ピクシブ百科事典

迷宮壁-ラビリンス・ウォール-

めいきゅうへきらびりんすうぉーる

遊戯王OCGに登場する岩石族の通常モンスター。

カードテキスト

通常モンスター
星5/地属性/岩石族/攻 0/守3000
フィールドに壁を出現させ、出口のない迷宮をつくる。

概要

果たして本当にモンスターなのかフィールド魔法の類なんじゃないかと疑いたくなる名前の岩石族通常モンスター。実際、名前だけでなくイラストも迷宮の一部そのものでますます疑惑に拍車をかけるが、フレーバーテキストによれば一応迷宮を作り出す能力を持つモンスターであるらしい。

岩石族である点を除けば、ステータスは千年の盾と全く同じ。このカードが登場した頃は千年の盾は絶版状態でなかなか入手が困難だったため、このカードは代役としてはうってつけであった。ちなみにリリース1体でアドバンス召喚できる守備力3000以上のモンスターはこのカードが2体目である。
攻撃力が0の通常モンスターであるため、千年の盾と併用すればおもちゃ箱の効果で2体をデッキから特殊召喚が可能なので、ランク5のエクシーズ召喚やリンク素材にすることが出来る。

千年の盾には無い利点として、迷宮変化という専用装備魔法が存在し、それを装備させた状態でリリースすることでウォール・シャドウをデッキから特殊召喚することができる。
しかし、ウォール・シャドウはその手間のかかる召喚方法の割に迷宮壁ーラビリンス・ウォールーと守備力が変わらない上に攻撃力も1600とアタッカーとするには物足りない。加えて召喚条件以外の効果は無し。さらにレベル7で闇属性の戦士族なので変異前とサポートカードが共有しづらく、おまけにデッキからでないと特殊召喚不可なので手札や墓地では存在するだけほぼ無駄という遊戯王OCG史上稀に見るレベルの問題児。むしろ迷宮変化もろとも採用せず他にもっと優秀なカードをデッキに投入した方が良いと初登場した当時から言われており、正直なところ「利点」として挙げていいのかは微妙。
……まぁ「選択肢がある」ことは悪い事ではないはずである。実際に使うか、実用性はあるのかは別として。それにファンデッキを構築するならあった方が良いに決まってるしね。

原作では迷宮兄弟代名詞。本当に「迷宮」というフィールドを作り出す、効果モンスターとフィールドカードを混ぜ込んだかのような非常に特殊なカードだった。元々、迷宮変化やウォール・シャドウもこの迷宮内でこそ強力な効果を発揮するカードだったのだが、さすがに迷宮フィールドのルールはOCGに落とし込む事はできなかったようで、上記のような形でOCG化された。結果的にはだいぶ残念な形になってしまったが、致し方なかった部分もあるのだろう。
ちなみに原作のウォール・シャドウは、このカードとシャドウ・グール融合モンスター。今にして思うとこのような形の方がE・HEROプリズマーや融合徴兵などで墓地に送ったりサーチ出来ていたのでまだ活躍のチャンスはあったと思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「迷宮壁-ラビリンス・ウォール-」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5768

コメント