ピクシブ百科事典

野田市駅

のだしえき

千葉県野田市にある東武鉄道・東武野田線の駅。メイン画像の駅舎は2018年11月現在は現存しない。
目次[非表示]

概要

千葉県野田市にある東武鉄道東武野田線東武アーバンパークライン)の

駅前にキッコーマン工場がある。
かつては醤油工場への貨物線が分岐していたが、現在は自転車置き場に変わり果てている。
なお、野田市の中心部の市街地には愛宕駅のほうが近い。
市役所に関してはどっこいどっこいだが(そもそも鉄道駅からは遠い)。

現在は駅舎高架化工事が行われており、特徴的な駅舎は取り壊され、仮駅舎で営業していた。
2021年(令和3年)3月28日に高架化切り替えが行われ、2023年(令和5年)度に連続立体化交差事業完了予定となっている。
駅舎デザインは1階部分は旧駅舎の建物を継承(メイン画像)したデザインとなっている。
高架化が完成すると当駅は島式2面4線の高架駅となる予定。
但し、待避線が設けられるのに当駅周辺は複線化の目途が立っていない。
そもそも、昭和時代に当駅までの複線化を持ち掛けた東武側の案を野田市側及びキッコーマン側が蹴ったのが原因だが。

又、当駅は茨城急行バス野田営業所の拠点となっており、北越谷駅は勿論、利根川を渡り茨城県坂東市にある岩井車庫まで運行する路線もある。

ちなみに、千葉県出身の某首相とは何の関係もない(彼は船橋選出・出身)。

駅構造

島式1面2線の高架駅。
その後、島式2面4線の高架駅に向けた工事が開始される予定。
高架化前は2面3線の駅だった。
高架工事に伴い、1番のりばが停止された後に、高架化されて現在に至る。

のりば路線方向行き先備考
1東武野田線上り七光台春日部大宮方面
2東武野田線下り運河船橋方面

利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員は9,932人である。


利用状況比較表

年度乗降人員
2008年(平成20年)度10,231人
2009年(平成21年)度10,040人
2010年(平成22年)度9,964人
2011年(平成23年)度10,081人
2012年(平成24年)度10,420人
2013年(平成25年)度10,511人
2014年(平成26年)度10,361人
2015年(平成27年)度10,293人
2016年(平成28年)度10,211人
2017年(平成29年)度10,177人
2018年(平成30年)度10,099人
2019年(令和元年)度9,932人


隣の駅

種別前の駅当駅次の駅備考
  • 急行
  • 区間急行
  • 普通
愛宕駅野田市駅梅郷駅


動画など

野田市駅の高架化直前の様子


関連項目

千葉県内の駅一覧 愛宕駅
東武鉄道 東武野田線 東武アーバンパークライン
野田佳彦 坂東市 茨城急行バス

野田駅…「市」を付けないと関東ではなく関西の駅になってしまう。

関連記事

親記事

千葉県内の駅一覧 ちばけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「野田市駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186

コメント