ピクシブ百科事典

概要

拳願会に並ぶ裏の格闘技組織に成長した、『煉獄』の主宰者。
職業は「日本一の資産家」で、暴力団であった父の遺産相続を18歳で放棄して裸一貫でなりあがるほどの豪傑。爬虫類のような不気味な眼を持つ。
欲しいものは海底の水族館から出来たてのハンバーガーまでなんでも手に入れる性格で、見る人が見れば"子供"だが、それを現実にできる力を持っているのもまた事実である。

ダンベル何キロ持てる?」に登場する戦国武将・豊田忠勝は先祖にあたるが、彼が仲間の裏切りで死んだことから、誰も信じないようにしていると豪語する。彼は愛人に島を与えているが、自らは定住地を持たないのもそのせいだという。
しかし奸計を巡らすタイプではなく、攻めるときは常に直球である。"いい人"ではないが極悪人という感じでもなく、和気あいあいと人に接する。

体躯は202cm/132kgの筋骨隆々で、加えて七星蛇形拳と崑崙派蛇形拳の違いを見破るなど、心技体ともに闘技者の一人と言われても違和感を感じないレベルで、事実下位クラスの闘技者となら勝ったり負けたりできるレベルとのこと。作中でも「自分には武道はこれが限界だ」としつつも、いっちょ前に巨大生肉に右ストレートをかまして大きな穴を開けていた。
禍谷重蔵(禍谷園)や鹿野玄(ガンダイ)、中田一郎(SH食品)のように、闘技者が経営者になることは珍しくないが、闘技者経験の無い経営者で闘技者クラスの力を持っている者は本作では珍しい。

5年後の宇宙開発実現前に地球を制覇することを目論見て、日本の裏格闘技組織(=ひいては日本社会)を掌握するため、拳願会との接収を賭けた交流戦を挑む。
乃木新拳願会会長のことはノリが悪いと今ひとつソリが合わない様子だが、山下一夫のことは気に入っており、「かずっち」と馴れ馴れしく呼ぶ。しかしおちょくっている訳ではなく、「人をよく見ている」と評価している。

関連項目

ケンガンオメガ

関連記事

親記事

ケンガンオメガ けんがんおめが

兄弟記事

コメント