ピクシブ百科事典

超冥獣リビングソード

ちょうめいじゅうりびんぐぞーど

超冥獣リビングソードとは、『魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁』に登場する巨大怪人である。
目次[非表示]

グルーム「やれ、超冥獣リビングソード。地上の人間共を1人残らず抹殺するのだ!」
CV:無し

概要

冥獣人バーサーカー_グルーム・ド・ブライドンの支配下にある超冥獣。
リビングソードの名の通り、全身が刃となっている巨大な冥獣であり、当然ながら両腕の刃の切れ味は極めて鋭い。

活躍

小津兄弟が末っ子のが出場するサッカーの試合を応援する中、グルームに操られる形で地上界に出現。街中で破壊の限りを尽くし、駆け付けたマジキングのキングカリバーを自慢の刃で受け止めると同時にいとも容易く切断し、マジキングを敗北まで追い詰める。

その後、魁が所属するサッカー部のマネージャーである由佳を花嫁にしようと目論み、それを阻止せんとするマジレンジャーに敗北したグルームに再度召喚され、彼を捕食する事でソード・オブ・グルームへと変貌した。

余談

名前の由来はそのまま「生きた剣」と言う意味の英語『Livig sword』から。

デザインは先に決定したソード・オブ・グルームから変形を逆算して描かれた。

関連タグ

魔法戦隊マジレンジャー 地底冥府インフェルシア
インフェルシアの花嫁

ヒャクヤッパ4年後に登場する、同じく全身刃物の戦隊怪人

関連記事

親記事

冥獣 めいじゅう

兄弟記事

コメント