ピクシブ百科事典

震度

しんど

震度とは地震の揺れの強さのこと

ある場所における地震の揺れの強さを表したもの。よくマグニチュードと混同されるが、マグニチュードは地震そのものの強さのことなので注意する必要がある。

震度階級

震度は国によって表記のしかたに違いがある。私たちが普段見聞きしている震度は気象庁が定めた「気象庁震度階級」であり、日本独自の震度階級である。いっぽう海外では「改正メルカリ震度階級」(MM震度階級)を用いている国が多い。

日本の震度階級

日本の震度階級は、1854年に地震・火山学者の関谷清景の『地震報告心得』によって定められ、当時は「微震」「弱震」「強震」「烈震」の4段階だった。1898年には微震の前に「微震(感ナシ)」、微震と弱震の間に「弱震(弱キ方)」、弱震と強震の間に「強震(弱キ方)」が新たに加えられた。1908年には震度0〜6の7段階が明文化された。1936年には微震(感ナシ)が「無感」、弱震(弱キ方)が「軽震」、強震(弱キ方)は「中震」に改称された。
1949年には地震観測法が改正され、前年に発生した福井地震の被害を受け、新たに震度7を設けて「無感」「微震」「軽震」「弱震」「中震」「強震」「烈震」「激震」の8段階になった。その後1996年には前年の阪神大震災を受け、さらに細分化し震度5と震度6をそれぞれ強弱に分けて10段階とし、「無感」〜「激震」の表現を廃止した。また、震度の観測はこれまで気象台の職員の体感と建物の被害状況から判断していたが、阪神大震災で震度6と震度7の判断が困難だったことから1996年4月からは震度計による観測に変更された。

コメント