ピクシブ百科事典

地雷蜘蛛

じらいぐも

遊戯王OCGに登場する昆虫族の効果モンスター。

カードテキスト

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻2200/守 100
このカードの攻撃宣言時、コイントスで裏表を当てる。
当たりの場合はそのまま攻撃する。
ハズレの場合は自分のライフポイントを半分失い攻撃する。

概要

レベル4にしては破格の攻撃力を誇るが、代わりに強烈なデメリット効果を持つ昆虫族効果モンスター。元々は原作マンガの登場人物、迷宮兄弟が使用した発動後はモンスターカードとなる罠カードだったが、非常に特殊な仕様だったためOCG化される際にモンスターカードになり、効果も大きく変更された。OCG化の際に何かが違っていればアポピスの化神と同様の罠モンスターとなっていたかもしれない。

最大の目玉である攻撃力2200は当時としてはレベル4以下最高値(ゴブリン突撃部隊が登場するまでこの状況は続いた)。ダーク・エルフと並び、ヂェミナイ・エルフと正面から戦っても勝てる数少ない下級モンスターであった。しかし、このカードより攻撃力が低いダーク・エルフには、攻撃する際に自分のライフを1000ポイント支払わなければならないデメリットが付いていた。しかしこのカードは、そのダーク・エルフよりも高い攻撃力を持つ。当然ながら無条件にその攻撃力を振りかざせるわけではなかった。
このカードはいわゆる「ギャンブルカード」の1つであり、攻撃宣言時にコイントスを行う必要がある。成功すれば何事も無く普通に攻撃を行う事が可能だが、失敗した場合は壮絶なデメリットがプレイヤーに襲い掛かる。なんとライフポイントが半分になってしまうのだ。攻撃自体に失敗してしまうような事は無いが、下手をすれば魔法の筒などを使われるよりよほど手痛いダメージとなる。しかも厳密に言えば「ダメージではない」上に効果の発生が不確定なことが災いし、根本的に効果を無効化していない限り予防策を取ることが非常に難しい。
なお、原作では相手モンスターの装備カードを無効化する能力も持っていたが、こちらは削除されている。重いデメリットを抱えているとはいえ、レベル4にして攻撃力2200という事実がある以上はさらにプラス効果を持たせるわけにはいかなかったのかもしれない。

いくら攻撃力が高いとは言え、無暗に攻撃を繰り返していてはこちらがピンチになりかねない。基本は攻撃表示のまま相手を牽制する壁として立ち塞がり、必要ならばリスクを承知の上で攻撃を行う、くらいの使い方になるだろう。また、昆虫族にはこのカード以外にも電動刃虫ナチュル・スパイダーファングアーマード・フライなどのレベル4以下で攻撃力2000以上のデメリットアタッカーが多めに存在するため、スキルドレインを用いてそれらの持つリスクを取り払い(ついでに相手の能力を無効化して)攻め入るという戦術もある。

pixivに投稿された作品 pixivで「地雷蜘蛛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104

コメント