ピクシブ百科事典

赤リンク

あかりんく

赤い色をしたリンク。
目次[非表示]
  1. ピクシブ百科事典ウィキペディアにおいて、未作成の記事項目へのハイパーリンクを示す赤い文字列の事。本稿で記述
  2. 赤い服を着たリンク(ゼルダの伝説)。赤い服は最強の防御力を持つものである事もあれば、攻撃力が増すものである事もある。


概要

閲覧者に対しては「クリックしても無駄」という事を伝え、執筆者に対しては「作成されるべき記事が作成されていない」という事を伝える役割を持っている。
作成済みの場合は青リンクとなる。

赤リンクの是非

赤リンクは以下のような理由で問題視され、解除される事が多々ある。

  • 目に優しくない。
  • 未完成の記事の象徴である。
  • 開いてみたら作成されてなかった(←赤と青の見分けが付かない環境がある??)。

しかしながら、もし機械的に赤リンクを解除してしまうと、以下のような弊害がある。
  • 記事がその後立ったか否かの判断が難しくなる。
  • 記事が立つ毎に再リンクする事が必要となり、無駄に手間と編集回数が嵩む。
  • (ピクシブ百科事典の場合)例え赤リンクであっても、ピク百の重要な役割である「pixiv上のタグとの接続」は可能であるため、解除されてしまうと、該当イラストを探したい人にとってその分不便となる。
  • 解除される事を防ぐための、不十分な状態での乱立を誘発する。

参考までに、ウィキペディアにおいては以下のようにされている。
  • 「記事としての特筆性を満たす項目への赤リンクならば、取り除いてはいけません」
  • 「説明の必要のある専門用語(中略)への赤リンクはぜひ作ってください」

ピクシブ百科事典でのこの「特筆性」に当たる基準としては、以下のようなものがある。
  • タグ登録が一定以上あるかどうか。
  • タグとして今後十分に使われ得るかどうか。

これに該当している赤リンクを解除してしまう行為は言わば、見た目の爽やかさのために、立てられるべき記事が残ってる事を隠蔽してしまうという、百科事典の発展に逆行した行為である。

ピクシブ百科事典における不具合

ピクシブ百科事典では不具合のため、スペースコロンの入った記事へのリンクは、例え立項済みでも赤リンクとなってしまう
コロンについては、記事名>記事名という形式を利用する事で、赤リンクを回避できる。
英語版のピクシブ百科事典では、スペース入り記事であってもpixivとの接続が可能であるが、この不具合は健在であるため、やはりあちらでもスペースは入れないのが妥当かもしれない。

関連タグ

タグ 一覧 関連タグ 赤文字  リンク

関連外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「赤リンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント