停泊する時は艫綱を取らずに錨だけを下ろしておくという風習があるとされる。また、島原半島でも同様の風習があるほか、漁師の家の苫の茅を三本、着物の上に乗せて寝ると襲われないとされているらしい。

北九州の漁村に伝わる話ではその正体はであるとされ、何処にでもよじ登る事が出来るのはそのためらしいとされるほか、磯女を避ける為には艫綱を使わなければよいとされている事から、磯女は網を伝う事が出来ても海をお欲ことは撃無いとされる事もあるが、福岡県東北に伝わる伝承では普通に水上を歩いているという話があるらしいので、一概にそうとは言い切れないようだ。

その他、熊本県の御所浦島では人間の姿に化身する事ができるとされ、白髪の老人の姿に化けて猟師に昼飯をねだったという話や、長崎県の北松浦郡小値賀町では蟹ではなく、水死者がその正体とされ、凪の日に戦闘の前に現れて海の中にある自身の魂を陸へと返してくれるように頼むという話もあるという。

妖怪 磯女


ゲゲゲの鬼太郎

CV/麻生美代子(1期)、山口奈々(3期)、上村典子(4期)、真山亜子(5期)

初出は原作『磯女』(1期鬼太郎第56話)。半人半蛇の凶悪な海の妖怪で、自身が縄張りとしている磯に踏み込んでしまった子供を攫おうとするなど、伝承に負けず劣らず凶暴な性格をしている。

常に赤ん坊を抱いているが、実は赤ん坊こそが本体で相手に抱き付いて一のように重くなって押し潰したり、強力な吸引力で抱いた人物を飲み込んでしまう戦法を得意としている。

鬼太郎もこの戦術に引っ掛かり飲み込まれてしまいそうになるが、最後は空気ポンプの術で敗北(原作では膨らむ赤ん坊を抑えようとした母親が抑えようとして赤ん坊共々晴れる、アニメでは妖力が尽きて本体と共に石と化した)。

アニメ3期では本来は心優しい性格の持ち主で、昔から人間と共存してきたが、欲深い人間がレジャーランド建設の為に住処の磯を埋め立てようとしたために怒り、住処に近付く人間を攫っていた。ちなみにこちらの設定では赤ん坊は本体ではなく、本当の彼女の子供という設定。

鬼太郎との対戦では原作同様の方法で敗北するが、その後事情を知った鬼太郎に破裂した子供を助けてもらい和解。彼らと共に住処を乱開発しようとしている人間たちをコテンパンに懲らしめた。その後は鬼太郎の仲間として度々登場している。

4期では空気ポンプの術で破裂させられるも生存(?)し続け、本体の赤ん坊の姿に再生して再び鬼太郎に襲いかかり、伸縮自在の腕を巧みに使って鬼太郎を苦戦させるが、猫娘の機転でねずみ男の屁を噛まされ悶絶している所も霊毛ちゃんちゃんこで包み込まれて今度こそ倒された。

5期では今までちゃんと(?)喋れていた彼女の子供である赤ん坊が過去作品と違っての精神的に人間の赤ちゃんと同様になっており、子供がぐずるとあやす為に自分の縄張りに迷い込んだ人間をおしゃぶりとする為に攫っているという、育児のためとはいえはた迷惑な行為を繰り返していた。

最終的に鬼太郎の空気ポンプの術で赤ん坊が抑えられてしまい、今後人間を縄張りに入れないという約束を鬼太郎と取り交わし和解。おしゃぶり用に捕えていた人間たちを介抱した。

なお、番組が打ち切りにならなければ長崎県代表の妖怪四十七士になるはずだったことが劇場版で仄めかされている。

関連項目

妖怪

似た性質の妖怪たち
濡れ女 海姫 海女海女房濡女子ダキ

pixivに投稿された作品 pixivで「磯女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1841

コメント