ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1986年3月3日および1987年3月2日に放送されたKANOX製作の月曜ドラマランド版と、1988年2月22日から3月24日にかけて放送された東映製作東映少女ドラマシリーズ版(第5作目にあたる)の2つが存在する。
いずれもフジテレビ系列局(ただし月曜ドラマランド版は一部系列局除く)で放送された。
藤子・F・不二雄によるブラックユーモアコメディ作品「夢カメラ」を元にしたテレビドラマではあるが、内容はかなり異なっている。また、製作・放映当時はコンビを解消していなかったので、藤子不二雄名義であった。

月曜ドラマランド版

カメラをめぐるオムニバスドラマ3本立てであった。
第1弾ではイッセー尾形が演じる洞口先生が狂言回しとして登場しているが、第2弾は完全なるオムニバスドラマとなった。ただし、イッセー尾形自身は第1弾・第2弾両方に、それも6話全てに、何らかの役で出演している。

その他のサブタイトルと主な出演者は以下の通り。

第1弾

1986年3月3日OA

話数サブタイトル出演者
第1話不思議少女サヨコ中山美穂
第2話しあわせの黒い鳥荻野目洋子
第3話じゃんけんぽん小泉今日子岸田今日子

第2弾

1987年3月2日OA

話数サブタイトル出演者
第1話ブルートレイン・ブルース南野陽子
第2話さ・よ・な・らジゴロ富田靖子
第3話闇からの訪問者三田寛子

東映少女ドラマシリーズ版

1988年2月22日から3月24日に掛けて全5回放送された。出演は渡辺美奈代杉浦幸若林志穂蟹江敬三ほか。
少女コマンドーIZUMI」の視聴率低迷に依る打ち切りに加え、88年春の改編で木曜夜7時半枠の廃枠が決まっていた為、急遽穴埋めで製作・放送された。その為、東映少女ドラマシリーズの最短放送にして、唯一の高校の制服もブレザーの非アクションドラマとなり、結果として本作が最後の高校生主人公作品となった。
急遽製作された為、BGMは東映不思議コメディシリーズの歴代作品から流用されたものもあった。

放送終了後ビデオソフトが発売されたが、東映の製作でありながら東宝がビデオソフトの販売を手掛けるという捻れ現象が起きた。これは当時の藤子不二雄作品の映像ソフト発売権を東宝が所有していたためである。2020年3月の時点ではDVDブルーレイソフトは発売されていない。

あらすじ

写真館を経営する家に育った篠崎美奈代はある日、地震が起きたショックで開かずの間の階段が開き、そこには不思議なカメラが保管されていた事を知る。美奈代はそのカメラを使い、様々な出来事を解決していく。

放送リスト

話数サブタイトル放送日
第1話恋人カメラ1988年2月25日
第2話タイムカメラ1988年3月3日
第3話もしもカメラ1988年3月10日
第4話恐怖カメラ(ビデオ未収録)1988年3月17日
最終回さよなら夢カメラたち1988年3月24日


関連項目

少女コマンドーIZUMI・前作。視聴率低迷で打ち切りとなった。
花のあすか組!・次作ではあるが放送枠は変更。東映少女ドラマシリーズの最終作でもある。
夢カメラ(原作版)・本作の原作漫画だが、題名以外は別物である。

関連タグ

フジテレビ 東映 東映少女ドラマシリーズ 藤子・F・不二雄 夢カメラ(原作版)

関連記事

親記事

東映少女ドラマシリーズ とうえいしょうじょどらましりーず

兄弟記事

コメント