ピクシブ百科事典

高い城のアムフォ

たかいしろのあむふぉ

高い城のアムフォ(non bekit wor amufo)は、バーチャルYouTuberの1人である。
目次[非表示]

「ya ama yomi beno nya ine nus kam mi」(はい 皆さま はじめまして)
「imi hyu amu-fo」(私の名前は アムフォ)

性別女性
職業呪術師
特技音楽、異世界語の読解
好きな食べ物クーリャツ

概要

2018年1月より活動しているバーチャルYouTuber
3DモデルでもLive2Dでもなく人形劇というアナログ形式を取り、異世界から動画を投稿する、異色の「人形劇系異世界YouTuber」である。
出身はミズダ王国。現在はその北の端に位置するエドルの街に滞在。

異世界人のため、彼女が操る言語は勿論地球のものではない。
あちらで言葉を意味する単語"kamtu"から取って、「カムツ言葉」と呼ばれる言語である。
動画には巡宙艦ボンタ氏による日本語翻訳字幕が添えられている。
熱心なファンの中にはカムツ言葉を研究し、コメント等で彼女に話しかける猛者もいる。

「アムフォ」という名前はamu(想う)+fo(風)という意味を持つ。
フルネームに関しては、「もう貴族でないので姓はないです」と発言しているが……

職業は呪術師
詳細はあまり明かされていないが、呪術とは地球の技術を指す模様。
何らかの理由で地球の機械や本があちらの世界に流れて来ているのだという。

仕草やゆったりした口調からのんびりとして大人しい印象を受けるが、時々ぽんこつ感が漂う。
好物を前にすると興奮のあまり語彙がなくなる一面も。

活動内容

動画

ゲーム実況、演奏してみた、踊ってみたなどといった、YouTuberらしい動画を投稿している。
が、彼女は異世界人。
実況するゲームは地球にはないボードゲーム、演奏する楽器は未知の楽器、踊るのはミズダ伝承の踊り……と、唯一無二の内容となっている。
他、呪術を紹介したり、あちらの硬貨や本を紹介してくれるなど、動画を通して異世界の様子を少しずつ窺い知ることができる。
時折仄めかされるアムフォ自身の過去、彼女以外の登場人物、意味深な映像など、連作映像作品としても楽しめる。

2018年7月現在、1期(#1~13)に引き続き、2期が始まっている。
ナンバリング外動画や小ネタ動画「小さい枠のアムフォ」、OST動画なども存在。

ごく稀に生放送も行っている。

雑誌連載

月刊コンプティークにて、2018年8月号より補遺篇「ミズダ考究録」を連載。
アムフォ自身による手記と、彼女を描いた1P漫画で構成されている。
題字・挿画・翻訳を巡宙艦ボンタ氏、漫画パートはたいぼく氏と今井哲也氏が交代で担当。

アムフォ以外の登場人物

  • ダピト

1期#4より登場。濃い髭を生やした男性。
アムフォとの詳しい関係は不明だが、以前から懇意にしていることが伺える。
FPS冒頭再現の主人公役など、時折動画を手伝っている様子。

  • ラホ
1期#12で名前のみ登場、次話の#13で姿が明らかになった女性。
赤いフードを被り、片目を隠した髪型をしている。

関連リンク

人形劇系異世界Youtuber 高い城のアムフォ - YouTubeチャンネル
non bekit wor amufo(高い城のアムフォ) @iminyaminokikam- 公式Twitter
巡宙艦ボンタ @bonta634 - 訳者Twitter

pixivに投稿された作品 pixivで「高い城のアムフォ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2661

コメント