ピクシブ百科事典

マジキング

まじきんぐ

魔法戦隊マジレンジャーに登場する巨大戦力
目次[非表示]

概要

マジレンジャー5人が巨大化したマジマジンが更に合体した「魔神の王」。
頭がとんがり帽子を被ったような形で、合体直後に帽子の縁に手をやるような仕草が印象的。
チェス盤を模した空間に5人の意識のみが転送された状態で操縦を行う。
武器は魔法剣キングカリバーで、一撃で冥獣を吹き飛ばす威力を持つ。
背中の翼で空中を飛行するだけでなく、マントのように翻して身を守る事もできる。
マジレンジャー自身が合体するので、当然ながら現場に5人揃わないと合体できない。
後半で新たにマジレジェンドが登場してからも何度かこの形態は用いられている。

必殺技

キングカリバー魔法斬り
キングカリバーで魔方陣を描いた後、敵を切り裂く。その際に何故か背中の翼を展開することがある。

キングカリバー天空魔法斬り
天空聖者の力を借り、上空から急降下して敵を切り裂く強化版。

キングカリバー魔法家族斬り
マジマザーの氷のエレメントを使って敵を切り裂く強化版。

マジマジン

マジレンジャー5人が更に変身・巨大化した姿。従来の巨大ロボに合体する小型ロボとは違い、大きさがバラバラなのが特徴。
マジフェアリーが変身したマジレンジャーボールをタウロス、マーメイド、ガルーダの順にパスし最後にフェニックスが敵目がけて蹴り飛ばすマジンシュートという合体技を持つ。

マジフェニックス
マジレッドが魔法大変身した姿。フェニックスソードが武器。
マジキングの胸部コアユニットになるのみならず、バリキオンと合体してファイヤーカイザーユニゴルオンと合体してセイントカイザーになる。

マジガルーダ
マジイエローが魔法大変身した姿。両腕の翼で空を飛び、マジフェニックスに突っ込みを入れる。
マジキング及びマジドラゴンのの背面にそのまま合体する為、マジキングは戦隊ロボの中では珍しく翼とバックパックを装備した状態になっている。

マジマーメイド
マジブルーが魔法大変身した姿。名前通り下半身がヒレ状になる。武器は三叉のマーメイドランス
マジキングの爪先と脛及びマジドラゴンの尻尾を形成する。

マジフェアリー
マジピンクが魔法大変身した姿。妖精らしく、マジマジンの中では一番小さい。
マジキングの胸部及びマジドラゴンの頭を構成する。

マジタウロス
マジグリーンが魔法大変身した姿。マジマジンの中では一番大きく、武器はタウロスアックス
マジキング及びマジドラゴンの基本フレームになる。

マジドラゴン

マジドラゴン


ガルーダ、マーメイド、フェアリー、タウロスが合体した「伝説の竜」。マジフェニックスを乗せて空を飛び、口から火を吐く。
後に海賊戦隊ゴーカイジャーにてマジレンジャーの大いなる力としても登場したが、容姿は大幅に異なっている。

余談

21世紀以降、乗り物や動物、恐竜などが腕、足にほぼそのままでくっついているロボが多い中(5人戦隊は特にこのパターンが多く、胴体は赤が構成、左腕、右腕、左足、右足に他の4体が合体というのが主流)、珍しく左右対称のロボ。合体は複雑(昭和に比べたら簡単)な方ではあるが、その分抜群のプロモーションを誇る。後半に登場したマジレジェンドより人気が高い他、活躍も正直こちらの方が多かったり(マジレジェンド初登場回をみても分かる通り、スペックは全て劣る)。
実はDX版でも合体を再現させた上、抜群の可動力とスタイルそして一つ一つのデザインがヒロイテックで完成度が高いため子供だけでなく大きなお友達でも好評され、番組終了後15歳以上対象のコンプリートエディションのDXマジキングやスーパーロボット超合金にラインナップされるという1号ロボの快挙を成し遂げた。
ただし、2号ロボのマジレジェンドはマジキングができすぎたせいか完全に食われている

関連タグ

戦隊ロボ

pixivに投稿された作品 pixivで「マジキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12745

コメント