ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

かならずや犯人をつかまえるぞ


概要編集

H大学獣医学部公衆衛生学教授イギリス紳士風の初老の男性。


立派で真面目な大学教授の典型だが、ドラマ版では、後半に暑苦しい一面を見せることもあった。原作では特徴的な口髭を生やしているが、ドラマ版では髭はない。

無類の好きで、うっかり彼の前で馬の悪口を言った学生が、単位がもらえず留年し、挙句に就職にも失敗したという噂もある。


極めて厳格な性格で几帳面、なにごとも論理的に進めるため学生からの信頼も厚いが、細菌培養で失敗を繰り返す菱沼に難解な内容の注意書きを残してイタズラと勘違いされるなど、独特なユーモアセンスの持ち主でもある。


漆原とは学生時代以来の仲(「戦後のどさくさに紛れて入学した」と言う漆原と違い菅原は入るべくして入った)で、漆原とは似ても似つかぬ几帳面で繊細な人物だが、40年来の腐れ縁の親友。

優等生でインテリ型、かつその事に若干コンプレックスを抱いている菅原は、型にはまらない野生児のような漆原に弱く、そのため友情が長続きしたとの描写がある。

公衆衛生が専門であり微生物の扱いには長けているが、獣医師としての臨床経験は少ないため、手術や注射のような医療行為は苦手。その性格のため漆原には学生時代から振り回されていたが、話が進むにつれて、菱沼や小夜にも振り回されることが多くなった。研究熱心ではあるが、長年自身の講座が貧しい事が悩み。


既婚者で、ぽっちゃり気味の気が強いがいる。またシャーリーという名のポインター犬を飼っており、狂犬病予防ワクチン接種時には、毎年、会場までの長い散歩をするハメになっている。

大学へは車通勤だが、菅原の愛車は登場のたび(主に漆原と菱沼が原因で)必ずと言っていいほどボロボロになり、一度買い換える羽目になっている。


ハムテル二階堂のことを一度も名前で呼んだことがない。ドラマではハムテルをあだ名で呼ばず「西根君」としており、ハムテルの両親を除けば彼を唯一あだ名以外で呼ぶ人物である。


ドラマ版の演者は草刈正雄(友情出演)。ヒゲがなく痩せ形ではなく黒髪であるため漆原とは対照的に完全にイメージが異なる。

関連記事

親記事

動物のお医者さん どうぶつのおいしゃさん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました