ピクシブ百科事典

邪神斎

じゃしんさい

ゲーム『天外魔境ZIRIA』の登場キャラクター ※TOP画像右の老人

概要


CV:加藤精三

ゲーム『天外魔境ZIRIA』の登場キャラクター。本作のラスボス。息子に幻王丸水王丸がいる。

ゲームでは、大門教十三人衆の一人でリーダー的存在。江戸に登場する。ジパングを支配するためにマサカド復活をたくらんだ張本人。変身後は「ルシフェラー」。

続編の『天外魔境II 卍MARU』にも名前だけ登場し、もともとはジパングの大和地方のイヒカの民で名前は「トキ」。トキがルシフェラーに憑依された存在とされ、トキがイヒカの里を飛び出した理由が語られている。

『天外魔境 風雲カブキ伝』にも名前だけ登場し、大門教の名の由来が「大門教はデーモン教」と語られている。

XBOX360版ではコウモリ夜太が大門教十三人衆の一人として追加設定されたため、大門教宗主として登場する。



『天外魔境 ZIRIA』のアニメ版であるOVA『天外魔境 自来也おぼろ変』では、カラクリ兵を動かすエネルギーとしてヒルコの力を狙い、ヒルコの封印を守護する雪姫を操ることでヒルコの封印を解いた。


小説版では、地霊マサカドを復活させてジパングを魔界に変えようと企み、その器とされた月姫を助けようとする自来也たちと戦いを繰り広げる。主に幻王丸、水王丸、蛇姫等部下を現地に向かわせて、邪神斎自身は本拠地から動かないなど(儀式の準備のためでもあるが)、いわゆる「人に任せて自分は何もしない支配者タイプ」。

機械(カラクリ)は自分の言うとおりに働いて文句を言わないからと、機械を愛している機械フェチな面を持つ。
毒にも精通していて、月姫が眠っている部屋にテレポートしてきた綱手に親切な顔をして毒入りのケーキを出して食べさせたりしていた(邪神斎を敵の親玉とは知らない綱手はただのおじいちゃんと思い、疑うこともなく出されたケーキを喜々として食べていた)。

自分以外の者は手駒と考えていたようだが、終盤に幻影として現れたガマ仙人に言われたことで、死んだ息子たちを思い後悔する場面も見せていたことから、父親としての情は多少なりとも持ち合わせていると思われる。

一応二人の息子がいるが、母親はそれぞれ違うようで、どの媒体にも登場しない。小説版では幻王丸の母の名は『スキュブス』ということが明かされている(自分に意見した幻王丸に対して『たかがスキュブスの孕んだ息子のくせに生意気な…』と呟いていた)。



関連タグ

天外魔境ZIRIA 幻王丸 水王丸

関連記事

親記事

大門教 だいもんきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「邪神斎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40

コメント